" /> ジャパンオープン2018バドミントンの日程や放送は?速報・結果やチケット・組み合わせも

ジャパンオープン2018バドミントンの日程や放送は?速報・結果やチケット・組み合わせも

世界を舞台に大活躍した選手が日本の凱旋試合に帰ってきます!

最高レベルの国際バドミントン大会、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018バドミントン選手権大会の開催が迫ってきました。

今回で37回目となるジャパンオープンは各競技で世界ランキング上位の選手がほとんど参加する世界でも有数の大会となり、そのレベルもBWFワールドツアーの「スーパー750」に格上げされました。

何といってもその世界のトップにいるのが、日本の各選手なのが嬉しいですよね!

あの選手やこの選手、みたい選手がいっぱいいると思いますが、日本で行われる大会なので、時差を気にせずテレビで見るもよし、現地で見るもよし、です。

会場が住んでいるところにわりと近いので、私も足を運ぶ予定です。

今回はジャパンオープン2018バドミントンについて、

  • 日程
  • 放送予定
  • チケット
  • 組み合わせ
  • 試合速報・結果

などの情報をまとめていきます。

※9/16追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※9/15追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※9/14追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※9/13追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※9/12追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※9/11追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※9/10追記(ドロー決定に伴い、本文中に組み合わせを記載)

【関連記事】

ジャパンオープン2018バドミントンの動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?

男子シングルス決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

女子シングルス決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

女子ダブルス決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

男子シングルス準決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

女子シングルス準決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

女子ダブルス準決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

混合ダブルス準決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

ジャパンオープン2018バドミントン男子シングルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

ジャパンオープン2018バドミントン男子ダブルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

ジャパンオープン2018バドミントン女子シングルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

ジャパンオープン2018バドミントン女子ダブルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

ジャパンオープン2018バドミントン混合ダブルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

スポンサーリンク

ジャパンオープン2018バドミントンの日程や放送は?速報・結果やチケット・組み合わせも

バドミントンの日本代表のここ最近の活躍はすさまじく、今年はトマス杯、ユーバー杯といった国別対抗戦に加え、8月の世界バドミントン、アジア大会とほとんどの大会の各競技で日本の選手がトップを争ってきました。

特に世界バドミントンでは、男子シングルスで桃田賢斗選手が金メダルに輝き、女子ダブルスでは金銀銅を独占するなど、過去最高の6個のメダルを獲得しました。

これまでは中国やインドネシアなど世界トップの牙城を崩せなかった日本が確実に世界の頂点に上り詰めようとしている、バドミントンはまさにその過程にあります。

今回のジャパンオープンはそんな日本代表の凱旋試合でもあり、ぜひその雄姿を目に焼き付けておきたいですね。

では、まず日程からみていきましょう!

(大会が始まったら、速報・結果と順番を入れ替えます)

ジャパンオープン2018バドミントンの試合速報・結果は?

大会が始まったら、日本代表の試合を中心に試合速報・結果をここにまとめます。随時更新していきます!

※9/16追記(当日の試合速報・結果を記載)

女子シングルス 決勝

奥原希望[8](●) 1-2 Calolina Marine[6]

19-21 21-17 11-21

奥原希望選手はフルセットの末、惜しくも準優勝!

女子ダブルス 決勝

福島 由紀[1]              Chen Qingchen [3]
廣田 彩花(○)  2-0  Jia Yifan(中国)

21-15 21-12

”フクヒロペア”が昨年のこの大会ベスト4どまりの雪辱を果たし初優勝!

男子シングルス 決勝

桃田賢斗 [3](○) 2-0  khosit phetpradab(タイ)

21-14 21-11

桃田賢斗選手が日本人としてこの大会この種目で初優勝!

※9/15追記(当日の試合速報・結果を記載)

女子ダブルス 準決勝

福島 由紀[1]           Greysia Polii [4]
廣田 彩花 (○)  2-0  Apriyani Rahayu(インドネシア)

21-12 21-18

男子シングルス 準決勝

Viktor Axelsen[1](デンマーク) 0-2 桃田賢斗 [3](○)

18-21 11-21

混合ダブルス 準決勝

渡辺勇大        Wang Yilyu [2] 
東野有紗(●) 0-2 Huang Dongping(中国)

15-21 17-21

女子シングルス 準決勝

奥原希望[8](○) 2-0 大堀 彩

21-12 21-12

※9/14追記(当日の試合速報・結果を記載)

男子シングルス 準々決勝

桃田賢斗 [3](○) 2-0 Lin Dan(中国)

