" /> 卓球グランドファイナル2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手さらに組み合わせも!

卓球グランドファイナル2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手さらに組み合わせも!

伊藤美誠選手の再びの快進撃はあるのでしょうか!

卓球グランドファイナル2018が12月13日(木)から韓国・仁川で行われます。

卓球グランドファイナルは各種目の今年の年間獲得ポイント上位選手のみ出場できる、いわば世界のトップオブトップ決める、卓球界で最も栄えある舞台と言えるでしょう。

その舞台に今年も日本人選手が全種目で出場することになりそうです!

決戦の地、韓国・仁川に世界最高峰の選手のみが集まり、毎試合がハイレベルの目が離せない大会となることから、卓球ファンとしては楽しみでたまりませんね!

今回は卓球グランドファイナル2018について、

  • 日程
  • 放送予定
  • 出場選手(日本代表選手)
  • 組み合わせ
  • 試合速報・結果

などの情報をまとめていきます。

※12/15追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/14追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/13追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/12追記(ドローの結果を受け、組み合わせを本文中に記載)

※12/12追記(放送予定発表に伴い、その内容を本文中に記載)

【関連記事】

卓球グランドファイナル2018の動画中継の格安視聴方法!見逃し配信は?

スポンサーリンク

卓球グランドファイナル2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手さらに組み合わせも!

日本の卓球は2016年のリオデジャネイロオリンピックで、水谷準選手が男子個人種目で初めて日本人でメダルを獲得し、女子では平野美宇選手が2017年のアジア選手権で絶対王者の中国選手を相次いで破って優勝するなど、男女ともに世界のトップレベルで戦っています。

そして、今年のワールドツアーで鮮烈な印象を残したのが、伊藤美誠選手です!

10月下旬~11月上旬に開催されたスウェーデンオープン2018での女子シングルスで、準々決勝、準決勝、決勝と中国の主力選手を次々と撃破して優勝するという、卓球史に名を残す偉業を達成しました!

ちょっと大げさかもしれませんが、自分が生きている間にこんな選手がみられるなんて、思いもしませんでした!

そんな衝撃を残した伊藤選手以外にも、男子の張本智和選手など若手がワールドツアーという世界を相手にした舞台で躍動した一年でしたね。

そんな1年の締めくくりとなる卓球グランドファイナル2018について、まず日程からみていきましょう!

(大会が始まったら、速報・結果と順番を入れ替えます)

卓球グランドファイナル2018の試合速報・結果は?

大会が始まったら、日本代表の試合を中心に試合速報・結果をここにまとめます。随時更新していきます!

※12/16の試合予定

<男子シングルス>

決勝

張本 智和 vs LIN Gaoyuan (中国)

※12/15追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

準決勝

張本 智和(○) 4-0 Hugo CALDERANO(ブラジル)

水谷 隼(●) 0-4 LIN Gaoyuan (中国)

準々決勝

張本 智和(○) 4-1 JABG Woojin(韓国)

水谷 隼(○) 4-2 LIANG Jingkun(中国)

<女子シングルス>

準々決勝

石川 佳純(●) 3-4 HE Zhuojia(中国)

※12/14追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

1回戦

水谷 隼(○) 4-0 LIU Dingshuo(中国) ※棄権

丹羽 孝希(●) 0-4 FAN Zhendong(中国)

大島 祐哉(●) 3-4 CALDERANO Hugo(ブラジル)

<男子ダブルス>

準々決勝

森薗 政崇 / 大島 祐哉(●) 1-3 HO / WONG(中国)

<女子シングルス>

1回戦

佐藤 瞳(●) 1-4 ZHU Yuling(中国) 

芝田 沙季(●) 1-4 DING Ning(中国)

<女子ダブルス>

準決勝

伊藤 美誠 / 早田 ひな 3-2 JEON / YANG(韓国)

<混合ダブルス>

準決勝

森薗 正崇 / 伊藤 美誠(●) 2-3 WONG・DOO(香港)

※12/13追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子シングルス>

1回戦

張本 智和(○) 4-1 FRANZISKA Patrick(ドイツ)

<男子ダブルス>

準々決勝

森薗 政崇 / 大島 祐哉 3-0 E0CSEKI / SZUDI(ハンガリー)

<女子シングルス>

1回戦

石川 佳純(○) 4-1 平野 美宇(●)

伊藤 美誠(●) 3-4 CHENG I-Ching(台湾)

<女子ダブルス>

準々決勝

伊藤 美誠 / 早田 ひな 3-0 LIU・ZHANG(中国)

橋本 帆乃香 / 佐藤 瞳 0-3 CHEN・WANGペア(中国)

<混合ダブルス>

準々決勝

吉村 真晴 / 石川 佳純(●)  2-3 JANG・CHA(韓国・北朝鮮)

森薗 正崇 / 伊藤 美誠(○) 3-1 LEE・JEON(韓国)

卓球グランドファイナル2018の日程は?

