" /> バドミントン中国マスターズ2018の日程やテレビ放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントン中国マスターズ2018の日程やテレビ放送は?速報・結果や組み合わせも!

今年のバドミントンのワールドツアーも佳境に入りました!

11月6日(火)から中国・福州市でバドミントン中国マスターズ2018が行われます。

中国マスターズ2018は地元の中国選手をはじめ、世界ランキング上位の選手がほとんど参加するツアーでも屈指のハイレベルな大会です。

そのレベルは日本のダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018バドミントン選手権大会などと同じく「スーパー750」です。

今大会も各競技種目で地元の中国代表選手と日本代表選手を中心に激しい戦いが繰り広げられるのは間違いなく、期待が膨らむ大会となりそうです!

今回はバドミントン中国マスターズ2018について、

  • 日程
  • 放送予定
  • 組み合わせ
  • 試合速報・結果

などの情報をまとめていきます。

※11/11追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/10追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/9追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/8追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/7追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/6追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

【関連記事】

バドミントン中国マスターズ2018の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?

スポンサーリンク

バドミントン中国マスターズ2018の日程やテレビ放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンの日本代表のここ最近の活躍はすさまじく、今年はトマス杯、ユーバー杯といった国別対抗戦に加え、8月の世界バドミントン、アジア大会とほとんどの大会の各競技で日本の選手がトップを争ってきました。

これまでは中国やインドネシアなど世界トップの牙城を崩せなかった日本が確実に世界の頂点に上り詰めようとしている、バドミントンはまさにその過程にあります。

今年のワールドツアーでは各大会・各種目で日本人選手が優勝争いを繰り広げ、バドミントンファンにとっては、熱い一年になりましたね!

中国マスターズ2018もぜひ、日本人選手の活躍を期待したいところです!

では、まず日程からみていきましょう!

(大会が始まったら、速報・結果と順番を入れ替えます)

バドミントン中国マスターズ2018の試合速報・結果は?

大会が始まったら、日本代表の試合を中心に試合速報・結果をここにまとめます。随時更新していきます!

※11/11追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

決勝

桃田 賢斗 [1](○) 2-1 CHOU Tien Chen [4](台湾)

21-13 11-21 21-16

桃田賢斗が優勝!

<女子シングルス>

決勝

奥原 希望 [7] 0-2 CHEN Yufei [4](中国)

10-21 16-21

奥原希望は準優勝!

<女子ダブルス>

決勝

永原和可那         LEE So Hee       
松本 麻佑 [5](●) 0-2 SHIN Seung Chan(韓国)

21-23 18-21

永原和可那/松本麻佑ペアは準優勝!

※11/10追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

準決勝

桃田 賢斗 [1](○) 2-1 CHEN Long(中国)[6]

19-21 21-17 21-17

<女子シングルス>

準決勝

奥原 希望 [7](○) 2-0 HE Bingjiao(中国) [7]

21-13 21-13

<女子ダブルス>

準決勝

永原和可那        CHAE Yujung        
松本 麻佑 [5](○) 2-0 KIM So Yeong(韓国)

24-22 21-16

LEE So Hee               髙橋 礼華 [2]
SHIN Seung Chan(韓国) 0-2 松友美佐紀(●)

21-16 21-12

<混合ダブルス>

準決勝

渡辺 勇大         WANG Yilyu
東野 有紗 [8](●) 0-2 HUANG Dongping(中国)[2]

14-21 6-21

※11/9追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

準々決勝

桃田 賢斗 [1](○) 2-0 SON Wan Ho(韓国)

21-17 21-14

<女子シングルス>

準々決勝

髙橋沙也加(●) 0-2 奥原 希望 [7](○)

4-21 10-21

<女子ダブルス>

準々決勝

CHANG Ye Na           永原和可那        
JUNG Kyung Eun(韓国) 0-2 松本 麻佑 [5](○)

15-21 19-21

LI Wenmei           髙橋 礼華 [2]
ZHENG Yu(中国) 0-2 松友美佐紀(○)

