" /> 【ロシアW杯】ベルギーvsイングランド(3位決定戦)の日程と放送時間は?対戦成績も

【ロシアW杯】ベルギーvsイングランド(3位決定戦)の日程と放送時間は?対戦成績も

ロシアワールドカップもいよいよ3位決定戦と決勝戦を残すのみとなりました!

準決勝の2試合が7月10日(火・現地時間)と11日(水・現地時間)に行われ、フランスとクロアチアが決勝、ベルギーとイングランドが3位決定戦に回ることになりました。

準決勝の2試合は観客を魅了するサッカーと勝つための現実的なサッカーが入り乱れた、ある意味ワールドカップの頂点を目指すにふさわしい試合展開となりました。

サッカーの面白さも、厳しさも凝縮されたような2試合でしたね。勝負の行方はその時々の試合展開によって左右されますが、ひとつ言えること、それは間違いなくハイレベルな試合を目の当たりにできている、ということです。

今回は、惜しくも決勝には勝ち上がれませんでしたが、世界の3位をかけ、毎回熱い戦いが繰り広げられる3位決定戦について、フォーカスしたいと思います。

3位決定戦を戦うのは、ともにヨーロッパのベルギーとイングランドです。攻撃陣に豊富なタレントを擁し、攻めのサッカーが持ち味のベルギーと若手主体ながら勢いに乗ってここまで勝ち上がってきたイングランドの3位決定戦は、打ち合いになる可能性も高く、絶対に見逃せません!

そこで、この一戦について、

  • 日程(日本時間)
  • 放送予定(日本時間)
  • 会場(スタジアム)
  • 対戦成績
  • 代表メンバー

などをまとめてみます!

【関連記事】

【ロシアW杯】フランスvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

【ロシアW杯】クロアチアvsイングランドの日程と放送の日本時間は?スタジアムなども

【ロシアW杯】決勝トーナメント表と日程・組み合わせは?放送局と放送時間も

【ロシアW杯】ブラジルvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

【ロシアW杯】決勝戦のスタメン(メンバー)を予想!会場や都市はどこ?

スポンサーリンク

【ロシアW杯】ベルギーvsイングランド(3位決定戦)の日程と放送の日本時間は?会場や対戦成績も

ベルギーは今大会世界ランキング3位で優勝候補として挑み、前評判通りの素晴らしい攻撃力を見せつけて勝ち上がってきました。中でもエデン・アザール選手は切れのあるドリブルと局面を打開する圧倒的な能力を見せつけてくれましたね。

イングランドもキャプテンのハリー・ケイン選手を中心に若手がチームの主体となり、これまで勝ち上がってきました。個々のタレントでは、ベルギーに敵いませんが、若手中心なので、3位決定戦では準決勝の悔しさを晴らすような攻撃的な試合を見せてくれるような気がしますね。

そんなベルギーvsイングランドは予選リーグの第3戦でも顔を合わせています。

その際は両チームともに決勝トーナメント進出を決めた後の試合で、決勝トーナメントの対戦相手もみつつだったので、微妙な試合内容になってしまいました。

ただ、今回は余計なことを考えず、この一戦だけに集中すればいいので、まったく違った試合展開になるのは間違いありません!

そんな一戦の、まずは日程についてです!

ベルギーvsイングランド(3位決定戦)の日程(日本時間)は?

ベルギーvsイングランドの3位決定戦は、日本時間で以下の日時に行われます。

7月14日(土)23:00~

この14日(土)~16日(月・祝)は暦の上では、3連休です。その3連休の初日の夜ですから、これ以上ない最高の試合日程ではないでしょうか。

しかも、これまでのような夜中の3時という時間でもないので、わりとムリをしなくても楽しめますね!

ワールドカップの残り2試合のみです。ここはぜひ起きて観戦しましょう!

ベルギーvsイングランド(3位決定戦)の放送予定(日本時間)は?

この試合は、NHKとテレビ朝日が生放送します。前述のようにキックオフは午後11時です。

NHKはこのワールドカップで、ロシアvsサウジアラビアの開幕戦や決勝戦を含む33試合を生中継し、全64試合を録画放送する充実の放送体制を整えています。

この試合については、「放送同時配信」として、インターネットでも放送されます。自宅でテレビ観戦ができない場合は、以下から放送が見られますので、安心ですよ!

放送同時配信の詳細はこちら

ベルギーvsイングランド(3位決定戦)が行われるサンクトペテルブルク・スタジアムとは?

スタジアムも試合を盛り上げる、あるいは試合の雰囲気を作るのに大きな役割を果たします。

欧州各国でサッカースタジアムを見てきた私としては、それを身に染みて感じているので、ぜひ日本戦が行われるスタジアムにも注目してみたいと思います!

ブラジルvsベルギーが行われるのは、サンクトペテルブルクにある、「サンクトペテルブルク・アリーナ」です。

収容人数68,134人の2017年にオープンした最新鋭のスタジアムで、普段はロシアサッカー・プレミアリーグに所属するゼニト・サンクトペテルブルクのホームスタジアムとなっています。

収容人数で言えば、今回のワールドカップでも指折りのスタジアムですが、今回のフランスvsベルギーという好カードを考えれば、おそらくほぼ満員に近い雰囲気で試合は行われることになるでしょうね。

ロシアの「ガスプロム」が命名権を取得していて、普段は「ガスプロム・アリーナ」と呼ばれていますが、ワールドカップ期間中だけは名称を変更しています。

このサンクトペテルブルク・アリーナ、設計は何と日本の建築家である黒川紀章さんだそうです。黒川さんは2007年10月に亡くなっていますが、もともとスタジアムの完成は2008年の予定でした。それが、工事遅延でようやく2017年の2月に完成したそうです。

開催都市のサンクトペテルブルクはバルト海に面した港湾都市で、現在はロシアでも人気の観光地になっています。

歴史をたどると、ロシア帝国の首都として18世紀に建設された街ですが、対外戦争の際には真っ先に戦場となり、第二次世界大戦の際にもフィンランドとドイツのよって3年弱も包囲され、市民に多くの犠牲者が出た「レニングラード包囲戦」の舞台となりました。

そんな悲劇の舞台で、平和の祭典が行われていること、やはり特別な感情を抱きますね。

スポンサーリンク

ベルギーvsイングランドの対戦成績は?

3位決定戦を戦う両チームですが、最新の世界ランキングで見ると、ベルギーが3位、イングランドが12位となっています。

ベルギーは今や世界の強豪国ですが、これは“黄金世代”といわれる現在のチームの主力選手が活躍するようになってからで、それまではヨーロッパでもわりと中堅どころの位置付けでした。

一方、イングランドはサッカーの伝統国で安定して世界の上位で戦ってきた印象があります。

そんな両国の過去の対戦は興味深いですね。では、対戦成績を振り返ってみましょう。

国際Aマッチでは過去に22回対戦して、何とイングランドが15勝、ベルギーが2勝、5引き分けなんです。これはもう圧倒的にイングランド優位ですね。

ただ、さらに興味深いのはワールドカップに限ると、両チームとも1勝1引き分けで全くの五分なんです。

これは面白い対戦になりますね。

参考までに直近5試合の試合結果は、以下の通りです。

1990年6月26日

W杯

ベルギー(●) 0-1 イングランド(○)

1998年5月29日

親善試合

ベルギー 0-0 イングランド

1999年10月10日

親善試合

ベルギー(● 1-2 イングランド(○)

2012年6月2日

親善試合

ベルギー(● 0-1 イングランド(○)

2018年6月28日

W杯

ベルギー(○ 1-0 イングランド(●)

ベルギー1勝 イングランド3勝  引き分け1

ベルギーの代表メンバーは?

ベルギーは6月4日(月)に代表メンバー23人を発表しました。

やはりヨーロッパの主要リーグの強豪チームに所属する選手が勢揃いの豪華な顔ぶれですね。

中でも注目は、フォワードのエデン・アザール選手(チェルシー)とロメル・ルカク選手(マンチェスター・U)でしょうか。

この2人を要する攻撃陣は、世界でもトップの破壊力です。

フォワードではほかにも、香川真司選手がマンチェスター・ユナイテッド時代にポジションを争ったアドナン・ヤヌザイ選手(ソシエダ)もいますね。

GK

13 コーエン・カスティールス(ボルフスブルク)

1 ティボー・クルトワ(チェルシー)

12 シモン・ミニョレ(リバプール)

DF

2 トビー・アルデルワイレルト(トッテナム)

3 トマス・ベルメーレン(バルセロナ)

5 ヤン・フェルトンヘン(トッテナム)

4 ビンセント・コンパニ(マンチェスター・C)

15 トーマス・ムニエ(パリSG)

20 デドリック・ボヤタ(セルティック)

23 レアンデル・デンドンケル(アンデルレヒト)

MF

6 アクセル・ビツェル(天津権健)

7 ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)

8 マルアン・フェライニ(マンチェスター・U)

11 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(大連一方)

16 トルガン・アザール(ボルシアMG)

17 ユーリ・ティーレマンス(モナコ)

19 ムサ・デンベレ(トッテナム)

22 ナセル・シャドリ(WBA)

FW

9 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)

10 エデン・アザール(チェルシー)

14 ドリース・メルテンス(ナポリ)

18 アドナン・ヤヌザイ(ソシエダ)

21 ミヒー・バチュアイ(ドルトムント)

イングランドの代表メンバーは?

イングランドは6月4日(月)に代表メンバー23人を発表しました。

今回のイングランド代表、とにかく若い選手が多いですね。平均年齢は今回のワールドカップ出場国で3番目に若いですが、勢いに乗って準決勝まで勝ち上がってきました。

若いだけでなく、ほとんどの選手が自国のプレミアリーグの強豪チームに所属しており、タレントも豊富です。

中でも注目は、フォワードのハリー・ケイン選手(トッテナム)でしょうか。ケイン選手はプレミアリーグで4年連続20ゴール以上を挙げる大会屈指のストライカーです。

GK

1 ジョーダン・ピックフォード(エバートン)

13 ジャック・バトランド(ストーク・シティ)

23 ニック・ポープ(バーンリー)

DF

2 カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)

3 ダニー・ローズ(トッテナム)

5 ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)

6 ハリー・マグワイア(レスター・シティ)

12 キーラン・トリッピアー(トッテナム)

15 ガリー・ケーヒル(チェルシー)

16 フィル・ジョーンズ(マンチェスター・U)

17 ファビアン・デルフ(マンチェスター・C)

18 アシュリー・ヤング(マンチェスター・U)

22 トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)

MF

4 エリック・ダイアー(トッテナム)

7 ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)

8 ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)

20 デレ・アリ(トッテナム)

21 ルベン・ロフタス・チーク(クリスタル・パレス)

FW

9 ハリー・ケイン(トッテナム)

10 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

11 ジェイミー・バーディ(レスター・シティ)

14 ダニー・ウェルベック(アーセナル)

19 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、ロシアワールドカップの3位決定戦、ベルギーvsイングランドについて、日程や放送予定、試合会場、さらに両チームの代表メンバーの情報などをまとめました。

両チームともに当然決勝に勝ち進めなかったショックを引きずったままの試合となります。ただ、よく言われるのが、負けて大会を終えるのと勝って終えるのとでは雲泥の差があるということです。

3位になるというのは、優勝チームと同様、勝って大会を終えるたった2チームになれることです。両チームともにそこにモチベーションは持っていけると思います。ですので、面白い試合になると信じたいですね。

大注目の一戦、どんな試合になるのか、楽しみに待ちたいと思います!

【関連記事】

【ロシアW杯】フランスvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

【ロシアW杯】クロアチアvsイングランドの日程と放送の日本時間は?スタジアムなども

【ロシアW杯】決勝トーナメント表と日程・組み合わせは?放送局と放送時間も

【ロシアW杯】ブラジルvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

【ロシアW杯】決勝戦のスタメン(メンバー)を予想!会場や都市はどこ?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です