" /> アジア大会2018バドミントンの日程やテレビ放送時間は?日本代表や試合速報・結果も!

アジア大会2018バドミントンの日程やテレビ放送時間は?日本代表や試合速報・結果も!

4年に一度開催されるアジア競技大会。今年はインドネシアの首都・ジャカルタで8月18日(土)~9月2日(日)までの計16日間開催されます。

18回目となる今回は、45の国と地域が参加し、40競技462種目で熱戦が繰り広げられます。

日本人選手の活躍が期待される競技はいくつもありますが、その中の一つ、バドミントンを今回は取り上げたいと思います!

バドミントンは、今年5月に行われた国別対抗戦で男子が準優勝、女子が優勝したほか、個人戦でも昨年の世界選手権で女子シングルスの奥原希望選手が金メダルを獲得するなど、いま日本人選手が絶好調です。

間違いなく、世界のトップを争える種目のひとつですね!

今回は、アジア大会2018のバドミントンについて、

  • 日程
  • テレビ放送時間
  • 日本代表
  • 試合速報・結果

などをまとめてみました。

※8/27追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/26追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/25追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/24追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/23追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/22追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/21追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/20追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/19追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/16追記(TBSが放送スケジュールを発表したのに伴い、その内容を本文中に記載)

【関連記事】

バドミントン女子団体決勝(アジア大会2018)の日程とテレビ放送は?試合速報・結果も!

バドミントン女子ダブルス準決勝(アジア大会2018)の速報・結果は?日程と放送も!

バドミントン女子ダブルス決勝(アジア大会2018)の速報・結果は?日程とテレビ放送も!

バドミントン女子シングルス準決勝(アジア大会2018)の速報・結果は?日程とテレビ放送も

バドミントン男子シングルス準決勝(アジア大会2018)の速報・結果は?日程とテレビ放送も

スポンサーリンク

アジア大会2018バドミントンの日程やテレビ放送時間は?組み合わせや試合速報・結果も!

日本のバドミントンは近年、ジュニア時代からの育成を含めて強化を図っていて、その成果がはっきり出始めています。

2016年リオデジャネイロオリンピック、女子ダブルスの高橋・松友ペアの劇的な金メダルを覚えている人も多いですよね?

そして、昨年は世界選手権で日本勢が大活躍を見せました!

まず、女子シングルスで奥原希望選手が40年ぶりの金メダルを獲得、女子ダブルスでは福島由紀・広田彩花ペアが同じく40年ぶりとなる決勝進出を果たし、高橋礼華・松友美佐紀ペアも銅メダルを獲得しました。

男子でもダブルスで園田啓悟・嘉村健士ペアが銅メダルを獲得し、男女ともにメダルラッシュとなりました!

さらに、今年5月に行われた国別対抗戦でも女子が37年ぶりとなる優勝を果たしましたよね!

今回のアジア大会もすべての種目で金メダル、という歴史的な快挙も夢ではありません!

まずは、日程からみていきましょう!

アジア大会2018バドミントンの日程は?

アジア大会2018のバドミントンは、8月19日(日)~8月28日(火)までの10日間に渡って開催されます。

種目は団体種目<男子団体、女子団体>、個人種目<男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルス>の計7つとなっています。

8月19日(日)午前に男女団体からスタートし、8月28日(火)の夜に男女シングルスの決勝で幕を閉じます。

その日程詳細は、以下の通りです。

8月19日(日):男子・女子団体16                      9:00~13:00

8月20日(月):女子団体準々決勝                                      12:00~23:00

8月21日(火):男子団体準々決勝 / 男子・女子団体準決勝     12:00~23:00

8月22日(水):女子団体決勝                   12:00~16:00

8月22日(水):男子団体決勝                   18:00~22:00

8月23日(木):男子シングルス64                      12:00~16:00

8月23日(木):女子・混合ダブルス32 / 男子シングルス64      18:00~22:00

8月24日(金):女子シングルス32 / 男子ダブルス32 / 女子ダブルス64   

                                12:00~16:00

8月24日(金):男子・女子シングルス32 / 混合ダブルス16      18:00~22:00

8月25日(土):男子・女子シングルス16 / 男子ダブルス16 / 女子ダブルス準々決勝

                                13:00~22:00

8月26日(日):女子・混合ダブルス準々決勝 / 男子・女子シングルス16

                                13:00~17:00

8月27日(月):男子・女子シングルス準々決勝 / 男子・混合ダブルス準決勝 /                                           女子ダブルス決勝

                                13:00~22:00

8月28日(火):男子・女子シングルス準決勝 / 混合ダブルス決勝 /                                     男子シングルス決勝・女子シングルス決勝

                                18:00~22:00

時間は現地時間で、開催地のインドネシア・ジャカルタと日本には2時間の時差があり、日本が2時間進んでいます。

スポンサーリンク

アジア大会2018バドミントンのテレビ放送は?