卓球グランドファイナル2018の競技種目ですが、男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5つとなります。

大会の開催期間は、12月13日(木)~12月16日(日)の4日間となります。

日程の詳細は、以下の通りです。

12月13日(木)

13:00~ 男子ダブルス準々決勝 / 女子ダブルス準々決勝 / 混合ダブルス準々決勝

19:00~ 男子シングルスラウンド16 / 女子シングルスラウンド16

12月14日(金)

10:00~ 男子ダブルス準決勝 / 女子ダブルス準決勝 / 混合ダブルス準決勝 /
              男子シングルスラウンド16 / 女子シングルスラウンド16

19:00~ 男子シングルス準々決勝 / 女子シングルス準々決勝

12月15日(土)

13:00~ 男子シングルス準々決勝 / 女子シングルス準々決勝 / 混合ダブルス決勝
              混合ダブルス表彰式

19:00~ 男子シングルス準決勝 / 女子シングルス準決勝

12月16日(日)

14:30~ 男子シングルス決勝 / 女子シングルス決勝 / 男子ダブルス決勝 / 女子ダブルス決勝
       男子シングルス表彰式 / 女子シングルス表彰式 / 男子ダブルス表彰式 / 女子ダブルス表彰式

スポンサーリンク

卓球グランドファイナル2018の放送予定は?

卓球グランドファイナル2018は地上波でのテレビ放送は行われません。

ただ、この大会は例年テレビ東京の公式サイト内で、1回戦~決勝までLIVE配信されているので、おそらく今大会もあるかと思います。

テレビ東京公式チャンネルはこちら

放送が正式に発表されたら、当記事に追記します!

※12/12追記(放送予定発表に伴い、その内容を記載)

テレビ東京が公式サイト内で、これまで同様1回戦~決勝までのLIVE配信を発表しました。

さらにBSテレ東でも12月16日(日)19:00~放送します。放送内容は明らかになっていませんが、おそらく決勝か日本人選手の試合を放送すると思われます。

これとは別にCS放送のスポーツ専門チャンネル「JSPORTS」が、12月19日(水)以降に録画放送を予定しています。

「JSPORTS」を視聴するには放映権を持つ「スカパー!」などに加入する必要がありますが、「スカパー!」は、申し込み後30分で視聴できるようになるので、今からでも加入は十分間に合います!

↓卓球グランドファイナル2018をテレビで視聴するにはこちらをクリック↓

こちらと関連記事「卓球グランドファイナル2018の動画中継の視聴方法!見逃し配信は?」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!)

卓球グランドファイナル2018の出場選手は?

上記の通り、卓球グランドファイナル2018はその年のツアーで上位の成績を収めた世界のトップ選手しか出場できない大会となっています。

シングルスは、ワールドツアーで獲得したポイントの上位15選手と開催国枠(韓国)1選手の計16選手、ダブルスは同じく上位7ペアと開催国枠1ペアの計8組となっています。

では、種目別に出場選手を紹介していきましょう!

<男子シングルス>

1 XU Xin             (中国)
2 FAN Zhendong         (中国)
3 MA Long            (中国)
4 LIANG Jingkun         (中国)
5 張本 智和         (日本)
6 JANG Woojin         (韓国)
7 LIN Gaoyuan           (中国) 
8 CALDERANO Hugo   (ブラジル) 
9 水谷 隼                    (日本)
10 FRANZISKA Patrick (ドイツ) 
11 LIM Jonghoon        (韓国) 
12 LEE Sangsu           (韓国)
13 WONG Chun Ting   (香港) 
14 LIU Dingshuo        (中国) 
15 丹羽 孝希               (日本)
16 BOLL Timo            (ドイツ) 

補欠

17 大島 祐哉       (日本)
18 PITCHFORD Liam   (イングランド)
19 吉村和弘      (日本)

<女子シングルス>

1 WANG Manyu    (中国)
2 石川 佳純       (日本)
3 LIU Shiwen             (中国)
4 伊藤 美誠                 (日本)
5 DING Ning              (中国)
6 CHEN Meng            (中国)
7 ZHU Yuling             (中国)
8 SUH Hyowon          (韓国)
9 CHENG I-Ching       (台湾)
10 CHEN Xingtong     (中国)
11 佐藤 瞳                 (日本)
12 HE Zhuojia           (中国)
13 平野 美宇              (日本)
14 SUN Yingsha        (中国)
15 FENG Tianwei       (シンガポール)
16 芝田 沙季              (日本)

