" /> 2018年プロ野球パリーグの開幕投手は誰?予想と確定情報の一覧まとめ!

2018年プロ野球パリーグの開幕投手は誰?予想と確定情報の一覧まとめ!

2018年の開幕投手予想と確定情報。セリーグ編に続き、今回はパリーグ編です。

毎年シーズン半ばに行われる交流戦では最近8年連続でパリーグの勝率が上回っています。交流戦のような短期決戦では特に投手力が勝敗を分けると言われており、実際パリーグの各チームは個性のある実力者が顔を揃えています。

今回は、注目選手の集まる2018年パリーグの開幕投手予想と内定情報をまとめてみました。
(記事内の情報は、2/20終了時点のものです)。

【関連記事】

2018年プロ野球セリーグの開幕投手は誰?予想と確定情報の一覧まとめ!

スポンサーリンク

2018年プロ野球パリーグの開幕投手は誰?予想と確定情報の一覧まとめ!

まずは、開幕カードをおさらいしておきましょう。2018年のプロ野球は、3月30日(金)にセ・パ両リーグ同時に開幕します。
パリーグの開幕試合は以下の通りです。

ホーム    ビジター 球場 開始時刻
 日本ハム 西武 札幌ドーム 18:30
 ロッテ 楽天 ZOZOマリン 18:30
 ソフトバンク オリックス ヤフオクドーム 18:30

各チームの最近の開幕投手、去年の各投手の実績などから予想してみました。セリーグと同様、すでに一部チームについては、スポーツ紙などで確定情報が伝えられているので、それらの情報も紹介していきます。

2018年北海道日本ハムファイターズの開幕投手は誰?

2018年北海道日本ハムファイターズの開幕投手は、パリーグで一番読みづらいですね。現時点では白紙と言ってもいいかもしれません。

2015年、2016年と2年連続で開幕投手を務めた大谷翔平投手がメジャーへ移籍し、昨年に続き開幕投手と見られていた有原航平投手が右肩の炎症で、開幕投手に黄色信号との報道がありました。

昨年チームで唯一2桁勝利を挙げたのが有原投手で、それ以外では高梨裕稔投手が9勝、加藤貴之投手が6勝という実績で、ややインパクトに欠けます。

ただ、メジャーリーグ、テキサスレンジャーズの先発ローテーションに入っていたニック・マルティネス投手の入団が発表されました。

怪我の回復具合によっては、やはり有原航平投手が開幕投手の最有力候補ですが、もし回復しない場合、高梨投手とマルティネス投手が争うことになりそうです。

※追記

2018年北海道日本ハムファイターズの開幕投手は、新外国人のロドリゲス投手に決定したとの報道が3月29日(木)にありました。

過去の開幕投手

2016年 大谷翔平 
2017年 有原航平

主な投手の2017年の成績

有原投手

登板数25、勝利数10、防御率4.74

高梨投手

登板数18、勝利数9、防御率3.68

加藤投手

登板数21、勝利数6、防御率3.53

上沢投手

登板数15、勝利数4、防御率3.44

浦野投手

登板数7、勝利数3、防御率4.34

村田投手

登板数8、勝利数1、防御率2.77

斉藤投手

登板数6、勝利数1、防御率6.75

2018年埼玉西武ライオンズの開幕投手は誰?

2018年埼玉西武ライオンズの開幕投手は、菊地雄星投手で内定したとの報道が2月4日にありました。

菊地投手は3年連続で開幕投手を務めることになりますが、昨年は16勝を挙げ、防御率も1点台でともにチームトップ。しかも、完投勝利が6、完封勝利が4とチームの大黒柱として存分に活躍し、不動のエースへと成長しました。開幕投手はチームの誰もが納得でしょう。

対抗馬とみられていた野上亮磨投手がFAで巨人に流出し、今年は菊地投手にかかる期待がさらに大きな年になると思います。すでに球界を代表する投手になりつつありますが、昨年と同様の活躍をして、球界を盛り上げてほしいですね。

過去の開幕投手

2016年 菊池雄星 
2017年 菊池雄星

主な投手の2017年の成績

菊地投手

先発数26、勝利数16、防御率1.97

野上投手

先発数24、勝利数11、防御率3.63

ウルフ投手

先発数23、勝利数9、防御率3.73

十亀投手

先発数20、勝利数8、防御率3.40

岡本投手

先発数12、勝利数6、防御率5.34

多和田投手

先発数16、勝利数5、防御率3.44

髙橋投手

先発数7、勝利数3、防御率4.12

2018年千葉ロッテマリーンズの開幕投手は誰?

投手陣のコマがやや不足している千葉ロッテマリーンズの開幕投手は、過去の実績を踏まえると、涌井秀章投手になるのでは、と予想します。

涌井投手は選ばれれば、4年連続の開幕投手。しかも、西武時代を合わせると、自身9度目の開幕投手ということですから、すごいですよね。

これだけ日本で実績を残しましたが、メジャー移籍はかないませんでした。ただ、投手陣の陣容が揃わないチームとしては、助かったのではないでしょうか。なにせ、2017年は涌井投手を含めて、2桁勝利を挙げた投手が一人もいませんでした。

中堅の唐川侑己投手、若手で昨年チーム最多勝の二木康太投手あたりの奮起を期待したいところですね。

※追記

2018年千葉ロッテマリーンズの開幕投手は、涌井秀章投手で内定したとの報道が3月9日にありました。

過去の開幕投手

2016年 涌井秀章 
2017年 涌井秀章

主な投手の2017年の成績

二木投手

登板数22、勝利数7、防御率3.39

酒居投手

登板数9、勝利数5、防御率3.13

涌井投手

登板数25、勝利数5、防御率3.99

唐川投手

登板数21、勝利数5、防御率4.49

佐々木投手

登板数14、勝利数4、防御率4.22

スタンリッジ投手

登板数14、勝利数4、防御率4.32

チェン投手

登板数8、勝利数3、防御率3.29

石川投手

登板数16、勝利数3、防御率5.09

スポンサーリンク

2018年楽天ゴールデンイーグルスの開幕投手は誰?

