別府大分毎日マラソン2022日程とテレビ放送!結果速報と出場選手さらにコースも

パリオリンピックのマラソン日本代表を決めるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権をかけた別府大分毎日マラソン2022が2月6日(日)に大分県大分市と別府市で行われます。

この大会は、MGCはもちろん今年行われるオレゴン世界陸上と杭州アジア大会のマラソン日本代表も兼ねたレースとなります。

しかも、あの箱根駅伝で圧倒的な勝利を果たした青山学院大学(青学)から5人もの選手が出場するので、陸上ファンにとっては本当に楽しみなレースとなりましたね!

北京オリンピック開催期間中ではありますが、私も大注目したいと思います!

今回は、そんな別府大分毎日マラソン2022について、

  • 日程
  • テレビ放送・ネット中継
  • 結果速報
  • 出場選手
  • コース

などの情報をまとめます!

※2/6追記(当日のレースの結果速報ついて、本文中で随時更新)

【関連記事】

スポンサーリンク

別府大分毎日マラソン2022日程とテレビ放送・ネット中継!結果速報と出場選手さらにコースも

※レースが始まったら、結果速報を一番上に移動します。

別府大分毎日マラソン2022の結果速報

当日のレースの結果速報をここにまとめます。

随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

※2/6追記(当日のレースの結果速報ついて随時更新)

フィニッシュ 西山雄介選手(トヨタ自動車)が2:07:48の大会新記録で優勝!!!MGC出場権獲得&オレゴン世界選手権の派遣設定記録突破!

40km 西山雄介、古賀淳紫(安川電機)と鎧坂哲哉(旭化成)の3選手の先頭争いに!

35km 先頭集団の6選手が1:45:36で通過!

30km 先頭集団が1:30:31で通過!ペースメーカーが外れる。

25km 先頭集団が1:15:22で通過!

20km 先頭集団が1:00:25で通過!

15km 先頭集団が45:19で通過!

10km 先頭集団が30:29で通過!

5km 先頭集団が15:12で通過!

12:00 予定通りレースがスタート!

別府大分毎日マラソン2022の日程は?

このレースは、2月6日(日)12:00に各カテゴリー一斉にスタートします。

国内のレースの中でも長い歴史と伝統を誇るこの大会は、今回70回の記念大会となります。

本来であれば前年がそうだったのですが、コロナ禍で中止になってしまい、記念大会がスライドするかたちとなりました。

その前の69回大会は、当時青山学院大学に在学中だった吉田祐也選手が初マラソンの日本最高記録にせまる記録を出して優勝したことで、大いに盛り上がりましたね!

今大会もその青学勢が席巻するのか、実業団所属の選手が立ちはだかるのか、興味が尽きません!

スポンサーリンク

別府大分毎日マラソン2022のテレビ放送・ネット配信は?

このレースは、以下の通り、地上波でテレビ放送、ラジオ放送が行われます。

テレビ

TBS系列28局ネット

11:50~14:24 ※生中継

ラジオ

RKB毎日放送、OBS大分放送

11:50~14:59 ※生中継

そして、このレースは解説陣もすごく豪華ですよ!

放送センター解説

瀬古利彦(日本陸連 ロードランニングコミッションリーダー)

原晋(青山学院大学 陸上競技部 長距離ブロック監督)

第一放送車解説

大迫傑(東京五輪 男子マラソン代表)

フィニッシュ解説

坂口泰 (中国電力 陸上競技部 総監督)

まずは、青山学院大学の原晋監督が所属するチームの選手のレースでどんなコメントを聞かせてくれるのか、これは気になるところですね!

そして、東京オリンピック男子マラソン日本代表で昨年現役引退を発表した大迫傑さんのコメントもこれは聞き逃せません!

当日のレースの結果速報については、こちらの記事で随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

そして、69回大会はフィニッシュ地点だけだった映像が各移動車・中継ポイントカメラに増えたかたちでネット中継も行われることになりました。

もちろん、ライブ配信となります!

このライブ配信では、選手と並走するバイクに搭載された360度カメラの映像も楽しむことができますよ!

そして、このですので、特にお知り合いの方がこの別府大分毎日マラソン2020に挑戦している場合、こちらで当日の様子をチェックすることが可能ですよ!

別府大分毎日マラソン2022の出場選手は?

このレースはカテゴリー別に多くの選手が出場しますが、まずは国内招待選手と海外招待選手をご紹介しましょう!

国内招待選手

大六野秀畝(旭化成)

市山 翼(小森コーポレーション)

細森大輔(YKK)

藤曲寛人(トヨタ自動車九州)

藤川拓也(中国電力)

小山裕太(トーエネック)

橋本 崚(GMOインターネットグループ)

北島寿典(安川電機)

海外招待選手

未定

そして、大注目の青学勢は以下の通りです。

近藤幸太郎(3年)

飯田貴之(4年)

宮坂大器(3年)

西久保遼(3年)

横田俊吾(3年)

このうち、近藤幸太郎選手は学生マラソン界最強の青学の中でも正月の箱根駅伝でエース区間の2区を務めました。

また、飯田貴之選手はキャプテンとして、4区で区間3位の走りを見せました。

ほかの3選手も箱根駅伝こそ出場していませんが、層の厚い青学勢なので、学生トップレベルの総力を持つ選手ばかりです。

別府大分毎日マラソン2022のコースは?

別府大分毎日マラソンは、大分市高崎山・うみたまご前スタート、別府市亀川漁港前折り返し、大分市営陸上競技場フィニッシュという42.195kmのコースとなっています。

今年で70回目の記念大会となりますが、このレースはマラソンの高速化に対応したコースに徐々に変更され、最近では2016年に大分市内の袋小路の解消と終盤の高低差を減らして好記録の出やすいコースに変更されました。

コース途中の主なアップダウン地点としては、橋が3つあり、特に9km地点~11km地点にある亀川バイパス新川橋は10mを超える高さがあります。

レース序盤ではありますが、そこでいかに無駄な体力を消耗しないかが、勝負のカギになりそうですね!

詳細なコースマップは、以下をご覧ください!

出典:大会公式サイト

まとめ

今回は別府大分毎日マラソン2022について、日程、テレビ放送、ネット中継、結果速報、出場選手、コースなどの情報をまとめてみました。

 

今回の別府大分毎日マラソン、MGC対象レースでしかも世界陸上やアジア大会の選考会も兼ねているので、レースの結果次第で世界への扉が開けることになります。

 

特に箱根駅伝を沸かせた青山学院大学の5選手には69回大会の吉田祐也選手の再現を期待してしまいますね!

 

近年、日本記録の更新が相次ぐ日本のマラソン男子ですが、今大会でもどんな選手が躍動するか、陸上ファンとしては絶対に見逃せません!

 

では、期待して当日のレースを待ちましょう!

 

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています