" /> アジア大会2018陸上女子の日程やテレビ放送時間は?日本代表や試合速報・結果も!

アジア大会2018陸上女子の日程やテレビ放送時間は?日本代表や試合速報・結果も!

4年に一度開催されるアジア競技大会。今年はインドネシアの首都・ジャカルタで8月18日(土)~9月2日(日)までの計16日間開催されます。

18回目となる今回は、45の国と地域が参加し、40競技462種目で熱戦が繰り広げられます。

日本人選手の活躍が期待される競技はいくつもありますが、その中の一つ、陸上女子を今回は取り上げたいと思います!

陸上種目はオリンピックの花形と言われますが、これは当然アジア大会でも一緒です。マラソンのほか、トラック種目では、100m、10000mなど注目競技を挙げればきりがありません。

前回2014年大会は、金メダルこそありませんでしたが、計10種目でメダルを獲得しました。

今大会でもそれ以上のメダル獲得が期待され、注目度はかなり高いですね!

今回は、アジア大会2018の陸上女子について、

  • 日程
  • テレビ放送時間
  • 日本代表
  • 試合速報・結果

などをまとめてみました。

※8/18追記(TBSとNHKが放送スケジュールを発表したのに伴い、その内容を本文中に記載)

スポンサーリンク

アジア大会2018陸上女子の日程やテレビ放送時間は?日本代表や試合速報・結果も!

数ある陸上種目の中でもやはり女子の注目は、マラソン、10000mといった長距離種目で復権なるか、ですね。

アジア大会では1998年のバンコク大会で高橋尚子選手がアジア最高記録を更新し、その2年後のシドニーオリンピックでの金メダルに繋げました。

それ以降、日本女子長距離陣は世界のトップを走り続けましたが、最近はアフリカ勢などに押され気味で、さっぱりの状況が続いています。

このまま2年後の東京オリンピックになってしまうと、惨憺たる結果が目に見えているので、ちょうど2年前にあたるこのアジア大会で何とか金メダルを獲得し、復活の足掛かりにしてほしいですね。

他にも注目の種目が数多くあるので、陸上からは目が離せませんよ!

そんなアジア大会2018の陸上男子について、まずは、日程からみていきましょう!

アジア大会2018陸上女子の日程は?

アジア大会2018の競泳は、8月25日(土)~30日(木)までの6日間に渡って開催されます。

午前と午後に分かれて、各競技でアジアの頂点の座をかけた戦いが繰り広げられます。

その日程詳細は、以下の通りです。

8月25日(土)

12:30 女子400m ROUND1
13:40 女子100mH ROUND1

20:30 女子100m ROUND1
20:40 女子ハンマー投 決勝
21:45 女子10000m
22:25 女子400m 準決勝
23:00 女子100mH 準決勝

8月26日(日)

08:00 女子マラソン 決勝
12:30 女子走幅跳 予選

20:30 女子100m 準決勝
21:10 女子400m 決勝
22:15 女子砲丸投 決勝
22:20 女子100mH 決勝
23:10 女子100m 決勝

8月27日(月)

11:00 女子400mH ROUND1
11:15 女子走高跳 予選
12:00 女子800m ROUND1

20:35 女子走幅跳 決勝
21:00 女子400mH 準決勝
21:40 女子3000m障害 決勝
22:15 女子800m 準決勝
23:25 混合4X400mR ROUND1

8月28日(火)

11:00 女子七種競技100mH 1/7
11:45 女子200m ROUND1
12:30 女子七種競技走高跳 2/7

20:30 女子400mH 決勝
20:35 女子棒高跳 決勝
20:45 女子七種競技砲丸投 3/7
20:50 女子三段跳 予選
21:05 女子200m 準決勝
21:35 女子やり投 決勝
21:55 女子800m 決勝
22:15 女子5000m 決勝
23:10 女子七種競技200m 4/7
23:30 混合4X400mR 決勝

8月29日(水)

08:10 女子20km競歩 決勝
11:00 女子七種競技走幅跳 5/7

20:45 女子七種競技やり投 6/7
20:50 女子200m 決勝
20:55 女子走高跳 決勝
21:15 女子1500m ROUND1
21:40 女子4X400mR ROUND1
22:35 女子七種競技800m 7/7
22:50 女子4X100mR ROUND1

8月30日(木)

20:30 女子三段跳 決勝
20:40 女子円盤投 決勝
20:45 女子4X100mR 決勝
21:20 女子1500m 決勝
22:30 女子4X400mR 決勝

時間は現地時間で、開催地のインドネシア・ジャカルタと日本には2時間の時差があり、日本が2時間進んでいます。

スポンサーリンク

アジア大会2018陸上女子のテレビ放送は?

今回のアジア大会はTBS系列での放送が決まっています。

種目数が多いため、すべてを放送するのはムリで、TBSは視聴率が見込める人気の競技や日本人選手が準決勝や決勝に進出した種目を放送する予定です。

ですので、7/29現在、いつ、どの種目が放送されるのかは、決定していません。

ただ、陸上は注目度が高く、各種目ともに日本人選手が進出した決勝は放送される可能性が高いと思います。

放送時間が発表されたら、この記事に追記します。

※8/18追記(TBSとNHKが放送スケジュールを発表したのに伴い、その内容を本文中に記載)

8月25日(土) 

20:30~    (TBS系列)※LIVE

100m    予選
ハンマー投げ 決勝
10000m   決勝
400m    準決勝
100mH    準決勝

20:20~  (NHK BS-1)※LIVE

8月26日(日) 

07:30~  (TBS系列)

 07:55~  (NHK BS-1)※LIVE

女子マラソン

 20:30~    (TBS系列)※LIVE

100m    準決勝
400m    決勝
砲丸     決勝
100mH    決勝
100m          決勝

20:20~  (NHK BS-1)※LIVE

8月27日(月) 

20:30~    (TBS系列)※LIVE

幅跳び         決勝
400mH       準決勝
3000m障害 決勝
800m         準決勝
4×400mミックスリレー

20:20~  (NHK BS-1)※LIVE                      

8月28日(火) 

20:30~    (TBS系列)※LIVE

400mH 決勝
棒高跳び 決勝
七種 砲丸投げ
三段跳び 予選
200m 準決勝
やり投げ 決勝
800m 決勝
5000m 決勝
七種 200m
4×400mミックスリレー 決勝

8月29日(水) 

20:40~    (TBS系列)※LIVE

200m 決勝
七種 やり投げ
高跳び 決勝
1500m 予選
4×400mリレー 予選
七種 800m
4×100mリレー 予選

8月30日(木) 

20:40~    (TBS系列)※LIVE

三段跳び     決勝
4×100mリレー 決勝
円盤投げ     決勝
1500m              決勝
4×400mリレー   決勝

アジア大会2018陸上女子の日本代表は

アジア大会2018の日本代表は24選手です(補欠2選手含む)。

カッコ内は所属チームです。

<競歩> 
岡田 久美子(ビックカメラ) 20kmW

<マラソン> 
野上 恵子(十八銀行) マラソン
田中 華絵(資生堂) マラソン
小原 怜(天満屋) 補欠 マラソン
加藤 岬(九電工) 補欠 マラソン

<短距離> 
福島 千里(東京 セイコー) 100m/200m/4x100mR
市川 華菜(愛知 ミズノ) 100m/4x100mR/4x400mR/混合4x400mR
世古 和(三重 CRANE) 4x100mR
御家瀬 緑(北海道 恵庭北高校) 4x100mR
川田 朱夏(大阪 東大阪大学) 4x400mR/混合4x400mR

<中距離> 
北村 夢(広島 エディオン) 800m/4x400mR
塩見 綾乃(京都 立命館大学) 800m//4x400mR

<長距離> 
鍋島 莉奈(東京 日本郵政グループ) 5000m
山ノ内 みなみ(鹿児島 京セラ) 5000m
堀 優花(神奈川 パナソニック) 10000m

<障害> 
青木 益未(宮城 七十七銀行) 100mH//4x100mR
紫村 仁美(福島 東邦銀行)100mH
宇都宮 絵莉(兵庫 長谷川体育施設) 400mH/4x400mR/混合4x400mR
石澤 ゆかり(広島 エディオン) 3000mSC

<投てき> 
勝山 眸美(東京 オリコ) ハンマー投
渡邊 茜(福岡 丸和運輸機関) ハンマー投
斉藤 真理菜(静岡 スズキ浜松AC) やり投
宮下 梨沙(大阪 大体大T.C) やり投

<混成> 
山﨑 有紀(静岡 スズキ浜松AC) 七種競技
ヘンプヒル 恵(京都 中央大学) 七種競技

アジア大会2018陸上女子の試合速報・結果は

日本代表の試合速報・結果をここにまとめます。大会が始まったら、随時更新していきます!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、アジア大会2018陸上女子について、日程やテレビ放送時間、日本代表、試合速報・結果などをまとめてみました。

日本女子の陸上界は特に近年、長距離陣の成績がふるいません。東京オリンピックを2年後に控えたこのアジア大会で結果を残さないと、オリンピックの結果も目に見えています。

ですので、マラソンの野上恵子選手、田中華絵選手、5000mの鍋島莉奈選手、山ノ内みなみ選手、10000mの堀優花選手あたりには、とにかく結果を出してほしいです!

陸上は決勝が夜の時間帯に行われることが多いですし、日本の注目度が高い競技なので、各種目ともに日本人選手が決勝に進出すれば、テレビ放送の可能性が高いと思います!

では、日本代表の大活躍を期待しつつ、大会を楽しみましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です