" /> 全日本総合バドミントン2018の日程と放送は?速報・結果や組み合わせさらにチケットも!

全日本総合バドミントン2018の日程と放送は?速報・結果や組み合わせさらにチケットも!

ワールドツアーで世界を席巻してきた選手による、国内最高のタイトルを目指した戦いが始まります!

11月26日(月)から東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で全日本総合バドミントン選手権2018が行われます。

日本一のタイトルを目指す戦いには、ワールドツアーで世界を相手に結果を残してきた世界のトップ選手も参戦し、ハイレベルな試合が繰り広げられます。

男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗選手、女子ダブルスで同じく1位の福島由紀・廣田彩花ペア、世界ランキング2位の高橋礼華・松友美佐紀ペアなど、世界のトップを争う選手がほとんどエントリーしているので、これは会場で観戦したいですね!

もちろん、私も現地に足を運びます!

今回はそんな大注目の全日本総合バドミントン2018について、

  • 日程
  • 放送予定
  • 試合速報・結果
  • 組み合わせ
  • チケット

などの情報をまとめていきます。

※12/2追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/1追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/30追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/29追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/28追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/27追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/27追記(予選と本戦の組み合わせ発表に伴い、トーナメント表を本文中に記載)

【関連記事】

バドミントンワールドツアーファイナルズ2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手も!

バドミントンワールドツアーファイナルズ2018の動画中継の格安視聴方法!見逃し配信は?

スポンサーリンク

全日本総合バドミントン2018の日程と放送は?速報・結果や組み合わせさらにチケットも!

バドミントンの日本代表のここ最近の活躍はすさまじく、今年はトマス杯、ユーバー杯といった国別対抗戦に加え、8月の世界バドミントン、アジア大会とほとんどの大会の各競技で日本の選手がトップを争ってきました。

これまでは中国やインドネシアなど世界トップの牙城を崩せなかった日本が確実に世界の頂点に上り詰めようとしている、バドミントンはまさにその過程にあります。

今年のワールドツアーでは各大会・各種目で日本人選手が優勝争いを繰り広げ、バドミントンファンにとっては、熱い一年になりましたね!

これだけコンスタントに各大会で日本人の優勝者が出るなんて、本当に数年前からすれば夢のようです。

そんなワールドツアーもツアーファイナルズを残すのみとなり、まずは国内最高のタイトルに向けて、各選手がしのぎを削ることになります!

では、全日本総合バドミントン2018のまずは日程からみていきましょう!

(大会が始まったら、速報・結果と順番を入れ替えます)

全日本総合バドミントン2018の試合速報・結果は?

大会が始まったら、試合速報・結果をここにまとめます。随時更新していきます!

※12/2追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子ダブルス>

決勝

園田・嘉村 1-0 遠藤・渡辺

21-16 12-10

<女子シングルス>

決勝

山口 茜(○) 2-1 奥原 希望(●)

21-16 17-21 21-11

山口茜選手が優勝!

<男子シングルス>

決勝

桃田 賢斗(○) 2-1 西本 拳太(●)

21-9 18-21 21-11

桃田賢斗選手が優勝!

<女子ダブルス>

決勝

髙橋・松友(●) 0-2 福島・廣田(○)

15-21 13-21

福島由紀・廣田彩花ペアが優勝!

<混合ダブルス>

決勝

渡辺・東野(○) 2-0 保木・永原(●)

21-17 21-18

渡辺勇大・東野有紗ペアが優勝!

※12/1追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

準決勝

桃田 賢斗(○) 棄権   常山 幹太(●)

上田 拓馬(○)   1-2   西本 拳太(●)

21-19 14-21 6-21

<男子ダブルス>

準決勝

園田・嘉村(○) 2-1 保木・小林 (●)

21-13 19-21 22-20

遠藤・渡辺(○) 2-0 岡村・小野寺(●)

21-5 21-11

<女子シングルス>

準決勝

山口 茜 (○) 2-0 高橋 沙也加(●)

21-8 21-16

漆﨑 真子(●)   0-2   奥原 希望(○)

11-21 14-21  

<女子ダブルス>

準決勝

髙橋・松友(○) 2-0   櫻本・髙畑(●)

21-17 21-11

永原・松本(●) 1-2   福島・廣田(○)

