バドミントンタイオープン2022日程とテレビ放送・ライブ配信!結果速報と組み合わせも

国別対抗戦から今度は個人戦に舞台を移します!

バドミントンのワールドツアー、タイオープン2022が5月17日(火)にタイ・ノンタブリーで開幕します。

この大会は、世界バドミントン連盟(BWF)の定めるレベルが「スーパー500」となり、日本代表はA代表とB代表を含めたメンバーで参加します。

3月の全英オープンでは女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3種目で優勝という素晴らしい結果を残した日本代表ですが、4月の韓国オープンでは優勝種目なしに終わり、ぜひ今大会は結果を残してほしいですね!

今回は、バドミントンタイオープン2022について、

  • 日程
  • テレビ放送
  • ライブ配信
  • 結果速報
  • 組み合わせ

などの情報をまとめていきます。

※5/21追記(大会5日目の結果速報について、本文中で随時更新)

※5/20追記(大会4日目の結果速報について、本文中で随時更新)

※5/19追記(大会3日目の結果速報について、本文中で随時更新)

※5/18追記(大会2日目の結果速報について、本文中で随時更新)

※5/17追記(大会1日目の結果速報について、本文中で随時更新)

※5/16追記(組み合わせが正式に確定し、発表されたので本文中にその内容を反映)

【関連記事】

スポンサーリンク

バドミントンタイオープン2022日程とテレビ放送・ライブ配信!結果速報と組み合わせも

※大会が始まったら、結果速報を一番上に移動します。

バドミントンタイオープン2022の結果速報・組み合わせは?

大会が始まったら、日本代表の試合を中心に組み合わせと結果速報をここにまとめます。

大会期間中、随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

※5/21追記(大会5日目の結果速報について、随時更新)

※5/20追記(大会4日目の結果速報について、随時更新)

※5/19追記(大会3日目の結果速報について、随時更新)

※5/18追記(大会2日目の結果速報について、随時更新)

※5/17追記(大会1日目の結果速報について、随時更新)

※5/16追記(組み合わせが正式に確定し、発表されたのでその内容を反映)

<決勝>

女子ダブルス

松山・志田[6] vs 松本・永原[5]

<準決勝> ※5/21 21:23時点

男子シングルス

●奈良岡功大 1-2 LI Shi Feng(中国)

19-21 21-16 19-21

男子ダブルス

保木・小林[3] vs ASTRUP・RASMUSSEN [7](デンマーク) 

女子ダブルス

〇松山・志田[6] 2-0 TAN・THINAAH(マレーシア)

21-17 21-17

〇松本・永原[5] 2-0 ZHANG・ZHENG(中国)

21-18 21-14

混合ダブルス

●渡辺・東野[3] 1-2 ZHENG・HUANG [2](中国)

21-18 8-21 21-23

<準々決勝>

男子シングルス

〇奈良岡功大 2-0 Nhat NGUYEN(インド)

21-10 21-18

女子シングルス

●山口 茜[2] 1-2 PUSARLA V. Sindhu [6](インド)

15-21 22-20 13-21

男子ダブルス

〇保木・小林[3] 2-0 GOH・IZZUDDIN(マレーシア)

23-21 21-15

●松居・竹内 1-2 ALFIAN・ARDIANTO [5](インドネシア)

14-21 21-19 4-21

女子ダブルス

〇松山・志田[6] 2-1 CHEN・JIA[1](中国)

17-21 21-13 21-17

●福島・廣田[4] 0-2 TAN・THINAAH[7](マレーシア)

22-24 12-21

〇松本・永原[5] 2-1 BAEK・LEE(韓国)

18-21 21-17 21-15

混合ダブルス

●山下・篠谷 0-2 PUAVARANUKROH・TAERATTANACHAI [1](タイ)

15-21 8-21

〇渡辺・東野[3] 2-0 GOH・LAI(マレーシア)

21-18 21-17

<2回戦>

男子シングルス

〇奈良岡功大 棄権 Viktor AXELSEN [1](デンマーク)

●渡邉 航貴 1-2 LIEW Daren(マレーシア)

21-16 20-22 11-21

女子シングルス

●奥原希望[5] 1-2 Michelle LI(カナダ)

10-21 21-13 4-21

〇山口 茜[2] 2-1 KIM Ga Eun(韓国)