21-8 21-10

男子ダブルス 準々決勝

保木 卓朗       He Jiting(中国)
小林 優吾(●) 1-2 Tan Qiang

21-18 19-21 15-21

女子シングルス 準々決勝

Chen Xiaoxin(中国) 0-2 奥原 希望 [8](○)

17-21 16-21

Gao Fangjie(中国) 0-2 大堀 彩(○)

14-21 12-21

Chen Yufei[5](中国) 2-1 山口 茜 [2](●)

21-13 15-21 21-15

女子ダブルス 準々決勝

福島 由紀[1]        Jongkolphan Kititharakul [6]  
廣田 彩花 (○) 2-0  Rawinda Prajongjai(タイ)

21-12 21-7

永原 和可那          Du Yue
松本 麻佑 [8](●) 0-2    Li Yinhui(中国)

16-21 10-21

混合ダブルス 準々決勝

保木卓朗          渡辺勇大
米元小春(●)    0-2    東野有紗(○)

9-21 12-21

※9/13追記(当日の試合速報・結果を記載)

男子シングルス ラウンド16

Victor Axelsen[1](デンマーク) 2-0 西本拳太(●)

21-13 21-17

桃田賢斗 [3](○) 2-0 Rasmus Gemke(デンマーク)

21-16 21-18

男子ダブルス ラウンド16

保木 卓朗        Berry Angriawan(インドネシア)
小林 優吾(○) 2-0 Hardianto Hardiianto

21-17 21-13

園田啓悟 [3]          Kim Won Ho
嘉村健士(●) 1-2    Seo Seung Jae(韓国)

21-16 18-21 18-21

女子シングルス ラウンド16

奥原 希望 [8](○) 2-0 佐藤 冴香

21-10 21-14

Lyanny Alessandra Mainaky(インドネシア) 0-2 大堀 彩(○)

11-21 14-21

Cai Yanyan(中国) 0-2 山口 茜 [2](○)

18-21 19-21

女子ダブルス ラウンド16

福島 由紀[1]             Chang Ye Na
廣田 彩花      (○)  2-1 Jung Kyung Eun(韓国)

21-17 15-21 21-9

櫻本 絢子         Greysia Polii[4]
髙畑 祐紀子(●)    1-2    Apriyani Rahayu(インドネシア)

21-14 16-21 10-21

志田 千陽        Tang Jinhua
松山 奈未(●) 1-2 Yu Xiaohan(中国)

20-22 21-19 10-21

新玉 美郷         Chen Qingchen [3]
渡邉 あかね(●) 0-2 Jia Yifan(中国)

19-21 16-21

永原 和可那         Maiken Fruergaard
松本 麻佑 [8](○) 2-0 Sara Thygesen(デンマーク)

21-17 21-13

Du Yue         髙橋 礼華 [2]
Li Yinhui(中国)2-1  松友 美佐紀(●)

12-21 27-25 21-11

混合ダブルス ラウンド32

Zheng Siwei [1]            金子祐樹
Huang Yaqiong(中国)  2-0  松友美佐紀(●)

21-18 21-14

保木卓朗        Hafiz Faizal [8] 
米元小春(○) 2-1 Gloria Emanuelle Widjaja(インドネシア)

19-21 21-15 21-14

渡辺勇大         Tang Chun Man [4]      
東野有紗(○) 2-1  Tse Ying Suet(香港)

21-14 15-21 21-16

※9/12追記(当日の試合速報・結果を記載)

男子ダブルス ラウンド32

Satwiksairaj Rankireddy     園田啓悟 [3] 
Chirag Shetty(インド) 0-2   嘉村健士(○)

12-21 17-21

遠藤 大由        Mohammad Ahsan
渡辺 勇大(●) 1-2 Hendra Setiawan(インドネシア)

17-21 22-20 17-21

井上拓斗 [7]       He Jiting
金子祐樹(●) 1-2 Tan Qiang(中国)

21-13 19-21 17-21

Liu Cheng [4]          保木 卓朗
Zhang Nan(中国) 0-2  小林 優吾(○)

14-21 18-21

女子ダブルス ラウンド32

Ekaterina Bolotova          永原 和可那
Alina Davletova(ロシア) 0-2 松本 麻佑 [8](○)

9-21 12-21

Tang Jinhua          米元 小春 [5]
Yu Xiaohan(中国) 2-0 田中 志穂(●)

21-17 21-10

Gabriela Stoeva            福万 尚子
Stefani Stoeva(ブルガリア) 2-1 與猶 くるみ(●)