今回のアジア大会はTBS系列での放送が決まっています。

種目数が多いため、すべてを放送するのはムリで、TBSは視聴率が見込める人気の競技や日本人選手が準決勝や決勝に進出した種目を放送する予定です。

ですので、7/23現在、いつ、どの種目が放送されるのかは、決定していません。

ただ、バドミントンは人気があり、かつ日本人の活躍が期待される種目なので、放送される可能性が高いと思います。

放送時間が発表されたら、この記事に追記します。

※8/16追記(TBSが放送スケジュールを発表したのに伴い、その内容を記載)

8月19日(日)19:00~ 男子・女子団体ベスト16                (TBS系列)

8月20日(月)18:30~ 男子・女子団体ベスト16              (TBS系列)

8月21日(火)18:30~ 男子・女子団体準々決勝・準決勝                      (TBS系列)

8月22日(水)18:30~ 女子団体決勝                               (TBS系列)

8月23日(木)23:00~ 男子シングルス/女子シングルス                         (BS-TBS)

8月25日(土)18:30~ 女子シングルスベスト16/男子シングルスベスト16  (TBS系列)

                    23:15~ 女子ダブルス準々決勝/男子シングルスベスト16/

                                   女子シングルスベスト16                                      (TBS系列)

8月26日(日)18:30~ 女子シングルス準々決勝/男子ダブルス準々決勝/

                                   女子ダブルス準決勝               (TBS系列)

8月27日(月)18:30~ 男子シングルス準々決勝/女子シングルス準々決勝/

            男子ダブルス準決勝/混合ダブルス準決勝      (TBS系列)

                    23:10~  男子シングルス準決勝/女子シングルス準決勝/

                                   女子ダブルス決勝                                         (TBS系列)

8月28日(火)18:30~ 男子シングルス決勝/女子シングルス決勝/

            男子ダブルス決勝                                    (TBS系列)

                    23:10~  男子シングルス決勝/女子シングルス決勝/

                                   男子ダブルス決勝                                         (TBS系列)

アジア大会2018バドミントンの日本代表は

アジア大会2018の日本代表は男子8人、女子8人の計16選手です。

出場種目が明らかになっている選手は、カッコ内に入れました。

桃田 賢斗(男子シングルス)
西本 拳太(男子シングルス)
坂井 一将
常山 幹太
園田 啓悟/嘉村 健士(男子ダブルス)
井上 拓斗/金子 祐樹(男子ダブルス)
渡辺 勇大(混合ダブルス)
保木 卓朗(混合ダブルス)
山口 茜(女子シングルス)
奥原 希望(女子シングルス)
佐藤 冴香
大堀 彩
髙橋 礼華/松友 美佐紀(女子ダブルス)
福島 由紀/廣田 彩花(女子ダブルス)
東野 有紗(混合ダブルス)
米元 小春(混合ダブルス)

アジア大会2018バドミントンの試合速報・結果は

日本人選手を中心に各種目の試合速報・結果をここにまとめます。大会が始まったら、随時更新していきます!

※[ ]内は世界ランキング

※8/27追記(当日の試合速報・結果を記載)

女子ダブルス 決勝

髙橋 礼華 [2]                CHEN Q(中国)[3]
松友 美佐紀     0-2(●)  JIA Y

20-22 20-22

女子シングルス 準決勝

山口茜 [2] 1-2(●) Pusarla V. Sindhu(インド)[3]

17-21 21-15 10-21

男子シングルス 準決勝

西本挙太 [10] 1-2(●) Christie Jonatan(インドネシア)[15]

15-21 21-15 19-21

※8/26追記(当日の試合速報・結果を記載)

女子シングルス 準々決勝

奥原希望 0-2(●)  Tai Tzuying(チャイニーズ・タイペイ)

15-21 10-21

山口茜 2-0(○)  Chen Yufei(中国)

21-19 21-11

男子シングルス 準々決勝

西本拳太 [8] 2-0(○)  Son Wanho(韓国)

21-17 21-11

女子ダブルス 準決勝

福島 由紀 [1]           CHEN Q(中国)[3]
廣田 彩花      0-2(●) JIA Y

17-21 8-21

髙橋 礼華 [2]            Polii G(インドネシア)[4]
松友 美佐紀     2-0(○)  Rahayu A

21-15 21-16

高橋礼華・松友美佐紀ペアが決勝進出決定!