18-21 21-17 13-21

<混合ダブルス>

準決勝

渡辺・東野(○) 2-0   小林・志田(●)

21-11 21-10

権藤・栗原(●) 0-2   保木・永原(○)

17-21 16-21

※11/30追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

準々決勝

桃田 賢斗 (○) 2-0  小野寺 裕介 (●)
渡邊 航貴 (●) 0-2  常山 幹太  (○)
坂井 一将 (●) 1-2  上田 拓馬    (○)
下農 走    (●) 0-2  西本 拳太    (○)

<男子ダブルス>

準々決勝

園田・嘉村   (○) 2-1  橋本・佐伯 (●)
古賀・齋藤   (●) 1-2  保木・小林 (○)
遠藤・渡辺   (○) 2-1  竹内・松居 (●)
岡村・小野寺(○) 2-1  井上・金子 (●)

<女子シングルス>

準々決勝

山口 茜    (○) 2-0  川上 紗恵奈 (●)
高橋 沙也加(○) 2-1  大堀 彩       (●)
漆﨑 真子   (○) 2-1  三谷 美菜津 (●)
峰 歩美      (●) 0-2  奥原 希望    (○)

<女子ダブルス>

準々決勝

髙橋・松友 (○) 2-1  栗原・篠谷 (●) 
櫻本・髙畑 (○) 2-0  米元・田中 (●) 
永原・松本 (○) 2-0  福万・與猶 (●) 
志田・松山 (●) 1-2  福島・廣田 (○)

<混合ダブルス>

準々決勝

渡辺・東野(○) 2-0  西川・尾﨑 (●)
金子・中西(●) 0-2  小林・志田 (○)
権藤・栗原(○) 2-0  浦井・宮浦 (●)
三橋・篠谷(●) 1-2  保木・永原 (○)

※11/29追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

決勝トーナメント2回戦

桃田 賢斗 (○) 2-0 緑川 大輝  (●)
古賀 穂    (●) 0-2 小野寺 裕介 (○)
武下 利一 (●) 1-2 渡邊 航貴  (○)
田中 湧士 (●) 0-2 常山 幹太  (○)
坂井 一将 (○) 2-0 古財 和輝  (●)
内藤 浩司 (●) 1-2 上田 拓馬  (○)
五十嵐 優 (●) 1-2 下農 走   (○)
大林 拓真 (●) 0-2 西本 拳太  (○)

<男子ダブルス>

決勝トーナメント2回戦

園田・嘉村  (○) 2-0 牧野・大嶋 (●)
金子・久保田 (●) 0-2 橋本・佐伯 (○)
古賀・齋藤  (○) 2-0 権藤・下農 (●)
松本・小林  (●) 0-2 保木・小林 (○)
遠藤・渡辺  (○) 2-0 玉手・山下 (●)
市川・馬屋原 (●) 0-2 竹内・松居 (○)
岡村・小野寺 (○) 2-1 浦井・三浦 (●)
塚本・高野  (○) 2-0 井上・金子 (●)

<女子シングルス>

決勝トーナメント2回戦

山口 茜       (○) 2-0 髙橋 明日香 (●)
佐川 智香  (●) 0-2 川上 紗恵奈 (○)
高橋 沙也加 (○) 2-0 仲井 由希乃 (●)
中西 貴映  (●) 0-2 大堀 彩   (○)
佐藤 冴香  (●) 1-2 漆﨑 真子  (○)
齋藤 栞   (●) 0-2 三谷 美菜津 (○)
峰 歩美   (○) 2-0 鈴木 温子  (●)
水井 ひらり (●) 0-2 奥原 希望  (○)

<女子ダブルス>

決勝トーナメント2回戦

髙橋・松友 (○) 2-0 藤井・垣岩 (●)
栗原・篠谷 (○) 2-1 新玉・渡邉 (●)
櫻本・髙畑 (○) 2-0 毛利・野田 (●)
星・岩永    (●) 0-2 米元・田中 (○)
永原・松本 (○) 2-0 上杉・鈴木 (●)
東野・中西 (●) 1-2 福万・與猶 (○)
志田・松山 (○) 2-0 荒木・今井 (●)
齋藤・吉田 (●) 0-2 福島・廣田 (○)