13-21 15-21

<混合ダブルス>

準々決勝

渡辺 勇大         KIM Won Ho
東野 有紗 [8](○) 2-0 BAEK Ha Na(韓国)

21-19 26-24

※11/8追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

ラウンド16

桃田 賢斗 [1](○) 2-0 Hans-Kristian Solberg VITTINGHUS(デンマーク)
21-13 21-15

西本 拳太(●) 1-2 Anders ANTONSEN(デンマーク)
14-21 22-20 16-21

坂井 一将(●) 0-2 SHI Yuqi [2] CHN
10-21 17-21

<男子ダブルス>

ラウンド16

LIAO Min Chun         遠藤 大由
SU Ching Heng(台湾) 2-0 渡辺 勇大(●)

21-19 21-17

Mohammad AHSAN            園田 啓悟
Hendra SETIAWAN(インドネシア) 1-1 嘉村 健士 [4]

13-21 21-17 0-0

<女子シングルス>

ラウンド16

髙橋沙也加(○) 2-1 GAO Fangjie(中国)

21-15 19-21 21-18

奥原 希望 [7](○) 2-0 SUNG Ji Hyun(韓国)

21-10 21-18

Beiwen ZHANG(アメリカ) 2-0 山口 茜 [2](●)

21-18 21-18

<女子ダブルス>

ラウンド16

福島 由紀 [1]       CHANG Ye Na
廣田 彩花(●) 0-2 JUNG Kyung Eun(韓国)

13-21 11-21

永原和可那        Puttita SUPAJIRAKUL
松本 麻佑 [5](○) 2-0   Sapsiree TAERATTANACHAI(タイ)

21-19 21-15

米元 小春           BAEK Ha Na
田中 志穂 [6](●)0-2 KIM Hye Rin(韓国)

15-21 13-21

福万 尚子       LEE So Hee [7] (韓国)
與猶くるみ(●)0-2 SHIN Seung Chan

16-21 12-21

DONG Wenjing          髙橋 礼華 [2]
FENG Xueying(中国) 0-2 松友美佐紀(○)

22-24 15-21

<混合ダブルス>

ラウンド16

HE Jiting      小林 優吾
DU Yue(中国)2-0 米元 小春(●)

21-10 21-7

保木 卓朗 [PFR]    渡辺 勇大
永原和可那(●) 0-2 東野 有紗 [8](○)

14-21 17-21

※11/7追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

ラウンド32

LU Guangzu [PFR] (中国) 0-2 西本 拳太(○)

14-21 16-21

Suppanyu Avihingsanon(タイ) 1-2   坂井 一将(○)

18-21 21-14 28-30

<女子シングルス>

ラウンド32

Han Yue(中国) 2-0 大堀 彩(●)

21-6 21-17

佐藤 冴香(●) 1-2 Chen Yufei [4] (中国)

21-13 10-21 22-24

川上紗恵奈(●) 0-2 Chen Xiaoxin(中国)

13-21 14-21

Mia Blichfeldt(デンマーク) 1-2 山口 茜 [2](○)

18-21 21-18 19-21

<男子ダブルス>

ラウンド32

Bodin Isara(タイ)   園田 啓悟
Maneepong Jongjit 0-2 嘉村 健士 [4](○)

18-21 9-21

Ou Xuanyi(中国)   井上 拓斗
Xiangyu Ren   2-0  金子 祐樹(●)

21-13 21-17

<女子ダブルス>

ラウンド32

Ariel Lee        福万 尚子
Sydney Lee(アメリカ) 0-2 與猶くるみ(○)

7-21 4-21

<混合ダブルス>

ラウンド32

保木 卓朗 [PFR]    Joachim FISCHER NIELSEN
永原和可那(○) 2-0 Alexandra BOJE(デンマーク)

23-21 22-20

Lee Yang          渡辺 勇大
Hsu Ya Ching(台湾) 0-2 東野 有紗 [8](○)

19-21 13-21

※11/6追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

ラウンド32

桃田 賢斗 [1](○) 2-0 Lin Dan(中国)

21-15 23-21

Hans-Kristian Solberg Vittinghus(デンマーク) 2-0 常山 幹太(●)