2018年楽天ゴールデンイーグルスの開幕投手には、則本昂大投手が内定したとの報道が2月6日にありました。則本投手は2年ぶりに開幕投手に返り咲いたことになります。

則本投手は昨年、チーム最多勝と最優秀防御率の成績を残し、リーグ全体でも4年連続の奪三振王に輝き、さらに8試合連続2桁奪三振を記録。名実ともに田中将大投手が抜けた後のエースの座をつかみました。

対抗馬は昨年の開幕投手を務めた美馬学投手、さらに昨年西武からFA移籍してきた岸孝之投手あたりと見ていましたが、やはりその2人をも圧倒する成績を残した則本投手に軍配が上がったようです。

則本投手はルーキーイヤーから開幕投手を務め、プロ6年目ながら自身5度目の開幕投手となります。しかも、開幕投手を逃した昨年もWBCで回避したためです。すごいですね。

過去の開幕投手

2016年 則本昂大 
2017年 美馬学

主な投手の2017年の成績

則本投手

登板数25、勝利数15、防御率2.57

美馬投手

登板数26、勝利数11、防御率3.26

岸投手

登板数26、勝利数8、防御率2.76

辛島投手

登板数19、勝利数8、防御率4.19

釜田投手

登板数11、勝利数4、防御率4.95

塩見投手

登板数8、勝利数3、防御率3.95

安楽投手

登板数9、勝利数1、防御率4.06

 

2018年ソフトバンクホークスの開幕投手は誰?

2018年ソフトバンクホークスの開幕投手には、千賀滉大投手に内定したとの報道が今月19日にありました。

ともともとソフトバンクは投手陣が豊富で開幕投手は千賀投手に加えて、昨年の開幕投手だった和田毅投手、バンデンハーク投手、武田翔太投手、東浜巨投手までが開幕投手の候補と思っていました。

ただ、年齢や昨年の実績を踏まえると、和田投手の2年連続は考えづらく、若手で台頭著しい東浜投手と千賀投手の一騎打ちとみていました。特に東浜投手は昨年の最多勝投手ですし、工藤監督もかなり悩んだ末の結論だと思われます。

千賀投手は昨年のWBCでもポジション別大会優秀選手に選出されるなど大活躍し、その名はすでに全国区。しかも、育成出身初の開幕投手となります。

個人的には、野球エリートではなく、育成から這い上がってきた、千賀投手にプレーヤーとして魅力を感じており、ぜひ今年も活躍してほしいですね。

過去の開幕投手

2016年 摂津正 
2017年 和田毅

主な投手の2017年の成績

東浜投手

登板数24、勝利数16、防御率2.64

千賀投手

登板数22、勝利数13、防御率2.64

バンデンハーク投手

登板数25、勝利数13、防御率3.24

石川投手

登板数12、勝利数8、防御率3.29

中田投手

登板数15、勝利数7、防御率4.57

武田投手

登板数13、勝利数6、防御率3.68

和田投手

登板数7、勝利数4、防御率2.49

松本投手

登板数10、勝利数2、防御率4.78

2018年オリックスバファローズの開幕投手は誰?

まだ正式発表こそないものの、2018年オリックスバファローズの開幕投手は、おそらく3年連続となる金子千尋投手で決まりでしょう。

金子投手は過去10年で6度開幕投手を務める絶対的エース。昨年こそ防御率が3.47と物足りない数字ですが、チームで唯一2桁勝利を上げており、チーム内に異論はないでしょう。

逆に言えば、金子投手を脅かすような若手が育っていないというチームの事情も垣間見えます。その意味では、山岡泰輔投手、中堅に差し掛かっている西勇輝投手あたりがその候補になるのでしょうが、まだ2人とも成績が安定せず、金子投手には及びません。

今年のシーズン中の活躍で、来年はぜひ、開幕投手候補に名前が上がるような成績をあげてほしいですね。

※追記

2018年オリックスバファローズの開幕投手は、西勇輝投手で内定したとの報道が3月3日にありました。

過去の開幕投手

2016年 金子千尋 
2017年 金子千尋

主な投手の2017年の成績

金子投手

登板数27、勝利数12、防御率3.47

ディクソン投手

登板数25、勝利数8、防御率3.24

山岡投手

登板数24、勝利数8、防御率3.74

西投手

登板数17、勝利数5、防御率3.44

松葉投手

登板数22、勝利数3、防御率4.46

山崎投手

登板数7、勝利数2、防御率4.40

山本投手

登板数5、勝利数1、防御率5.32

まとめ

2018年パリーグの開幕投手の予想と確定情報、いかがだったでしょうか?

 

セリーグ以上にスター選手を抱え、近年実力、人気ともに勢いのあるパリーグ。開幕投手も華やかな顔ぶれが揃いそうです。ソフトバンク、楽天、西武の3球団は確定したようですし、オリックス、ロッテはほぼ確定でしょう。

やはり、一番読めないのは日本ハムです。有原投手の怪我が早く治るといいですね。

 

引き続き、オープン戦の動向もしっかりチェックしていきたいと思っています。

【関連記事】

2018年プロ野球セリーグの開幕投手は誰?予想と確定情報の一覧まとめ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です