" /> バドミントン香港オープン2018の日程や放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントン香港オープン2018の日程や放送は?速報・結果や組み合わせも!

ツアーファイナルズ出場に向けた最後の戦いが繰り広げられます!

11月13日(火)から香港でバドミントン香港オープン2018が行われます。

香港オープン2018は世界バドミントン連盟(BWF)の定めるレベルが「スーパー500」となり、ワールドツアーの中ではそこまで上位のカテゴリーではありません。

ただ、12月に行われる今年の王座決定戦、ツアーファイナルズの出場権をかけた最後の戦いとなることから、当落線上にいる選手にとっては、年間の中でもとりわけ大事な試合となるでしょう。

日本勢では、やはり女子ダブルスの世界ランキング1位の福島由紀・廣田彩花ペア、世界ランキング2位の高橋礼華・松友美佐紀ペアのどちらが出場権を得るのか、が大注目ですよね!

それ以外にも日本、中国に加え、インドネシア、韓国、さらに地元香港を加えた代表選手により各種目で激しい戦いが繰り広げられそうです!

今回はバドミントン香港オープン2018について、

  • 日程
  • 放送予定
  • 組み合わせ
  • 試合速報・結果

などの情報をまとめていきます。

※11/18追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/17追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/16追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/15追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/14追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※11/13追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

【関連記事】

バドミントン香港オープン2018の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?

スポンサーリンク

バドミントン香港オープン2018の日程や放送は?速報・結果や組み合わせも

バドミントンの日本代表のここ最近の活躍はすさまじく、今年はトマス杯、ユーバー杯といった国別対抗戦に加え、8月の世界バドミントン、アジア大会とほとんどの大会の各競技で日本の選手がトップを争ってきました。

これまでは中国やインドネシアなど世界トップの牙城を崩せなかった日本が確実に世界の頂点に上り詰めようとしている、バドミントンはまさにその過程にあります。

今年のワールドツアーでは各大会・各種目で日本人選手が優勝争いを繰り広げ、バドミントンファンにとっては、熱い一年になりましたね!

これだけコンスタントに各大会で日本人の優勝者が出るなんて、本当に数年前からすれば夢のようです。

そんな一年の締めくくりとして、ツアーファイナルズには一人、一ペアでも多くの日本人選手に出場してほしいですよね!

では、そんな大事な香港オープン2018のまずは日程からみていきましょう!

(大会が始まったら、速報・結果と順番を入れ替えます)

バドミントン香港オープン2018の試合速報・結果は?

大会が始まったら、日本代表の試合を中心に試合速報・結果をここにまとめます。随時更新していきます!

※11/18追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

決勝

SON Wan Ho [6](韓国) 2-1 西本 拳太 [8](●)

21-14 21-17 21-13

西本拳太は準優勝!

<男子ダブルス>

決勝

Marcus Fernaldi GIDEON [1]                 園田 啓悟 [4]
Kevin Sanjaya SUKAMULJO(インドネシア)  2-0   嘉村 健士(●)

21-13 21-12

園田啓悟/嘉村健士ペアは準優勝!

<女子シングルス>

決勝

奥原 希望 [7](○) 2-0 Ratchanok INTANON [6](タイ)

21-19 24-22

奥原希望が優勝!

<女子ダブルス>

決勝

福島 由紀 [1]         LEE So Hee [7]
廣田 彩花(○)  2-0  SHIN Seung Chan(韓国)

21-18 21-17

福島由紀/廣田彩花ペアが優勝!

<混合ダブルス>

決勝

渡辺 勇大 [7]         WANG Yilyu
東野 有紗(○)  2-0    HUANG Dongping(中国)

21-18 21-14

渡辺勇大/東野有紗ペアが優勝!

※11/17追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

準決勝

桃田 賢斗 [1](●) 1-2 SON Wan Ho [6](韓国)

21-18 16-21 19-21

西本 拳太 [8](○) 2-0 LEE Cheuk Yiu [Q] (香港)

21-18 21-12

<男子ダブルス>

準決勝

園田 啓悟 [4]       Fajar ALFIAN [8] 
嘉村 健士 (○) 2-0    Muhammad Rian ARDIANTO(インドネシア)

24-22 21-15

<女子シングルス>

準決勝

TAI Tzu Ying [1] (台湾) 0-1 奥原 希望 [7](○)

12-21 リタイア 1-3

<女子ダブルス>

準決勝

福島 由紀 [1]         Greysia POLII [4]
廣田 彩花(○)   2-1  Apriyani RAHAYU(インドネシア)