21-10 21-11

<男子ダブルス>

ラウンド32

保木 卓朗       Han Chengkai
小林 優吾(●) 0-2 Zhou Haodong(中国)

18-21 13-21

Phillip Chew        遠藤 大由
Ryan Chew(アメリカ) 0-2 渡辺 勇大(○)

6-21 5-21

<女子シングルス>

ラウンド32

Isabel ZHONG [PFR](アメリカ) 0-2 髙橋沙也加(○)

13-21 9-21

奥原 希望 [7](○) 2-0 Rachel Honderich(カナダ)

21-19 21-9

<女子ダブルス>

ラウンド32

永原和可那        Du Yue
松本 麻佑 [5](○)2-0 Li Yinhui(中国)

21-18 21-19

米元 小春         Ashwini Ponnappa
田中 志穂 [6](○) 2-1  Reddy N. Sikki(インド)

21-19 15-21 21-17

<混合ダブルス>

ラウンド32

ZHANG Nan [6]     金子 祐樹 [PFR]
LI Yinhui(中国) 2-1 松友美佐紀(●)

23-21 16-21 21-13

Wang Chi-Lin        小林 優吾
Lee Chia Hsin(台湾) 0-2 米元 小春(○)

20-22 16-21

バドミントン中国マスターズ2018の日程は?

バドミントン中国マスターズ2018の競技種目ですが、男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5つとなります。

大会の開催期間は、11月6日(火)~11月11日(日)の6日間となります。

日程の詳細は、以下の通りです。

11月6日(火):各種目1回戦

11月7日(水):各種目1回戦・2回戦

11月8日(木):各種目2回戦

11月9日(金):各種目準々決勝

11月10日(土):各種目準決勝

11月11日(日):各種目決勝

スポンサーリンク

バドミントン中国マスターズ2018のテレビ放送予定は?

バドミントン中国マスターズ2018は地上波でのテレビ放送は行われません。

放送するのは、CS放送の「テレ朝チャンネル2」で、そのスケジュール詳細は、以下の通りです。

11/8 (木)    15:00~ 2回戦

11/9 (金)    18:00~ 準々決勝

11/10(土)   17:00~ 準決勝

11/11 (日)    14:00~   決勝(※LIVE中継)

11/11(日)の決勝はLIVE中継となりますが、それ以外は同日の時差放送となります。

「テレ朝チャンネル2」を視聴するには放映権を持つ「スカパー!」などに加入する必要がありますが、「スカパー!」は、申し込み後30分で視聴できるようになるので、今からでも加入は十分間に合います!

このほか、スポーツ専門チャンネルの「JSPORTS」でも11/14(水)以降録画放送があります。

「JSPORTS」も「テレ朝チャンネル2」と同じく「スカパー!」などに加入して、視聴が可能となります!

こちらと関連記事「バドミントン中国マスターズ2018の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!)

バドミントン中国マスターズ2018組み合わせは?

上記の通り、バドミントン中国マスターズ2018は5種目で頂点が争われます。

組み合わせは以下の通りです。

男子シングルスの組み合わせはこちら

女子シングルスの組み合わせはこちら

男子ダブルスの組み合わせはこちら

女子ダブルスの組み合わせはこちら

混合ダブルスの組み合わせはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントン中国オープン2018について、日程、テレビ放送予定、組み合わせ、試合速報・結果などについて、まとめました。

バドミントンはこれから再来年の東京オリンピックに向けて日本と中国の世界の頂点をめぐる熾烈な戦いがさらに加速していくと思われます。

近年急速に力をつけてきた日本に対して、絶対王者の中国も若手の台頭が著しく、今回の中国オープンでもその選手たちが日本選手の前に立ちはだかるでしょう。

当然地元開催の中国はすべての種目で金メダルを狙ってくるはずです。

日本の選手がひとつでもその牙城を崩せるのか、そこが今大会の注目点だと思われます。

では、日本代表選手の健闘を祈って、大会を見守りたいと思います!

こちらと関連記事「バドミントン中国マスターズ2018の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!)

【関連記事】

バドミントン中国マスターズ2018の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です