" /> 全英オープンゴルフ2018の日程と放送時間は?賞金額やコースさらにペアリングも!

全英オープンゴルフ2018の日程と放送時間は?賞金額やコースさらにペアリングも!

今年もゴルフの全英オープン、通称「The Open」の季節がやってきました。

全英オープンといえば、コースはリンクス。ただでさえ厳しいリンクスコースに風や寒さといった厳しい気象条件が加わった過酷なコンディションに一流プレーヤーが今年もどうやって挑むのでしょうか。

 

全英オープンは、数あるゴルフのトーナメントの中でも4月の「マスターズ」と双璧をなす特別な雰囲気がある試合です。

そんな世界最高峰の試合に、今年も世界の精鋭達が挑みます。

世界ランキングトップのダスティン・ジョンソン、最近急成長した若手注目株のジャスティン・トーマス、さらに何と言っても3年ぶりに戻ってきたタイガー・ウッズと注目選手を挙げたらキリがありません。

そして、松山英樹をはじめ、日本人選手の活躍も期待したいところです。

今回は、全英オープンゴルフ2018について、

  • 日程
  • 放送時間
  • 賞金額
  • 開催コース
  • ペアリング

などをまとめてみました。

※7/19追記(第1日と第2日のペアリング発表に伴い、日本人選手を中心に注目組を本文中に記載)

※7/21追記(第3日のペアリング発表に伴い、日本人選手を中心に注目組を記載)

※7/22追記(第4日のペアリング発表に伴い、日本人選手を中心に注目組を記載)

【関連記事】

全英オープンゴルフ2018の動画中継の無料視聴方法まとめ!ネットで見逃し配信はある?

スポンサーリンク

全英オープンゴルフ2018の日程と放送時間は?賞金額やコースさらにペアリングも!

全英オープンは、年間4試合あるメジャートーナメントのひとつです。

ちなみにそれ以外は、4月のマスターズ、6月の全米オープン、8月の全米プロゴルフ選手権となっています。

ほかのメジャーと全英オープンが決定的に違うのは、イギリスで行われるという点ですが、それ以外にもセントアンドリュースをはじめとするリンクスコースで行われるという点が大きいいですね。

リンクスは海岸・河岸に造られた平坦なコースを意味します。

ただ、全英オープンともなると、あるいはホールを遮る林がないので、風が吹きすさび、さらに草が長く生えそろったブッシュや壁がそそり立つポット・バンカーなどひとつ落とし所を間違えると大変なハザードが待ち構えていて、ゴルフの難しさが凝縮されたようなコースが選ばれます。

そんな厳しい全英オープンのまずは、今年の日程からみていきましょう!

全英オープンゴルフ2018の日程は?

今年の全英オープンは、7月19日(木)~22日(日)までの4日間に渡って開催されます。

19日(木)と20日(金)が予選ラウンド、さらに上位70位タイまでの選手が21日(土)と22日(日)が決勝ラウンドに進みます。

連日朝から夕方までプレーが行われますが、日本とイギリスの時差は現在サマータイム実施中で、日本が8時間進んでいます。

ですので、日本時間では夕方から深夜遅くにかけて、ということになりますね。

全英オープンゴルフ2018の放送は(地上波編)?

全英オープンは地上波でテレビ朝日が毎年生中継してきました。今年も6月の全米オープンゴルフとともにメジャー大会の中継をすでに発表しています。

全英オープンゴルフの放送スケジュールは以下の通りです。

第1日:7月19日(木)午後11:30~

第2日:7月20日(金)午後11:15~

第3日:7月21日(土)午後11:15~

第4日:7月22日(日)午後10:00~

そして、放送体制ですが、解説が青木功プロと丸山茂樹プロ、実況が森下桂吉アナウンサーと進藤潤耶アナウンサー、さらにゴルフキャスターの戸張捷さんとなります。

もはや、ゴルフファンにとってはお馴染の顔触れですね。安心感が違います!(笑)

スポンサーリンク

全英オープンゴルフ2018の放送は(スカパー!編)?