15-21 21-11 21-9

Anggia Shitta Awanda(インドネシア)    新玉 美郷
Ni Ketut Mahadewi Istarani      0-2 渡邉 あかね(○)

16-21 18-21

Hsu Ya Ching        志田 千陽
Wu Ti Jung(台湾) 2-1 松山 奈未(○)

21-17 14-21 21-14

櫻本 絢子            Della Destiara Haris
髙畑 祐紀子(○) 2-1  Rizki Amelia Pradipta(インドネシア)

21-13 15-21 21-11

※9/11追記(当日の試合速報・結果を記載)

男子シングルス ラウンド32

LEE Cheuk Yiu(香港) 0-2 西本拳太(○)

16-21 10-21

桃田賢斗 [3](○) 2-0 Anders Antonsen(デンマーク)

21-9 21-10

Chou Tien Chen [5] 2-0 常山 幹太(●)

21-11 21-10

坂井 一将(●) 1-2 Son Wan Ho [4] (韓国)

17-21 21-15 22-20

女子シングルス ラウンド32

奥原 希望 [8](○) 1-0 Cheung Ngan Yi(香港)

21-13 13-12(リタイア)

佐藤 冴香(○) 2-0 Lee Chia Hsin(台湾)

21-7 21-11

Pusarla V. Sindhu [3](インド) 2-1 髙橋 沙也加(●)

21-17 7-21 21-13

Yip Pui Yin(香港) 0-2 大堀 彩(○)

14-21 10-21

川上 紗恵奈(●) 0-2 Carolina Marin [6] (スペイン)

7-21 12-21

三谷 美菜津(●) 1-2 Ratchanok Intanon [4] (タイ)

21-17 9-21 15-21

Pai Yu Po(台湾) 0-2 山口 茜 [2](○)

18-21 12-21

女子ダブルス ラウンド32

福島 由紀 [1] シードで次ラウンドへ
廣田 彩花

髙橋 礼華 [2] シードで次ラウンドへ
松友 美佐紀

混合ダブルス ラウンド32

Lu Ching Yao             金子 祐樹
Hu Ling Fang(台湾) 0-2 松友 美佐紀(○)

21-23 15-21

保木卓朗       Niclas Nohr(デンマーク)
米元小春(○) 2-0  Sara Thygesen

21-10 21-15

渡辺勇大 シードで次ラウンドへ      
東野有紗

ジャパンオープン2018バドミントンの日程は?

ジャパンオープン2018バドミントンの競技種目ですが、男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5つとなります。

大会の開催期間は、9月11日(火)~9月16日(日)の6日間となります。

日程の詳細は、以下の通りです。

9月11日(火):各種目1回戦

9月12日(水):各種目1回戦

9月13日(木):各種目2回戦

9月14日(金):各種目準々決勝

9月15日(土):各種目準決勝

9月16日(日):各種目決勝

スポンサーリンク

ジャパンオープン2018バドミントンのテレビ放送予定は?

ジャパンオープン2018バドミントンのテレビ放送は地上波でテレビ朝日系列24局ネット、BSでBS朝日、CSでスポーツ専門チャンネル「JSPORTS」が中継します。

そのスケジュール詳細は、以下の通りです。

9/11 (火)  09:50~16:30 J SPORTS3

9/12 (水)  09:55~16:30   J SPORTS3

9/13 (木)    09:55~17:30   J SPORTS3

9/14 (金)    09:55~19:00   J SPORTS3

9/15 (土)    15:00~16:25   テレビ朝日系列24局ネット

        16:25~17:55   BS朝日

        21:30~26:30   J SPORTS1

9/16 (日)     07:00~11:00  J SPORTS1

                  13:55~15:20  テレビ朝日系列24局ネット

                  15:20~16:54  BS朝日(最大19:30まで延長)

                  19:00~26:00 J SPORTS2

地上波とBSでも準決勝と決勝の放送はされますが、この時間ではすべての試合の初めから終わりまで中継するのは難しいでしょう。

特に今大会は各種目の準決勝、決勝が同日に行われることから、仮に日本人選手が上位に進出した場合、その雄姿を見逃す可能性が高くなります。

ですので、圧倒的な放送時間を予定している「JSPORTS」での視聴がおすすめです!

「JSPORTS」を視聴するには「スカパー!」などに加入する必要がありますが、「スカパー!」は、申し込み後30分で視聴できるようになるので、今からでも加入は十分間に合います!