<混合ダブルス>

決勝トーナメント2回戦

渡辺・東野 (○) 2-0 井上・岩永   (●)
高階・江藤 (●) 0-2 西川・尾﨑   (○) 
金子・中西 (○) 2-0 久保田・松山(●)
小林・志田 (○) 2-1 高野・柏原   (●)
権藤・栗原 (○) 2-0 仁平・上杉   (●)
浦井・宮浦 (○) 2-0 岡村・星      (●)
三橋・篠谷 (○) 2-0 藤野・福万   (●)
保木・永原 (○) 2-0 緑川・齋藤   (●)

※11/28追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

決勝トーナメント1回戦

桃田 賢斗   (○) 2-0 山口 容正 (●)
馬場 湧生   (●) 1-2 緑川 大輝 (○)
古賀 穂  (○) 2-0 西野 勝志 (●)
小野寺 裕介(○) 2-0 竹内 宏気 (●)
武下 利一 (○) 2-0 原口 拓巳 (●)
小本 大佑 (●) 0-2 渡邊 航貴 (○)
山澤 直貴 (●) 0-2 田中 湧士 (○)
常山 幹太 (○) 2-1 藤原 圭祐 (●)
坂井 一将 (○) 2-0 渡部 大  (●)
黒田 匠馬 (●) 0-2 古財 和輝 (○)
奈良岡 功大(●) 0-2 内藤 浩司 (○)
佐伯 祐行 (●) 1-2 上田 拓馬 (○)
五十嵐 優 (○) 2-0 秦野 陸  (●)
常山 明良 (●) 0-2 下農 走  (○)
大林 拓真 (○) 2-1 川本 拓真 (●)
小本 翔太 (●) 0-2 西本 拳太 (○)

<男子ダブルス>

決勝トーナメント1回戦

園田・嘉村 (○) 2-0 三好・本田 (●)
中山・緑川 (●) 1-2 牧野・大嶋 (○)
金子・久保田(○) 2-0 森田・間瀬 (●)
黒田・大橋 (●) 0-2 橋本・佐伯 (○)
古賀・齋藤 (○) 2-0 林谷・疋田 (●)
中島・本田 (●) 0-2 権藤・下農 (○)
山田・渡邊 (●) 0-2 松本・小林 (○)
星野・西川 (●) 0-2 保木・小林 (○)
遠藤・渡辺 (○) 2-0 河村・川本 (●)
光島・緒方 (●) 0-2 玉手・山下 (○)
市川・馬屋原(○) 2-0 原口・前田 (●)
熊谷・藤澤 (●) 0-2 竹内・松居 (○)
岡村・小野寺(○) 2-0 西澤・宮嶋 (●)
武井・遠藤 (●) 1-2 浦井・三浦 (○)
塚本・高野 (○) 2-0 鈴木・和田 (●)
小倉・三橋 (●) 0-2 井上・金子 (○)

<女子シングルス>

決勝トーナメント1回戦

山口 茜  (○) 2-1  朝岡 依純  (●)
小林 美紀 (●) 0-2  髙橋 明日香 (○)
仁平 菜月 (●) 0-2  佐川 智香  (○)
川上 紗恵奈(○) 2-0  鈴木 ゆうき (●)
高橋 沙也加(○) 2-0  大家 夏稀  (●)
下田 菜都美(●) 0-2  仲井 由希乃 (○)
橋本 由衣 (●) 棄権   中西 貴映  (○)
大堀 彩  (○) 2-0  高橋 美優  (●)
佐藤 冴香 (○) 2-0  髙木 美季  (●)
漆﨑 真子 (○) 2-0  山本 しずか (●)
齋藤 栞  (○) 2-0  香山 未帆  (●)
三谷 美菜津(○) 2-0  奥 幸那   (●)
峰 歩美  (○) 2-0  郡司 莉子  (●)
鈴木 温子 (○) 2-0  十河 茉由  (●)
水井 ひらり(○) 2-0  杉野 文保  (●)
奥原 希望 (○) 2-0  安田 美空  (●)

<女子ダブルス>

決勝トーナメント1回戦

髙橋・松友(○) 2-0 種岡・米山(●)
綿矢・山口(●) 0-2 藤井・垣岩(○)
栗原・篠谷(○) 棄権  朝倉・斉藤(●)
桶田・谷澤(●) 1-2 新玉・渡邉(○)
櫻本・髙畑(○) 2-0 大竹・高橋(●)
毛利・野田(○) 2-1 加藤・柏原(●)
星・岩永   (○) 2-0 河崎・嶺井(●)
川島・松田(●) 0-2 米元・田中(○)
永原・松本(○) 2-0 藤井・樋口(●)
上杉・鈴木(○) 2-1 本田・清水(●)
東野・中西(○) 2-0 山本・野村(●)
今野・林   (●) 0-2 福万・與猶(○)
志田・松山(○) 2-0 下農・杉山(●)
荒木・今井(○) 2-0 川島・尾﨑(●)
齋藤・吉田(○) 2-0 鈴木・大澤(●)
中村・諸田(●) 0-2 福島・廣田(○)

<混合ダブルス>

決勝トーナメント1回戦

桐田・勝俣 (●) 0-2 井上・岩永 (○)
西川・尾﨑 (○) 2-0 河崎・河崎 (●)
久保田・松山(○) 2-1 竹内・加藤 (●)
市川・池内 (●) 0-2 高野・柏原 (○)
小倉・吾妻 (●) 1-2 仁平・上杉 (○)
渡邊・小野 (●) 0-2 岡村・星    (○)
藤野・福万 (○) 2-0 鈴木・今井 (●)
緒方・安田 (●) 0-2 緑川・齋藤 (○)

※11/27追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

予選1回戦

甲谷 望  (●)  0-2  常山 明良 (○)
武井 凜生 (●)  1-2  清水 智彦 (○)
古財 和輝 (○)  2-0  北里 元輝 (●)
東野 圭悟 (●)  1-2  嶺岸 洸  (○)
服部 輝正 (●)  0-2  内藤 浩司 (○)
中山 裕貴 (○)  2-1  川原 怜也 (●)
高田 晃  (●)  0-2  野田 統馬 (○)
小本 翔太 (○)  2-1  田中 佑貴 (●)
小高 拓也 (○)  2-0  星野 健太朗(●)
小野寺 達彦(●)  0-2  馬場 湧生 (○)
佐伯 祐 行(○)  2-0  小林 寛哉 (●)
三國屋 太一(●)  1-2  高橋 洸士 (○)
藤原 圭祐 (○)  2-1  古屋 玲  (●)
福田 春樹 (○)  2-0  鎌田 諒太 (●)

予選2回戦

丸尾 亮太郎(●) 1-2 常山 明良  (○)
山澤 直貴   (○) 2-0 清水 智彦  (●)
古財 和輝 (○) 2-0 嶺岸 洸   (●)
内藤 浩司 (○) 2-1 中山 裕貴  (●) 
野田 統馬 (●) 0-2 小本 翔太  (○)
小高 拓也 (●) 0-2 馬場 湧生  (○)
佐伯 祐行 (○) 2-0 高橋 洸士  (●)
藤原 圭祐 (○) 2-1 福田 春樹  (●)

<男子ダブルス>

予選1回戦

伊佐・佐伯(○) 2-0 松尾・古城 (●)
植田・南茂(●) 0-2 武石・西谷 (○)
原田・坂中(●) 0-2 奈良岡・武藤(○)
青木・福原(●) 1-2 高島・岡村 (○)
酒井・仁平(●) 0-2 光島・緒方 (○)
鈴木・和田(○) 2-0 野田・小室 (●)
北林・尾野(●) 0-2 星野・西川 (○)
農口・服部(○) 2-1 谷口・西  (●)
森田・間瀬(○) 2-0 下・寺田  (●)

予選2回戦

権藤・下農(○) 2-0 伊佐・佐伯 (●)
玉手・山下(○) 2-0 武石・西谷 (●)
牧野・大嶋(○) 2-0 奈良岡・武藤(●)
西澤・宮嶋(○) 2-1 高島・岡村 (●)
東野・渡部(●) 1-2 光島・緒方 (○)
村越・佐藤(●) 0-2 鈴木・和田   (○)
吉田・池田(●) 0-2 星野・西川   (○)
農口・服部(●) 0-2 森田・間瀬   (○)