福島由紀・廣田彩花ペアは銅メダル決定!

※8/25追記(当日の試合速報・結果を記載)

男子ダブルス ラウンド16

園田啓悟 [3]       Ong Ywe Sin(マレーシア)
嘉村健士    0-2(●)  Teo Ee Yi

14-21 17-21

井上拓斗         Marcus Fernaldi Gideon [1](インドネシア)
金子祐樹    1-2(●) Kevin Sanjaya Sukamuljo 

16-21 21-19 18-21

女子シングルス ラウンド16

奥原希望 2-0(○)  He Bingjiao(中国)

21-12 21-10

山口茜 [2] 2-0(○)  Tamang Nangsal(ネパール)

21-7 21-12

女子ダブルス 準々決勝

髙橋 礼華 [2]                  Kim H(韓国)
松友 美佐紀  2-0(○) Kong H

21-10 21-7

福島 由紀 [1]               Lee S(韓国)
廣田 彩花        2-0(○)   Shin S

21-13 21-17

混合ダブルス 準々決勝

渡辺勇大        Wang Y (中国)
東野有紗 1-2(●) Huang D

17-21 21-18 17-21

保木卓朗         Zheng S(中国)
米元小春  0-2(●) Huang Y

13-21 15-21

男子シングルス ラウンド16

西本拳太 [8] 2-0(●)  Shaheed Hussein(パキスタン)

21-7 21-10

桃田賢斗 [2] 0-2(●)  Ginting Anthony Sinisuka(インドネシア)

18-21 18-21

※8/24追記(当日の試合速報・結果を記載)

女子シングルス ラウンド32

山口茜 2-0(○)  Saraj Lidda(アフガニスタン)

21-0 21-3

男子シングルス ラウンド32

西本拳太 [8] 2-0(○)  Byambajav Khuvituguldur(モンゴル)

21-11 21-6

桃田賢斗 [2] 2-0(○)  Bikash Shrestha(ネパール)

21-9 21-10

混合ダブルス ラウンド16

渡辺勇大       Azam R (パキスタン)
東野有紗 2-0(○)  Waqas S

21-7 21-9

保木卓朗         Do Tuan Duc(ベトナム)
米元小春  2-0(○) Pham Nhu Thao 

21-12 21-13

女子ダブルス ラウンド16

髙橋 礼華 [2]                  Saddique G(パキスタン)
松友 美佐紀  2-0(○) Waqas S

21-3 21-3

福島 由紀 [1]                   Haris DD(インドネシア)
廣田 彩花        2-0(○)     Pradipta Ra

21-13 21-17

※8/23追記(当日の試合速報・結果を記載)

男子シングルス ラウンド64

西本拳太 [8] シードで次ラウンドへ

桃田賢斗 [2] シードで次ラウンドへ

男子ダブルス ラウンド32

井上拓斗         Muhammad Irfan Saeed Bhatti(パキスタン)
金子祐樹    2-0(○) Azeem Sarwar 

21-8 21-16

園田啓悟 [3]       Tinn Isriyanet(タイ)
嘉村健士    2-0(○) Kittisak Namdash

21-11 21-16

女子シングルス ラウンド32

奥原希望 2-0(○)  Moosa Aminath Shahurunaz(モルジブ)

21-2 21-5

山口茜 [2] シードで次ラウンドへ

女子ダブルス ラウンド32

福島 由紀 [1] シードで次ラウンドへ
廣田 彩花

髙橋 礼華 [2] シードで次ラウンドへ
松友 美佐紀

混合ダブルス ラウンド32

保木卓朗 シードで次ラウンドへ
米元小春

渡辺勇大       Choi Solgyu (韓国)
東野有紗 2-1(○)  Shin Seung Chan

12-21 22-20 21-15

※8/22追記(当日の試合速報・結果を記載)

女子団体決勝

日本 [1] 3-1  中国  [2]

山口 茜 0-2(●)  CHEN Yufei 

15-21 12-21

福島 由紀           CHEN Qingchen
廣田 彩花  2-0(○) JIA Yifan

21-12 21-17

奥原 希望  2-1(○) HE Bingjiao

21-16 19-21 21-15

髙橋 礼華          HUANG Yaqiong
松友 美佐紀  2-0(○) ZHENG Yu

21-16 21-11

日本が48年ぶりにアジア大会の女子団体を見事に制しました!