こちらと関連記事「ジャパンオープン2018バドミントンの動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!)

ジャパンオープン2018バドミントンのチケットは?

ジャパンオープン2018バドミントンは、今回から会場が再来年の東京オリンピックでバドミントン競技会場となる「武蔵野の森総合スポーツプラザ」に移ります。

すでにチケットは販売されていますが、まだ各席ともに日によっては余裕があるようなので、会場に足を運ばれる方は、早めにご購入ください。もちろん、当日券でのご購入も可能です。

チケットの区分など、詳細は以下の通りです。

9/11 (火)     プレミアムシート        前売り8,000円  当日10,000円

9/12 (水)       アリーナ席           前売り5,000円  当日6,000円 

9/13 (木)     アリーナサイド席        前売り4,000円    当日5,000円

                     スタンド席/一般         前売り2,500円    当日3,000円

                     スタンド席/高校生        前売り1,000円    当日1,500円

                     アフター5/スタンド席のみ    前売り1,000円    当日1,500円

9/14 (金)     プレミアムシート        前売り12,000円  当日15,000円

                    アリーナ席           前売り6,500円  当日8,000円 

                    アリーナサイド席        前売り6,000円    当日7,000円

                     スタンド席/一般         前売り3,500円    当日4,000円

                     スタンド席/高校生        前売り1,500円    当日2,000円

                     アフター5/スタンド席のみ    前売り2,000円    当日2,500円

9/15 (土)     プレミアムシート        前売り16,000円  当日20,000円

9/16 (日)     アリーナ席           前売り8,000円  当日10,000円 

                    アリーナサイド席        前売り6,500円    当日8,000円

                     スタンド席/一般         前売り4,000円    当日5,000円

                   スタンド席/小中高生       前売り2,500円    当日3,000円

 6日間通し券   スタンド席/一般のみ           前売り15,000円

※1 プレミアムシートは指定席で大会プログラム・記念品付き

※2 アリーナ席は指定席で大会プログラム付き

※3 アリーナサイド席は自由席で大会プログラム付き

※4 スタンド席は席は自由席

※5 アフター5チケットは11日(火)~14日(金)まで販売。各日17:00~入場可

チケットは以下のローソンチケットか、チケットストリートで購入可能です。

ローソンチケット

特にチケットストリートは掘り出し物が見つかる可能性もあるので、ぜひ以下のバナーからこまめにチェックしてみてください!

↓↓ジャパンオープン2018バドミントンを観戦したい方は、こちらをクリック↓↓

ジャパンオープン2018バドミントンの組み合わせは?

上記の通り、ジャパンオープン2018バドミントンは5種目で頂点が争われます。

組み合わせが発表になったら、本記事に追記します。

※9/10追記(ドロー決定に伴い、本文中に組み合わせを記載)

男子シングルスの組み合わせはこちら

女子シングルスの組み合わせはこちら

男子ダブルスの組み合わせはこちら

女子ダブルスの組み合わせはこちら

混合ダブルスの組み合わせはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ジャパンオープン2018バドミントンについて、日程、放送予定、チケット、組み合わせ、試合速報・結果などについて、まとめました。

ジャパンオープン2018バドミントンはレベルがBWFワールドツアーの「スーパー750」に格上げされ、賞金総額も70万ドル(約7,700万円)に上乗せされました。

世界トップを争う日本で行われるワールドツアーにふさわしい舞台が整えられたかたちです。

他の競技であれば、注目の日本人選手を挙げたいところですが、バドミントンに限ってはすべての種目で世界のトップを争っているので、特定の選手を挙げるのが難しいですね。

それだけ充実した日本代表のおひざ元で行われる大会なので、理想は各種目で金メダルか銀メダルと期待してしまいますが、どうでしょうか?

では、楽しみに大会を待ちたいと思います!

こちらと関連記事「ジャパンオープン2018バドミントンの動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!)

【関連記事】

ジャパンオープン2018バドミントンの動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?

男子シングルス決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

女子シングルス決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

女子ダブルス決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

男子シングルス準決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

女子シングルス準決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

女子ダブルス準決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

混合ダブルス準決勝(ジャパンオープン2018バドミントン)の速報・結果は?放送も!

ジャパンオープン2018バドミントン男子シングルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

ジャパンオープン2018バドミントン男子ダブルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

ジャパンオープン2018バドミントン女子シングルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

ジャパンオープン2018バドミントン女子ダブルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

ジャパンオープン2018バドミントン混合ダブルス準々決勝の日程と放送は?速報も!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です