<女子シングルス>

予選1回戦

古川 佳奈   (●) 1-2  海老原 詩織(○)
宮崎 淳美   (●) 1-2  重山 智佳   (○)
池内 萌絵   (○) 2-1  野田 千遥   (●)
釜谷 知佳   (●) 0-2  高木 美季   (○)
杉野 文保   (○) 2-0  齋藤 夏      (●)
若田 美沙   (●) 0-2  財津 穂      (○)
内山 真希   (○) 2-0  藤井 珠生   (●)
栗原 あかり(●) 0-2  林 美紀      (○)

予選2回戦

高橋 明日香(○)  2-0 海老原 詩織(●)
林 樂         (○)  2-0 海老 澤花   (●)
大家 夏稀   (○)  2-0 重山 智佳   (●)
濵北 もも   (●)  1-2 杉山 薫      (○)
小西 春七   (●)  1-2 池内 萌絵   (○)
大関 令奈   (●)    1-2 高木 美季 (○)
山本 紗耶   (●)    0-2 杉野 文保   (○)
永井 瀬雰   (○)  2-1 財津 穂      (●)
中村 愛里   (○)  2-0 内山 真希   (●)
吉川 真白   (●)    0-2 小林 美紀 (○)

<女子ダブルス>

予選1回戦

篠田・石橋 (●) 1-2 綿矢・山口 (○)

予選2回戦

久後・横山 (●) 1-2 中村・諸田 (○)
三納・疋島 (●) 0-2 仲井・小野 (○)
小西・田島 (●) 1-2 内山・佐藤 (○)
大石・木村 (●) 0-2 種岡・米山 (○)
栗原・杉山 (●) 0-2 曽根・保原 (○)
藤井・垣岩 (○) 2-0 春木・早川 (●)
青山・志波 (○) 2-1 内山・廣上 (●)
宮浦・水津 (●) 0-2 今野・林  (○)
濱田・長嶋 (●) 0-2 吾妻・鈴木 (○)
小野・田部 (●) 0-2 下農・杉山 (○)
佐々木・結城(●) 1-2 荒木・今井 (○)
斉藤・松久 (○) 2-0 高木・松田 (●)
木戸・小見山(●) 1-2 綿矢・山口 (○)
藤本・牟田 (○) 2-1 浦谷・島倉 (●)

予選3回戦

中村・諸田 (○) 2-1 仲井・小野 (●)
内山・佐藤 (●) 0-2 種岡・米山 (○)
曽根・保原 (●) 1-2 藤井・垣岩 (○)
青山・志波 (●) 0-2 今野・林  (○)
吾妻・鈴木 (●) 1-2 下農・杉山 (○)
斉藤・松久 (●) 0-2 荒木・今井 (○)
綿矢・山口 (○) 2-0 藤本・牟田 (●)

<混合ダブルス>

予選1回戦

中村・浦谷 (●) 0-2 鈴木・樋渡 (○)
荒井・石橋 (○) 2-0 金浦・久田 (●)
小林・関根 (●) 0-2 桐田・勝俣 (○)
西・桶田  (○) 2-0 宇山・田中 (●)
松本・今野 (○) 2-1 橋本・綿矢 (●)

予選2回戦

渡邊・小野 (○) 2-0 鈴木・樋渡 (●)
具志堅・井上(●) 0-2 三上・清水 (○)
吉川・横山 (○) 2-1 荒井・石橋 (●)
坂口・朝倉 (●) 0-2 緑川・齋藤 (○)
石川・亀田 (●) 1-2 桐田・勝俣   (○)
山下・三木 (●) 0-2 本田・松田   (○)
松尾・川島 (●) 0-2 桐田・勝俣   (○)
河崎・河崎 (○) 2-0 松本・今野   (●)

予選3回戦

渡邊・小野  (○) 2-1 三上・清水  (●)
吉川・横山  (●) 0-2 緑川・齋藤    (○)
桐田・勝俣  (○) 2-1 本田・松田    (●)
西・桶田     (●) 0-2 河崎・河崎  (○)

全日本総合バドミントン2018の日程は?

全日本総合バドミントン2018の競技種目ですが、男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5つとなります。

大会の開催期間は、11月26日(月)~12月2日(日)の7日間となります。

日程の詳細は、以下の通りです。

11月26日(月):14:00~予選組み合わせ抽選会 17:00~開会式

11月27日(火):09:00~各種目予選、予選終了後本戦組み合わせ抽選会

11月28日(水):09:00~各種目1回戦

11月29日(木):10:00~各種目2回戦

11月30日(金):10:00~各種目準々決勝

12月1日(土)  :12:00~各種目準決勝

12月2日(日)  :10:00~各種目決勝

全日本総合バドミントン2018の放送予定は?