20-22 21-9 21-12

LEE So Hee [7]              米元 小春 [6] 
SHIN Seung Chan(韓国) 2-0    田中 志穂(●)

21-16 21-12

<混合ダブルス>

準決勝

渡辺 勇大 [7]       LEE Yang
東野 有紗(○)  2-0    HSU Ya Ching(台湾)

21-11 21-10

※11/16追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

準々決勝

桃田 賢斗 [1](○) 2-1 Jonatan CHRISTIE(インドネシア)

22-24 21-9 21-9

西本 拳太 [8](○) 2-0 KIDAMBI Srikanth [4](インド)

21-17 21-13

<男子ダブルス>

準々決勝

HE Jiting          園田 啓悟 [4]
TAN Qiang(中国) 0-2 嘉村 健士(○)

18-21 18-21

<女子シングルス>

準々決勝

Pornpawee CHOCHUWONG(タイ) 1-2 奥原 希望 [7](○)

12-21 21-16 6-21

Ratchanok INTANON [6](タイ) 2-0 山口 茜 [2](●)

21-9 21-16

<女子ダブルス>

準々決勝

福島 由紀 [1]         Della Destiara HARIS
廣田 彩花(○) 2-0 Rizki Amelia PRADIPTA(インドネシア)

21-15 21-19

米元 小春 [6]         髙橋 礼華 [2]
田中 志穂(○)  2-0    松友美佐紀(●)

21-17 21-18

<混合ダブルス>

準々決勝

保木 卓朗 [Q]        渡辺 勇大 [7] 
永原和可那(●)  0-2  東野 有紗(○)

13-21 19-21

※11/15追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

ラウンド16

桃田 賢斗 [1](○) 2-1 常山 幹太

17-21 21-17 21-16

Kantaphon WANGCHAROEN(タイ) 1-2 西本 拳太 [8](○)

21-16 6-21 13-21

<男子ダブルス>

ラウンド16

保木 卓朗      HE Jiting
小林 優吾(●) 0-2 TAN Qiang(中国)
20-22 15-21

井上 拓斗      園田 啓悟 [4]
金子 祐樹(●) 0-2 嘉村 健士(○)
19-21 19-21

<女子シングルス>

ラウンド16

奥原 希望 [7](○) 2-0 Gao Fangjie(中国)

21-17 21-9

HAN Yue(中国) 0-2 山口 茜 [2](○)
19-21 11-21

<女子ダブルス>

ラウンド16

福島 由紀 [1]      DONG Wenjing
廣田 彩花(○) 2-1 FENG Xueying(中国)

21-17 16-21 21-14

Chayanit CHALADCHALAM       米元 小春 [6]
Phataimas MUENWONG(タイ) 1-2 田中 志穂(○)
13-21 21-16 21-23

CHANG Ye Na          髙橋 礼華 [2]
JUNG Kyung Eun(韓国) 0-2 松友美佐紀(○)

14-21 22-24

<混合ダブルス>

ラウンド16

小林 優吾        保木 卓朗 [Q]
米元 小春(●) 1-2 永原和可那(○)

12-21 21-16 14-21

渡辺 勇大 [7]       HE Jiting
東野 有紗(○) 2-0 DU Yue(中国)

21-17 21-12

※11/14追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

ラウンド32

桃田 賢斗 [1](○) 2-1 Lin Dan(中国)
21-19 12-21 21-15

常山 幹太(○)2-1 Ihsan Maulana Mustofa(インドネシア)
6-21 21-13 21-16

Jonatan Christie(インドネシア) 2-0 坂井 一将(●)
21-16 21-13

Lucas CORVEE [Q] (フランス) 1-2 西本 拳太 [8](○)
18-21 21-11 17-21

<男子ダブルス>

ラウンド32

Marcus Fernaldi Gideon [1]          遠藤 大由
Kevin Sanjaya Sukamuljo(インドネシア) 2-0 渡辺 勇大(●)
21-14 21-15

Ong Yew Sin         保木 卓朗
Teo Ee Yi(マレーシア) 0-2 小林 優吾(○)
20-22 13-21

Yonny CHUNG [Q]      井上 拓斗
TAM Chun Hei(香港) 1-2 金子 祐樹(○)
13-21 21-12 17-21

Berry Angriawan             園田 啓悟 [4]
Hardianto Hardianto(インドネシア) 0-2 嘉村 健士(○)
10-21 14-21