そして、忘れてはならないのが、CS放送です。

地上波以上に圧倒的な放送時間と、そしてオンデマンドサービスにより外出先でもスマホなどで楽しめるのが、このCS放送ですね!

全英オープンゴルフ2018は、ゴルフ専門チャンネルの「ゴルフネットワーク」が放映権を持っており、こちらは「スカパー!」に加入すると視聴することができます。

(スカパー!のテレビやスマホなどでの視聴方法は、こちらか関連記事をご覧ください)

放送スケジュールは、以下の通りとなります。

第1日:7月19日(木)午後2:00~翌午前4:00【LIVE】 

     7月20日(金)午前6:00~午後2:30【録画】

第2日:7月20日(金)午後2:00~翌午前4:00【LIVE】 

     7月21日(土)午前6:00~午後5:00【録画】

第3日:7月21日(土)午後5:00~翌午前4:00【LIVE】※最大延長午前6:00まで 

     7月22日(日)午前8:00~午後4:00【録画】

第4日:7月22日(日)午後4:00~翌午前3:00【LIVE】※最大延長午前7:00まで 

     7月23日(月)午前9:00~午後8:00【録画】

これだけの充実した放送時間ですので、地上波では見られないようなシーンもLIVE中継で楽しむことができますよね!

さらにスカパー!ではオンデマンドサービスも充実していますので、より深く、全英オープンゴルフを楽しみたい方には、スカパー!への加入をおすすめします!

(スカパー!のテレビやスマホなどでの視聴方法は、こちらか関連記事をご覧ください)

全英オープンゴルフ2018の賞金額は?

全英オープンは今年147回目となり、メジャーの中でも最も歴史があります。これだけの権威と規模を誇る大会ですから、当然賞金額も桁外れです。

今年の優勝賞金は189万ドルなので、約21,000万円です。

例えば、私がよく見る日本の女子のレギュラーツアーなどでは1500万円程度のトーナメントが多いので、いかにすごい金額か分かっていただけると思います。

そして、賞金総額は1,050万ドルなので、約117000万円です。

これは今年のマスターズとほぼ同様の賞金額ということになります。賞金額は年々加算されてきていますので、今年もほぼ過去最高額ということになるでしょう。

全英オープンゴルフ2018の開催コースは

全英オープンは毎回オーガスタ・ナショナルゴルフクラブで行われるマスターズと異なり、毎年コースが変わります。

今年は、スコットランドのアンガスにある、「カーヌスティ・ゴルフリンクス」のチャンピオンコースで開催されます。

カーヌスティはセントアンドリュースほどの知名度はないかもしれませんが、全英オープンゴルフの開催は今年で8回目を数える、世界の名門コースのひとつですね。

他のリンクスにはない、「バリー・バーン」と呼ばれる小川が流れており、これが一段とコースの難易度を高めています。

名物ホールは最終18番ですね。

左側がずっとOBゾーンになっていて、このバリー・バーンが右側からグリーンの手前にかけて流れており、左右どちらにもミスできない、正確なショットが求められる厳しいホールです。

この18番ホールは必ず中継でも登場しますから、ぜひ注目してみてください!

全英オープンゴルフ2018のペアリングは

世界中から精鋭たちが集うメジャー大会は当然、ペアリングが大注目ですね!一緒に回る選手との相性などもあり、このペアリング次第で、結果も大きく変わってきます。

日本人も松山英樹をはじめ、10選手が今回全米オープンゴルフに挑みますので、ペアリングが気になるところです。

ペアリングは、初日の2日前くらいには発表されると思うので、ここに追記しますね!