補欠

17 JEON Jihee          (韓国)
18 DOO Hoi Kem  (香港)
19 WANG Yidi    (中国)

<男子ダブルス>

1 JEOUNG Youngsik / LEE Sangsu     (韓国)
2 森薗 政崇 / 大島 祐哉                          (日本)
3 MA Long / XU Xin                             (中国)
4 HO Kwan Kit / WONG Chun Ting        (香港)
5 LIAO Cheng-Ting / LIN Yun-Ju           (台湾)
6 JANG Woojin / LIM Jonghoon             (韓国)
7 CHEN Chien-An / CHUANG Chih-Yuan (台湾)
8 LAM Siu Hang / NG Pak Nam             (香港)

補欠
9 ECSEKI Nandor / SZUDI Adam           (ハンガリー)
10 張本 智和 / 木造 勇人                        (日本)
11 ACHANTA Sharath Kamal / GNANASEKARAN Sathiyan (インド)

<女子ダブルス>

1 早田 ひな / 伊藤 美誠             (日本)
2 CHEN Xingtong / SUN Yingsha        (中国)
3 JEON Jihee / YANG Haeun          (韓国)
4 CHEN Ke / WANG Manyu            (中国)
5 LIU Gaoyang / ZHANG Rui          (中国)
6 DOO Hoi Kem / LEE Ho Ching                     (香港)
7 橋本 帆乃香 / 佐藤 瞳                                   (日本)
8 NG Wing Nam / SOO Wai Yam Minnie          (香港)

補欠

9 CHENG Hsien-Tzu / LIU Hsing-Yin                (台湾)
10 BALAZOVA Barbora / MATELOVA Hana SVK(スロバキア/チェコ)
11 BATRA Manika / DAS Mouma                     (インド)

<混合ダブルス>

1 LEE Sangsu / JEON Jihee          (韓国)
2 JANG Woojin / CHA Hyo Sim         (韓国 / 北朝鮮)
3 CHEN Chien-An / CHENG I-Ching                (台湾)
4 LIM Jonghoon / YANG Haeun                      (韓国)
5 吉村 真晴 / 石川 佳純                                  (日本)
6 森薗 政崇 / 伊藤 美誠                                  (日本)
7 WONG Chun Ting / DOO Hoi Kem               (香港)
8 PISTEJ Lubomir / BALAZOVA Barbora         (スロバキア)

補欠

9 HO Kwan Kit / LEE Ho Ching                      (香港)
10 CHUANG Chih-Yuan / CHEN Szu-Yu          (台湾)
11 GAO Ning / YU Mengyu                           (シンガポール)

卓球グランドファイナル2018の組み合わせは?

卓球グランドファイナル2018のドローは12月1日(土)現在行われておらず、組み合わせは明らかになっていません。

ドローを受け、組み合わせが明らかになったら、当記事に追記します。

12/12追記(ドローの結果を受け、組み合わせを記載)

12月12日(水)にドローが行われ、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの計5種目の組み合わせが発表されました。

注目の女子シングルでは、石川佳純選手と平野美宇選手が1回戦でいきなり対決することになりました!

また、先日のスウェーデンオープンで中国選手を3連覇して優勝した伊藤美誠選手の1回戦の対手は、鄭怡静(台湾)となりました。

仮に準々決勝に進出した場合、芝田沙季選手と丁寧選手(中国)の勝者と対戦することになります。

注目の組み合わせ、トーナメント表は以下の通りです。

5種目の組み合わせ、トーナメント表はこちら

出典:ITTF公式ホームページ

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、卓球グランドファイナル2018について、日程、放送予定、出場選手、組み合わせ、試合速報・結果などについて、まとめました。

今大会の一番の注目はやはりスウェーデンオープンで快進撃をみせた伊藤美誠選手と中国人選手の再戦ですよね!

あれだけ衝撃的な敗戦を喫した中国ですが、連敗は許されないと相当な覚悟で今大会に挑んでくるはずです。

そんな対戦がみられるのか、すべてはドローにかかってくるわけで、早くもその結果が待ち切れません!

もちろん日本人でこの栄えある舞台に出場できる選手には、ぜひいい結果を残して、来シーズンにつなげてほしいです!

【関連記事】

卓球グランドファイナル2018の動画中継の格安視聴方法!見逃し配信は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です