<女子シングルス>

ラウンド32

奥原 希望 [7](○) 2-0 Soniia Cheah(マレーシア)
23-21 21-18

川上紗恵奈(●) 0-2 Gao Fangjie(中国)
リタイア

髙橋沙也加(●) 1-2 Cai Yanyan(中国)
21-17 13-21 19-21

Sung Ji Hyun(韓国) 2-0 大堀 彩(●)
21-10 21-12

佐藤 冴香(●) 1-2 Ratchanok Intanon [6](タイ)
22-20 13-21 15-21

Saina Nehwal(インド) 1-2 山口 茜 [2](○)
21-10 10-21 19-21

<女子ダブルス>

ラウンド32

福島 由紀 [1]     LUI Lok Lok [Q]
廣田 彩花(○) 2-0 TSANG Hiu Yan(香港)
21-10 21-9

永原和可那        Du Yue
松本 麻佑 [5](●) 1-2 Li Yinhui(中国)
26-24 19-21 18-21

Puttita Supajirakul         福万 尚子
Sapsiree Taerattanachai(タイ) 2-1 與猶くるみ(●)
19-21 21-18 24-22

KIM Hye Jeong [Q]     米元 小春 [6]
KONG Hee Yong(韓国) 1-2 田中 志穂(○)
15-21 21-17 19-21

Ashwini Ponnappa       髙橋 礼華 [2]
Reddy N. Sikki(インド) 1-2 松友美佐紀(○)
21-18 10-21 8-21

※11/13追記(当日の試合速報・結果を記載)

<混合ダブルス>

ラウンド32

金子 祐樹 [PRQ]      小林 優吾
松友美佐紀(●)  1-2  米元 小春(○)

19-21 21-11 19-21

保木 卓朗 [Q]       Joachim Fischer 
永原和可那(○)  2-0 Alexandra Boje(デンマーク)

21-19 21-14

渡辺 勇大[7]         Tontowi Ahmad
東野 有紗(○) 2-0  Della Destiara Haris(インドネシア)

21-15 21-9

バドミントン香港オープン2018の日程は?

バドミントン香港オープン2018の競技種目ですが、男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5つとなります。

大会の開催期間は、11月13日(火)~11月18日(日)の6日間となります。

日程の詳細は、以下の通りです。

11月13日(火):各種目予選

11月14日(水):各種目1回戦

11月15日(木):各種目2回戦

11月16日(金):各種目準々決勝

11月17日(土):各種目準決勝

11月18日(日):各種目決勝

バドミントン香港オープン2018のテレビ放送予定は?

バドミントン香港オープン2018は地上波でのテレビ放送は行われません。

放送するのは、CS放送のスポーツ専門チャンネル「JSPORTS」で、そのスケジュール詳細は、以下の通りです。

11/16 (金)  19:25~25:30(※LIVE中継)

11/17 (土)  13:00~23:00(※LIVE中継)

11/18 (日)  16:00~22:00(※LIVE中継)

準々決勝以降をすべてLIVE中継で、しかも独占放送となります!ですので、香港オープンを楽しむには、必ず「JSPORTS」を視聴できるようにしておきましょう!

「JSPORTS」を視聴するには放映権を持つ「スカパー!」などに加入する必要がありますが、「スカパー!」は、申し込み後30分で視聴できるようになるので、今からでも加入は十分間に合います!

↓バドミントン香港オープン2018をテレビで視聴するにはこちらをクリック↓

こちらと関連記事「バドミントン香港オープン2018の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!)

バドミントン香港オープン2018組み合わせは?

上記の通り、バドミントン香港オープン2018は5種目で頂点が争われます。

組み合わせは以下の通りです。

男子シングルスの組み合わせはこちら

女子シングルスの組み合わせはこちら

男子ダブルスの組み合わせはこちら

女子ダブルスの組み合わせはこちら

混合ダブルスの組み合わせはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントン香港オープン2018について、日程、放送予定、組み合わせ、試合速報・結果などについて、まとめました。

香港オープンは、12月のツアーファイナルズを控えたバドミントンワールドツアーのレギュラー大会の最終戦となります。

特に今年は日本人選手の活躍が目立った年なので、ツアーファイナルズ出場権をかけた日本人選手の熱い戦いが、この香港オープンで展開されることになりますね。

そんな大会の準々決勝以降を独占放送するのが、スポーツ専門チャンネルの「JSPORTS」です!

この「JSPORTS」を視聴するには放映権を持つ「スカパー!」などに加入する必要がありますが、「スカパー!」は、申し込み後30分で視聴できるようになるので、今からでも加入は十分間に合います!

では、日本代表選手の健闘を祈って、大会を見守りたいと思います!

こちらと関連記事「バドミントン香港オープン2018の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!)

【関連記事】

バドミントン香港オープン2018の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です