" /> 【ロシアW杯】フランスvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

【ロシアW杯】フランスvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

ロシアワールドカップ、皆さん満喫されてますか?

準々決勝の2試合が7月7日(土・現地時間)に行われ、フランスとベルギーがそれぞれ準決勝進出を果たしました。

準々決勝の2試合はさすがにヨーロッパと南米の強豪同士の対決だけあって、見ごたえ十分の試合でしたよね!

何といっても日本人としては、決勝トーナメント1回戦で日本と激闘を演じたベルギーには勝ち残ってほしいという気持ちがありますよね!そんなベルギーが“サッカー王国”ブラジルを破っての準決勝進出は素直に嬉しいです!

そんなベルギーと次世代のスター候補、キリアン・エムパベ選手を擁するフランスの準決勝は、決勝にとっておきたいような最高の対戦カードです。

そこで、この一戦について、

  • 日程(日本時間)
  • 放送予定(日本時間)
  • スタジアム
  • 対戦成績
  • 代表メンバー

などをまとめてみます!

【関連記事】

【ロシアW杯】クロアチアvsイングランドの日程と放送の日本時間は?スタジアムなども

【ロシアW杯】決勝トーナメント表と日程・組み合わせは?放送局と放送時間も

【ロシアW杯】ブラジルvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

【ロシアW杯】決勝戦のスタメン(メンバー)を予想!会場や都市はどこ?

スポンサーリンク

【ロシアW杯】フランスvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

準々決勝のウルグアイvsフランスは、やはりウルグアイのフォワード、エディソン・カバーニ選手がケガで出場できなかったことが、大きく試合に影響しましたね。

ルイス・スアレス選手とのコンビが見られずに、ウルグアイが大会を去るのは残念でなりません。

一方の、ブラジルvsベルギーは準々決勝で最高のカードと言われていましたが、やはり激闘になりましたね。

私自身、ブラジルも好きなチームですが、今大会に限っては、決勝トーナメント1回戦で素晴らしい試合の末に日本を破り、しかもその後の日本に対するリスペクトの数々の報道があったベルギーにどうしても肩入れしてしまいますね。

そんなフランスvsベルギーのヨーロッパ勢同士の準決勝は、事実上の決勝戦とも言われる大注目の試合となりました!

そんな一戦の、まずは日程についてです!

フランスvsベルギーの日程(日本時間)は?

ブラジルvsベルギー戦は、日本時間で以下の日時に行われます。

7月10日(火)27:00~

11日(水)の午前3時ということですね。

この日本時間午前3時キックオフという試合が今大会わりと多いので、見る側も大変ですよね!

そして、日本時間の水曜日という平日まっただ中の試合となります。

ただ、準決勝ともなると、その日の試合はこのフランスvsベルギーだけとなります。これまでは、11時キックオフの試合をみて、そこから仮眠をとり、3時キックオフの試合を見てそのまま学校や会社に行った方もいるのではないでしょうか?

その点、この試合の場合、早めに寝てしまえば、十分睡眠をとって観戦することも可能です。

皆さん、この過酷な日々もあと少しなので、頑張りましょう!(笑)

フランスvsベルギーの放送予定(日本時間)は?

この試合は、NHKとテレビ朝日が生放送します。前述のようにキックオフは午前3時です。

NHKはこのワールドカップで、ロシアvsサウジアラビアの開幕戦や決勝戦を含む33試合を生中継し、全64試合を録画放送する充実の放送体制を整えています。

この試合については、「放送同時配信」として、インターネットでも放送されます。自宅でテレビ観戦ができない場合は、以下から放送が見られますので、安心ですよ!

放送同時配信の詳細はこちら

フランスvsベルギーが行われるサンクトペテルブルク・スタジアムとは?

スタジアムも試合を盛り上げる、あるいは試合の雰囲気を作るのに大きな役割を果たします。

欧州各国でサッカースタジアムを見てきた私としては、それを身に染みて感じているので、ぜひ日本戦が行われるスタジアムにも注目してみたいと思います!