21-23 21-15 21-16

男子ダブルス

〇保木・小林[3] 2-1 LIANG・WANG(中国)

21-13 19-21 21-13

●古賀・齋藤 0-2 ALFIAN・ARDIANTO[5](インドネシア)

13-21 18-21

〇松居・竹内 2-0 ARYA PANGKARYANIRA・SANTOSO(インドネシア)

21-17 21-15

女子ダブルス

〇松山・志田[6] 2-0 JEONG・KIM(韓国)

21-15 21-18

〇福島・廣田[4] 2-0 HOO・LIM(マレーシア)

21-9 21-8

〇松本・永原[5] 2-0 BHAT K.・GAUTAM(インド)

21-19 21-6

混合ダブルス

●金子・松友[8] 0-2 〇山下・篠谷

16-21 16-21

〇渡辺・東野[3] 2-0 SUMANTI・JULIMARBELA(インドネシア)

21-8 21-12

<1回戦>

男子シングルス

〇奈良岡功大 2-0 Rasmus GEMKE(デンマーク)

21-18 22-20

●西本拳太 0-2 LI Shi Feng(中国)

12-21 17-21

〇渡邉 航貴 2-0 Mads CHRISTOPHERSEN(デンマーク)

21-16 21-15

●桃田賢斗[2] 0-2 ZHAO Jun Peng(中国)

8-21 11-21

女子シングルス

〇奥原希望[5] 2-1 Wen Chi HSU(チャイニーズタイペイ)

19-21 21-10 21-19

●高橋沙也加 1-2 SIM Yu Jin(韓国)

15-21 21-17 16-21

〇山口 茜[2] 2-0 Busanan ONGBAMRUNGPHAN(タイ)

21-15 21-14

男子ダブルス

〇保木・小林[3] 2-1 GOH・LOW(マレーシア)

18-21 21-12 21-11

〇古賀・齋藤 2-0 BHATNAGAR・PRATHEEK.K(インド)

22-20 21-19

〇松居・竹内 2-1 GUTAMA・ISFAHANI(インドネシア)

21-17 14-21 21-19

女子ダブルス

〇松山・志田[6] 2-1 DU・LI(中国)

18-21 21-15 21-10

●中西・岩永 1-2 JEONG・KIM(韓国)

23-25 21-15 17-21

〇福島・廣田[4] 2-0 KOREPAP・SUDJAIPRAPARAT(タイ)

21-10 21-11

〇松本・永原[5] 2-0 Hu・LIN(チャイニーズタイペイ)

21-14 21-18

混合ダブルス

〇金子・松友[8] 2-0 REDDY・PONNAPPA(インド)

21-17 21-17

〇山下・篠谷 2-0 RAJU・JAMALUDEEN(インド)

21-12 21-13

〇渡辺・東野[3] 2-0 MAKKASASITHORN・SUDJAIPRAPARAT(タイ)

21-12 21-7

バドミントンタイオープン2022の日程は?

この大会は、5月17日(火)~5月22日(日)の6日間にわたって開催されます。

開催地はタイ・ノンタブリーで、時差は日本が2時間先行しています。

タイでは国別対抗戦、トマス杯、ユーバー杯が前の週に行われており、それに続いて行われる大会となります。

競技は、男子シングルス。女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5種目となります。

日程の詳細は、各種目共通で以下の通りです。

5月17日(火)  :予選、トーナメント1回戦

5月18日(水)  :トーナメント1回戦

5月19日(木)  :トーナメント2回戦

5月20日(金)  :トーナメント準々決勝

5月21日(土)  :トーナメント準決勝

5月22日(日)    :トーナメント決勝

スポンサーリンク

バドミントンタイオープン2022のテレビ放送は?

今大会は地上波のテレビ放送はありません。

ただ、CS放送で試合の様子をご覧いただくことができますよ!

放送するのは、スポーツ専門チャンネルの「J SPORTS」で、そのスケジュール詳細は、以下の通りです。

5月20日(金)21:20~翌03:30 準々決勝 ※録画中継 

5月21日(土)18:00~24:00  準決勝 ※録画中継 

5月22日(日)23:00~翌05:00 決勝 ※録画中継

ご覧いただいたようにすべて録画中継ですが、準々決勝以降について大会の放送があります。

日本代表選手が進出した試合はしっかりチェックできるとみられます。

J SPORTSは、この大会以外にワールドツアーの主要試合のほか、世界選手権、さらにトマス杯・ユーバー杯なども放送するので、年間を通してバドミントン観戦を楽しみたい方は、ぜひ加入をおすすめします!