その瞬間の動画は、以下の通りです!

※8/21追記(当日の試合速報・結果を記載)

女子団体 準決勝

日本 [1] 3-1  インドネシア

山口 茜 1-2(●)  TUNJUNG Gregoria Mariska

16-21 21-9 18-21

福島 由紀       POLII Greysia
廣田 彩花  2-0(○) RAHAYU Apriyani

21-13 21-12

奥原 希望  2-1(○) FITRIANI Fitriani

19-21 21-4 21-10

髙橋 礼華        HARIS Della Destiara
松友 美佐紀  2-0(○) PRADIPTA Rizki Amelia

21-13 21-10

男子団体 準決勝

日本 [3] 1-3  インドネシア [2]

桃田 賢斗 2-1(○)  GINTING Anthony

14-21 21-14 21-16

園田 啓悟       Kevin Sanjaya
嘉村 健士  0-2(●) Marcus Fernaldi

18-21 12-21

西本 拳太   0-2(●) CHRISTIE Jonatan

15-21 19-21

井上 拓斗       ALFIAN Fajar
金子 祐樹  0-2(●) ARDIANTO Rian

10-21 10-21

※8/20追記(当日の試合速報・結果を記載)

男子団体 準々決勝

日本 [3] 3-0  韓国

桃田 賢斗 2-0(○)  SON Wan ho

21-16 21-14

園田 啓悟       KANG Minhyuk
嘉村 健士  2-0(○) KIM Won ho

21-13 21-13

西本 拳太   2-0(○) HEO Kwang hee

21-19 21-9

女子団体 準々決勝

日本 [1] 3-1  インド

山口 茜 0-2(●)  PUSARLA Venkata Sindhu

18-21 19-21

福島 由紀       NELAKURTHI Sikki Reddy
廣田 彩花  2-0(○) SUNIL Arathi Sara

21-15 21-6

奥原 希望  2-1(○) NEHWAL Saina

21-11 23-25 21-16

髙橋 礼華        NELAKURTHI Sikki Reddy
松友 美佐紀  2-0(○) SUNIL Arathi Sara

21-13 21-12

※8/19追記(当日の試合速報・結果を記載)

男子団体 1回戦

日本 [3] 3-0  マレーシア

桃田 賢斗 2-0(○)   LIEW Daren

21-13 21-14

園田 啓悟       GOH Wei Shem
嘉村 健士  2-0(○) TAN Wee Kiong

21-18 21-18

西本 拳太   2-0(○) LEE Zii Jia

21-18 21-17

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、アジア大会2018バドミントンについて、日程やテレビ放送時間、日本代表、試合速報・結果などをまとめてみました。

バドミントンは2016年以降の世界大会の結果をみても、日本が世界のトップにいるのは間違いありません。今大会もすべての種目で金メダルを狙えるような代表メンバーの顔ぶれです。

ただ、アジア勢を中心に世界の強豪もそうはさせじと、日本の選手を徹底マークしてくることが十分考えられます。毎日熱戦が繰り広げられそうですね!

そんなアジア大会2018バドミントンのテレビ放送はおそらくされると思うので、テレビ観戦を楽しむことができると思います!

では、日本人選手の大活躍を期待しつつ、大会を楽しみましょう!

【関連記事】

バドミントン女子団体決勝(アジア大会2018)の日程とテレビ放送は?試合速報・結果も!

バドミントン女子ダブルス準決勝(アジア大会2018)の速報・結果は?日程と放送も!

バドミントン女子ダブルス決勝(アジア大会2018)の速報・結果は?日程とテレビ放送も!

バドミントン女子シングルス準決勝(アジア大会2018)の速報・結果は?日程とテレビ放送も

バドミントン男子シングルス準決勝(アジア大会2018)の速報・結果は?日程とテレビ放送も

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です