ブラジルvsベルギーが行われるのは、サンクトペテルブルクにある、「サンクトペテルブルク・アリーナ」です。

収容人数68,134人の2017年にオープンした最新鋭のスタジアムで、普段はロシアサッカー・プレミアリーグに所属するゼニト・サンクトペテルブルクのホームスタジアムとなっています。

収容人数で言えば、今回のワールドカップでも指折りのスタジアムですが、今回のフランスvsベルギーという好カードを考えれば、おそらくほぼ満員に近い雰囲気で試合は行われることになるでしょうね。

ロシアの「ガスプロム」が命名権を取得していて、普段は「ガスプロム・アリーナ」と呼ばれていますが、ワールドカップ期間中だけは名称を変更しています。

このサンクトペテルブルク・アリーナ、設計は何と日本の建築家である黒川紀章さんだそうです。黒川さんは2007年10月に亡くなっていますが、もともとスタジアムの完成は2008年の予定でした。それが、工事遅延でようやく2017年の2月に完成したそうです。

開催都市のサンクトペテルブルクはバルト海に面した港湾都市で、現在はロシアでも人気の観光地になっています。

歴史をたどると、ロシア帝国の首都として18世紀に建設された街ですが、対外戦争の際には真っ先に戦場となり、第二次世界大戦の際にもフィンランドとドイツのよって3年弱も包囲され、市民に多くの犠牲者が出た「レニングラード包囲戦」の舞台となりました。

そんな悲劇の舞台で、平和の祭典が行われていること、やはり特別な感情を抱きますね。

スポンサーリンク

フランスvsベルギーの対戦成績は?

事実上の決勝戦とも言われているフランスvsベルギーですが、最新の世界ランキングで見ると、フランスが7位、ベルギーが3位でやはりランキング上も世界トップ同士の対決ということになりますね。

そんな両国の過去の対戦成績はを振り返ってみましょう。

ヨーロッパの隣国同士だけあって、国際Aマッチでの過去の対戦はかなり多く、通算ではフランスが24勝、ベルギーが30勝、19引き分けとなっています。

ベルギーは特に近年世界トップの仲間入りを果たしたイメージがあるのに対し、フランスはわりと安定して強いイメージがあるので、この対戦成績はちょっと意外でしたね。

ただ、ワールドカップ本戦だけに絞ってみてみると、フランスが2勝しているのに対して、ベルギーはまだ勝ったことがありません。となると、今回の試合は、ベルギーがフランスにワールドカップでの初勝利とかけて挑む、という構図になるでしょうか。

参考までに直近5試合の試合結果は、以下の通りです。

2002年5月18日

親善試合

フランス(●) 1-2 ベルギー(○)

2004年2月18日

親善試合

フランス(○) 2-0 ベルギー(●)

2011年11月15日

親善試合

フランス 0-0 ベルギー

2013年8月14日

親善試合

フランス 0-0 ベルギー

2015年6月7日

親善試合

フランス(●) 3-4 ベルギー(○)

フランス1勝 ベルギー2勝  引き分け3

やはり直近の5試合の対戦成績は拮抗していますね。

この間の世界ランキングで言えば、フランスは2000年代初頭に世界のトップにいて、その後2010年代に入るとトップ10を陥落しますが、その後また返り咲いています。

一方、ベルギーは2010年代初頭まではずっとトップ10圏外でしたが、2013年以降トップ10の仲間入りを果たしています。

そんな両国のワールドカップでの対戦は、ランキング上ではベルギーが格上ですが、さてどういう結果になるでしょうか。

フランスの代表メンバーは?

フランスは6月4日(月)に代表メンバー23人を発表しました。

一時期低迷していたフランスですが、近年特に若手の台頭が著しく、しかもそれらの選手がヨーロッパの主要リーグの強豪チームに所属しています。

世代交代ががっちりはまったかたちで、今大会だけでなく。4年後も楽しみな素晴らしいメンバーが揃いましたね。

ワールドカップの準決勝進出チームともなると、注目選手を挙げればきりがありませんが、やはりキリアン・ムベッパ選手(パリSG)ということになるでしょうか。

決勝トーナメント1回戦、アルゼンチン戦での大活躍は世界に衝撃を与えました。ワールドカップ後にはあのレアル・マドリードへの移籍が噂されています。

ただ、ムベッパ選手以外にも中盤を支えるポール・ポグバ選手(マンチェスター・U)、エンゴロ・カンテ選手(チェルシー)も忘れてはいけない存在ですね。

この両選手がいることで、中盤を制することができ、アントワーヌ・グリエーズマン選手(A・マドリー)、オリビエ・ジル選手(チェルシー)らフォワード陣も躍動できていると思います。

GK

1 ウーゴ・ロリス(トッテナム)

16 スティーブ・マンダンダ(マルセイユ)

23 アルフォンス・アレオラ(パリSG)

DF

2 ベンジャマン・パバール(シュツットガルト)

3 プレスネル・キンペンベ(パリSG)

4 ラファエル・バラン(R・マドリー)

5 サムエル・ウムティティ(バルセロナ)

17 アディル・ラミ(マルセイユ)

19 ジブリル・シディベ(モナコ)

21 ルーカス・エルナンデス(A・マドリー)

22 バンジャマン・メンディ(マンチェスター・C)

MF

6 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)

12 コランタン・トリッソ(バイエルン)

13 エンゴロ・カンテ(チェルシー)

14 ブレズ・マトゥイディ(ユベントス)

15 スティーブン・エンゾンジ(セビージャ)

FW

7 アントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー)

8 トーマス・レマル(モナコ)

9 オリビエ・ジル(チェルシー)

10 キリアン・ムバッペ(パリSG)

11 ウスマン・デンベレ(バルセロナ)

18 ナビル・フェキル(リヨン)

20 フロリアン・トバン(マルセイユ

ベルギーの代表メンバーは?

ベルギーは6月4日(月)に代表メンバー23人を発表しました。

やはりヨーロッパの主要リーグの強豪チームに所属する選手が勢揃いの豪華な顔ぶれですね。

中でも注目は、フォワードのエデン・アザール選手(チェルシー)とロメル・ルカク選手(マンチェスター・U)でしょうか。

この2人を要する攻撃陣は、世界でもトップの破壊力です。

フォワードではほかにも、香川真司選手がマンチェスター・ユナイテッド時代にポジションを争ったアドナン・ヤヌザイ選手(ソシエダ)もいますね。

GK

13 コーエン・カスティールス(ボルフスブルク)

1 ティボー・クルトワ(チェルシー)

12 シモン・ミニョレ(リバプール)

DF

2 トビー・アルデルワイレルト(トッテナム)

3 トマス・ベルメーレン(バルセロナ)

5 ヤン・フェルトンヘン(トッテナム)

4 ビンセント・コンパニ(マンチェスター・C)

15 トーマス・ムニエ(パリSG)

20 デドリック・ボヤタ(セルティック)

23 レアンデル・デンドンケル(アンデルレヒト)

MF

6 アクセル・ビツェル(天津権健)

7 ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)

8 マルアン・フェライニ(マンチェスター・U)

11 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(大連一方)

16 トルガン・アザール(ボルシアMG)

17 ユーリ・ティーレマンス(モナコ)

19 ムサ・デンベレ(トッテナム)

22 ナセル・シャドリ(WBA)

FW

9 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)

10 エデン・アザール(チェルシー)

14 ドリース・メルテンス(ナポリ)

18 アドナン・ヤヌザイ(ソシエダ)

21 ミヒー・バチュアイ(ドルトムント)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、ロシアワールドカップの準決勝、フランスvsベルギーについて、日程や放送予定、試合会場、さらに両チームの代表メンバーの情報などをまとめました。

決勝トーナメントの組み合わせは片一方の山に強豪国が集中していると言われてきましたが、その山を勝ち上がってきた両国の対戦は、事実上の決勝戦とも言われています。

フランスももちろん応援しています。ただ、このブログでブラジルvsベルギー戦の前にも書きましたが、やはり心情的には日本を破って準々決勝に進出したベルギーにやはり勝ってほしいですね。

大注目の一戦、どんな試合になるのか、固唾を飲んで見守りたいと思います!

【関連記事】

【ロシアW杯】クロアチアvsイングランドの日程と放送の日本時間は?スタジアムなども

【ロシアW杯】決勝トーナメント表と日程・組み合わせは?放送局と放送時間も

【ロシアW杯】ブラジルvsベルギーの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

【ロシアW杯】決勝戦のスタメン(メンバー)を予想!会場や都市はどこ?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です