そんなJ SPORTSをテレビですぐに視聴したいという場合は『スカパー!』がおすすめです!

「スカパー!」はネットもしくは電話からの申し込みで、BSが見れるご家庭でしたら最短30分で見られるようになりますよ!

有料チャンネルの契約ってアンテナを設置したり、テレビの設定が難しかったりとサービス自体は魅力的だけど、見るまでにいろいろめんどくさい段階を踏まないといけないというイメージがありますよね?

でも実際は、「スカパー!」は申し込み後にはテレビ側の設定を電話対応しながら教えてくれるので、スムーズに見ることができます。

なので、こちらがやることは申込みと簡単な設定だけで視聴まではかなり楽です。

ネット(もしくは電話)申し込み後 → 電話に従って設定する → 映るのを待つ(約30分)

やるのはこれだけですね。

また、スカパー!は1カ月目の料金が無料で、一カ月分の料金で2カ月は見れるので、実質最初の2カ月は半額です。

(ただ加入月の解約はできませんので、そこだけはご注意ください!)

J SPORTSの月額料金はこちら!

2,790円/月(税込) + 基本料429円/月(税込) = 3,219円/月(税込)

となります。

初月無料を考慮すると、2カ月目までは実質的には1,600円ほどで見られるということですね!

BSが見られるご家庭でしたら、改めてアンテナの設置も必要ないので申込み後すぐに視聴できますよ!

↓バドミントンタイオープン2022など今シーズンのバドミントン主要大会を視聴するにはこちらをクリック!↓

J SPORTSは4チャンネルあり、

  • バドミントン
  • 野球
  • 卓球
  • 自転車競技
  • サッカー

のほか、

  • アルペンスキー
  • スキージャンプ
  • スキーモーグル
  • フィギュアスケート

などのウィンタースポーツも見ることが出来ます。

テレビの大画面で今すぐこの大会やほかのスポーツを楽しみたいという方にとってはスカパー!での視聴が設定も楽ですし、他のサービスと比べた場合に値段的にも最もおすすめです!

(ただし、BS、CSが映らない場合はアンテナの設置が必要ですので、その場合には数日かかる事もありますので、オペレーターの方と映るまでにどのくらいの期間が必要かあらかじめ聞いておきましょう!)

バドミントンタイオープン2022のライブ配信は?

ネット中継をご覧になりたい場合は、『J SPORTSオンデマンド』で視聴できますよ。

ただ、配信時間は上記のテレビ放送と同様なので、ライブ配信ではない点は注意が必要です。

「J SPORTSオンデマンド」はジャンルごとの契約となりますが、この大会のジャンルは、バドミントンとなり、料金は上記の月額料金に1,980円(税込)となります。

これにより、ワールドツアーだけでなく、世界選手権、S/Jリーグ、高校選抜大会などあらゆるバドミントンの大会をネットで視聴することができるようになります!

さらに25歳以下の方には朗報です!

現在公式HPを見るとU-25割引というものがやっていました。

つまり月額990円で1ジャンル視聴が可能です。

  • Amazonプライムの会員じゃない
  • スマホですぐに視聴したい
  • 25歳以下である

という場合には、よりお得に楽しむことができますね!

お申し込みされる場合、まずは無料会員登録をします。

その後ジャンルを一つ選び、もしくは全チャンネルの視聴を選び購入すると、視聴がスタートできます。

まとめ

今回は、バドミントンタイオープン2022について、日程、テレビ放送、ライブ配信、結果速報、組み合わせなどについてまとめました。

この大会は、国別対抗戦、トマス杯、ユーバー杯直後に行われますが、各種目で日本人選手がどこまで上位進出を果たせるのか、注目されますね!

特に女子ダブルスでは今後の代表を担うようなペアも出てきているので、ぜひ注目したいと思います。

この大会は、「J SPORTS」がテレビ放送とネット中継を行いますが、いずれも録画となります。

リアルタイムでの結果については、当記事に随時アップしていくので、ぜひチェックしてみてください!

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています