" /> フェルナンド・トーレス鳥栖でのデビュー初戦はいつ?移籍金や年棒も調査!

フェルナンド・トーレス鳥栖でのデビュー初戦はいつ?移籍金や年棒も調査!

またしてもJリーグに大物外国人の移籍が決定しましたね!

フェルナンド・トーレス選手のJリーグ、サガン鳥栖への移籍が本日“正式に”発表されました。

“正式に”と書いたのは5月末にJリーグが公式サイトでフライング発表し、一度白紙に戻ったかたちになってしまったからです。皆さんもよくご存じですよね?

今回は、トーレス選手の写真入りで、サガン鳥栖が正式に発表したので、間違いないようですね。

トーレス選手といえば、2010年南アフリカワールドカップ優勝時のスペイン代表のエースストライカーで、ヨーロッパの数々のビッグクラブを渡り歩いてきた、本物のスター選手です。

早くもJリーグのデビューが待ちきれませんね!

今回は、そんなトーレス選手のJリーグデビュー戦がいつになるのか、また移籍金や年棒がどれくらいになるのかなど、まとめてみました。

【関連記事】

イニエスタの神戸移籍は本当かデマか?移籍先候補や年俸・凄さなどの情報を整理!

スポンサーリンク

フェルナンド・トーレス鳥栖でのデビュー初戦はいつ?移籍金や年棒も調査!

フェルナンド・トーレス選手といえば、スペイン代表の黄金期を支えた、スター選手です。

スペイン代表では、通算110試合で38得点を記録、これはスペイン代表で歴代3位の記録となっています。

代表だけでなく、クラブチームでの成績もすごいですね!イングランド・プレミアリーグのリヴァプール在籍時は、公式戦142試合で81得点を記録、チェルシーでは国内のFAカップのほか、ヨーロッパ・チャンピオンズリーグの優勝も経験しています。

そんなトーレス選手とともに今期Jリーグへの移籍を決めたのが、ヴィッセル神戸のアンドレア・イニエスタ選手です。

どうしてもこの両選手は今後いろんな意味で比較されることになりそうですね!

フェルナンド・トーレス鳥栖でのデビュー初戦はいつ?

さて、そんなフェルナンド・トーレス選手の鳥栖でのJリーグデビューはいつになるのでしょうか?早くもチケット争奪戦が始まりそうな予感がしますね。

もちろんデビュー戦がいつとクラブが正式に発表はしないので、こちらから推測するしかありませんが、まず選手の登録期間がそのヒントになりそうです。

日本サッカー協会(JFA)は、国際サッカー連盟(FIFA)の規則に基づいて選手の登録期間を年に2回定めています。Jリーグの今年の登録期間は、以下の通りです。

  • 第1登録期間:2018年1月5日(金)~3月30日(金)
  • 第2登録期間:2018年7月20日(金)~8月17日(金)

となると、トーレス選手は最速で7月20日(金)付でJリーグへの登録が完了し、その週末の試合から出場できることになります。

この第2登録期間の開始後、鳥栖が対戦する3チームと日程は、以下の通りです。

7月22日(日)19:00キックオフ

J1リーグ第17節 ベガルタ仙台戦(ベストアメニティスタジアム)

7月28日(土)19:00キックオフ

J1リーグ第18節 ジュビロ磐田戦(ベストアメニティスタジアム)

8月1日(水)19:00キックオフ

J1リーグ第19節 清水エスパルス戦(IAIスタジアム日本平)

22日(日)と28日(土)にホームの試合が続くので、ここでデビューすると地元ファンがかなり盛り上がりそうですね!

そしてもう一つ楽しみなのが、神戸に移籍したイニエスタ選手との対決ですよね!

スペイン代表黄金期のスター選手同士が顔を合わせる、Jリーグのファンにとってはたまらない試合は、11月10日(土)のノエスタ(ノエビアスタジアム)で行われる神戸のホーム試合となります。

 

スポンサーリンク

フェルナンド・トーレスの鳥栖への移籍金は?

海外のスター選手の移籍をめぐっては、その巨額の移籍金が注目されますよね!

最近では100億円単位の、われわれでは想像もできないような金額が動きます。

となると、これだけ有名なフェルナンド・トーレス選手もかなりの移籍金がかかるとおもって調べてみると、意外な事実がわかりました!

トーレス選手は直前までスペインのアトレティコ・マドリードに所属していましたが、契約満了だったんですね。

もともと移籍金というのは、契約途中の移籍などの際に移籍先のチームが移籍元のチームにいわば、補填みたいに払う意味もあるので、今回の場合はそれに当てはまらないのです。

つまり、移籍金はゼロ、なんです!

これは大きいですね。言い換えれば、だからこそ鳥栖が買えたとも言えますが。

フェルナンド・トーレスの年棒は?

となると、あと気になるのは年棒ですね。

同じく今年Jリーグに移籍した神戸のイニエスタ選手は32億円とも言われています。さて、フェルナンド・トーレス選手はどうなのでしょうか?

調べてみると、どうやら契約は1年半、年棒は8.5億円のようですね。

サッカーのお金にまつわる話をすると、間隔が麻痺してきますが、イニエスタ選手の額を見てしまっているので、若干お値打ちな感じがします。

もちろん冷静になってみると、とんでもない額ですが、全盛期に比べればかなりこの年棒は下がっているのでしょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はJリーグ、サガン鳥栖への移籍が決まったスペインのフェルナンド・トーレス選手のデビュー戦がいつかや、移籍金、年棒などについて、まとめてみました。

Jリーグに世界的な選手が同じ時期に2人も揃うというのは、これはファンにとってはたまらないですね!

個人的に神戸や鳥栖のファンが正直、うらやましくもあります。

トーレス選手は甘いマスクでも人気の選手なので、Jリーグの女性ファンの底上げにもつながるかもしれませんね。

いずれにしてもデビュー戦が待ちきれません!!

【関連記事】

イニエスタの神戸移籍は本当かデマか?移籍先候補や年俸・凄さなどの情報を整理!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です