※7/19追記(第1日と第2日のペアリング発表に伴い、日本人選手を中心に注目組を記載)

第1日:08:03(日本時間16:03)、第2日:13:04(同21:04) フィル・ミケルソン(アメリカ)、小平智(日本)、ラファエル・カブレラ・ベロ(スペイン)

第1日:08:14(日本時間16:14)、第2日:13:15(同21:15) ブライアン・ハーマン(アメリカ)、池田勇太(日本)、アンドリュー・ランドリー(アメリカ)

第1日:08:36(日本時間16:36)、第2日:13:37(同21:37) スチュワート・シンク(アメリカ)、ブランドン・ストーン(南アフリカ)、谷原秀人(日本)

第1日:08:47(日本時間16:47)、第2日:13:48(同21:48) ゲーリー・ウッドランド(アメリカ)、宮里優作(日本)、カン・スン(韓国)

第1日:11:04(日本時間19:04)、第2日:16:05(同00:05) 市原弘大(日本)、リース・イーノック(ウェールズ)、マーカス・アルミテージ(イングランド)

第1日:13:04(日本時間21:04)、第2日:08:03(同16:03) ダスティン・ジョンソン(アメリカ)、アレックス・ノレン(スウェーデン)、チャーリー・ホフマン(アメリカ)

第1日:13:26(日本時間21:26)、第2日:08:25(同午後16:25) ジャスティン・トーマス(アメリカ)、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)、ブランデン・グレイス(南アフリカ)

第1日:13:37(日本時間21:37)、第2日:08:36(同16:36) ジェイソン・デイ(オーストラリア)、秋吉翔太(日本)、リー・ハオトン(中国)

第1日:14:04(日本時間22:04)、第2日:09:03(同17:03) 時松隆光(日本)、チェズ・リアビ(アメリカ)、マイケル・キム(アメリカ)

第1日:15:21(日本時間23:21)、第2日:10:20(同18:20) タイガー・ウッズ(アメリカ)、松山英樹(日本)、ラッセル・ノックス(スコットランド)

第1日:15:43(日本時間23:43)、第2日:10:42(同18:42) ライアン・アーマー(アメリカ)、エイブラハム・アンサー(メキシコ)、川村昌弘(日本)

第1日:16:05(日本時間00:05)、第2日:11:04(同19:04) ブレッド・ラムフォード(オーストラリア)、小林正則(日本)、ジャック・シニア(イングランド)

※7/21追記(第3日のペアリング発表に伴い、日本人選手を中心に注目組を記載)

09:45(日本時間17:45) 宮里優作(日本)、タイレル・ハットン(イングランド)

11:10(同19:10)          川村昌弘(日本)、ジュバンカー・シャルマ(インド)

12:10(同20:10)         池田勇太(日本)、小平智(日本)

13:15(同21:15)        ショーン・ノリス(南アフリカ)、タイガー・ウッズ(アメリカ)

15:40(同23:40)        ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ザンダー・シャウフェレ(アメリカ)

15:50(同23:50)        パット・ペレス(アメリカ)、トミー・フリートウッド(イングランド)

16:00(同00:00)        ケビン・キスナー(アメリカ)、ザック・ジョンソン(アメリカ)

※7/22追記(第3日のペアリング発表に伴い、日本人選手を中心に注目組を記載)

09:55(日本時間17:55) 川村昌弘(日本)、サム・ロック(スコットランド)

10:25(同18:25)          池田勇太(日本)、アダム・ハドウィン(カナダ)

12:30(同20:30)          小平智(日本)、トービヨン・オルセン(デンマーク)

13:15(同21:15)          宮里優作(日本)、エリック・ヴァン・ローエン(南アフリカ)

14:25(同22:25)          タイガー・ウッズ(アメリカ)、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)

14:35(同22:35)          ケビン・チャペル(アメリカ)、ケビン・キスナー(アメリカ)

14:45(同22:45)          サンダー・シャウフェレ(アメリカ)、ジョーダン・スピース(アメリカ)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、全英オープンゴルフ2018について、日程や放送時間、さらに賞金額、コース、ペアリングなどをまとめてみました。

メジャートーナメントの中でも一番の歴史と権威を誇る全英オープンは選手であれば、誰でも取りたいタイトルでしょう。

世界中から一流プレーヤーが集い、それらの選手が厳しいコースコンディションの中でどう戦っていくのか、どう攻略していくのか、いまから楽しみで仕方がありません!

日本人も松山英樹選手を筆頭にぜひ活躍をみせてほしいですね!

【関連記事】

全英オープンゴルフ2018の動画中継の無料視聴方法まとめ!ネットで見逃し配信はある?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です