全日本総合バドミントン2018は地上波でのテレビ放送は行われません。

放送するのは、NHK BS-1で、そのスケジュール詳細は、以下の通りです。

11/29 (木)  10:00~13:00 2回戦  (※LIVE中継)

11/30 (金)  10:00~14:00 準々決勝(※LIVE中継)

12/1 (土)    12:00~15:50 準決勝 (※LIVE中継)

12/2 (日)    10:00~15:50 決勝  (※LIVE中継)

11月29日(木)の2回戦~12月2日(日)の決勝まで、主要試合を中心に充実したLIVE中継が行われます。

スポンサーリンク

全日本総合バドミントン2018の組み合わせは?

上記の通り、全日本総合バドミントン2018は5種目で頂点が争われます。

まず、予選の組み合わせ抽選会が、11月26日(月)に行われ、翌27日(火)の予選終了後、本戦の組み合わせ抽選会が行われます。

予選、本戦ともに組み合わせが決まったら、当記事に追記します。

※11/27追記(予選と本戦の組み合わせ発表に伴い、トーナメント表を記載)

予選と本戦のドロー結果を受け、トーナメント表が主催者から発表されました。

詳細は、以下の通りです。

各種目の予選と本戦のトーナメント表はこちら

全日本総合バドミントン2018のチケットは?

上記の通り、全日本総合バドミントン2018は、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われます。

日本が世界のトップを争う種目で、かつその世界のトップ選手が一堂に集うこの機会に、ぜひ直接会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

チケットの種類と値段は、以下の通りです。

日程
種目    券種         前売料金   当日料金

11/27(火)
予選      スタンド
        一般・高校生   ¥500           ¥500

11/28(水)
1回戦     スタンド一般       ¥1,500        ¥2,000
               スタンド高校生    ¥500          ¥500

11/29(木)
2回戦       スタンド一般       ¥1,500       ¥2,000
               スタンド高校生    ¥500          ¥500

11/30(金)
準々決勝  アリーナ              ¥2,500       ¥3,000
              スタンド一般        ¥1,500       ¥2,000
              スタンド高校生     ¥1,000       ¥1,500

12/1(土)
準決勝    アリーナ               ¥3,000       ¥3,500
             アリーナサイド      ¥2,500       ¥3,000
             スタンド一般         ¥2,000       ¥2,500
             スタンド中高生      ¥1,000       ¥1,500

12/2(日)
決勝       アリーナ               ¥3,500       ¥4,000
             アリーナサイド      ¥3,000       ¥3,500
             スタンド一般         ¥2,000       ¥2,500
             スタンド中高生      ¥1,000       ¥1,500

※一般スタンド席について、小学生は全日程無料

チケットは以下のローソンチケットか、チケットストリートで購入可能です。

ローソンチケットで入手される方はこちら

特にチケットストリートは掘り出し物が見つかる可能性もあるので、ぜひ以下のバナーからこまめにチェックしてみてください!

↓↓全日本総合バドミントン2018を観戦したい方は、こちらをクリック↓↓

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、全日本総合バドミントン2018について、日程、放送予定、組み合わせ、試合速報・結果などについて、まとめました。

今年のバドミントンはワールドツアーでの各選手の活躍はもちろんのこと、今年はトマス杯、ユーバー杯といった国別対抗戦、さらに個別の大会でも8月の世界バドミントン、アジア大会などで日本人選手が世界のトップを争う戦いを見せてくれました。

もはや、日本のバドミントンは、世界の名実ともに世界のトップクラスと言っていいでしょう。

そんな世界トップの選手が国内のタイトルを目指して、しのぎを削ります。

これだけの選手が一堂に会する機会は、そんなに多くないので、ぜひ会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

もちろん、現地で観戦できない方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は、NHK BS1で2回戦以降の主要試合をLIVE中継するので、ぜひご覧になってください!

【関連記事】

バドミントンワールドツアーファイナルズ2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手も!

バドミントンワールドツアーファイナルズ2018の動画中継の格安視聴方法!見逃し配信は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です