ボストンマラソン2019の結果速報!賞金や日本人の出場選手も!

国際陸上競技連盟(IAAF)ゴールドラベルの大会であり、世界最高峰のマラソンシリーズであるワールドマラソンメジャーズのひとつ、ボストンマラソン2019が4月15日(月)に開催されます。

この大会には4月にプロに転向した川内優輝選手のほか、昨年のアジア大会で金メダルを獲得した井上大仁選手、同じく4位に入った園田隼選手など男子で注目の日本人選手がエントリーしているので、楽しみな大会になりましたね。

9月に迫ったマラソングランドチャンピオンシップ2019に向けて、各選手の状況も気になるところですよね!

今回はボストンマラソン2019について、

  • 結果速報
  • 賞金
  • 日本人の出場選手

などの情報をまとめていきます。

※4/15追記(当日の試合の速報、結果を記載)

【関連記事】

ボストンマラソン2019の日程とテレビ放送は?ネットの無料視聴方法も!

スポンサーリンク

ボストンマラソン2019の結果速報!賞金や日本人の出場選手も!

ボストンマラソンは、周回や往復ではなく、マサチューセッツ州の8つの市や町を通り抜けるコースとなっています。

スタートは下り基調ですが、上り坂も多く特に30km過ぎの「心臓破りの坂」と呼ばれる坂は有名です。

好記録は出ずらい難コースですが、その分川内優輝選手をはじめ、粘ってレース後半で勝負をかける選手に優位な設定と言えるでしょう!

この記事では、そんなボストンマラソン2019の結果速報も随時まとめていくので、ぜひご覧ください!

ボストンマラソン2019の結果速報

当日のレースの速報・結果をここにまとめます。随時更新していきます!

※4/15追記(当日の試合の速報、結果を記載)

男子

5km地点

トップはアメリカのEggleston Jeffrey選手で15:10。日本勢は井上大仁選手(+2秒)、川内優輝選手(+2秒)、園田隼選手(+2秒)、木津晶夫選手(+3秒)が続く。

10km地点

トップはアメリカのKibet Elkanah選手で30:21。日本勢は井上大仁選手(+2秒)、園田隼選手(+2秒)、川内優輝選手(+3秒)、木津晶夫選手(+4秒)が続く。

15km地点

トップはアメリカのRitzenhein Dathan選手で45:45。日本勢は園田隼選手(+1秒)、木津晶夫選手(+2秒)、井上大仁選手(+2秒)が続く。川内優輝選手は30秒遅れの29位に後退。

20km地点

トップはアメリカのWard Jared選手で1:01:14。日本勢は井上大仁選手(+2秒)、園田隼選手(+3秒)が続く。木津晶夫選手は16秒遅れの24位、川内優輝選手は1分14秒遅れの28位。

中間地点

トップはアメリカのWard Jared選手で1:01:14。日本勢は井上大仁選手(+3秒)、園田隼選手(+7秒)が続く。木津晶夫選手は35秒遅れの24位、川内優輝選手は1分33秒遅れの28位。

25km地点

トップはアメリカのKibet Elkanah選手で1:16:23。日本勢は井上大仁選手(+0秒)が続く。園田隼選手は28秒遅れの20位、木津晶夫選手は1分34秒遅れの24位、川内優輝選手は2分25秒遅れの27位。

30km地点

トップはアメリカのFauble Scott選手で1:31:59。日本勢は井上大仁選手(+3秒)が続く、園田隼選手は1分30秒遅れの20位、木津晶夫選手は3分13秒遅れの24位、川内優輝選手は3分30秒遅れの25位。

35km地点

トップはケニアのKirui Geoffrey選手で1:47:16。日本勢は井上大仁選手が19秒遅れの10位、園田隼選手は3分37秒遅れの19位、川内優輝選手は5分4秒遅れの23位、木津晶夫選手は5分40秒遅れの25位、甲斐大貴選手は5分42秒遅れの26位。

40km地点

トップはケニアのKiplemoi Kenneth選手で2:01:45。日本勢は井上大仁選手が2分3秒遅れの11位、園田隼選手は6分39秒遅れの18位、川内優輝選手は6分49秒遅れの19位、木津晶夫選手は8分27秒遅れの24位、甲斐大貴選手は9分19秒遅れの27位。

フィニッシュ地点

優勝はケニアのCherono Lawrence選手で2:07:57。日本勢は井上大仁選手が2:11:53の12位、川内優輝選手は2:15:29の17位、園田隼選手は2:15:58の18位、木津晶夫選手は2:17:43の24位、甲斐大貴選手は2:19:31の28位。

スポンサーリンク

ボストンマラソン2019の賞金

これだけの世界最高峰のマラソンレース、いったい賞金はいくらになるのでしょうか。

その賞金総額は、約9500万円です。

順位ごとの賞金は、以下の通りとなっています。

優勝    150,000ドル

準優勝   75,000ドル

3位     40,000ドル

4位     25,000ドル

5位     15,000ドル

6位     12,000ドル

7位     9,000ドル

8位     7,400ドル

9位     5,700ドル

10位     4,200ドル

1ドル=110円で計算した場合、優勝賞金は1,650万円となります!

ボストンマラソン2019の日本人出場選手

ボストンマラソン2019には男子エリート、女子エリートともに日本人選手がエントリーしています。

主なエントリー選手は、以下の通りです。

男子

  • 川内優輝
  • 井上大仁
  • 甲斐大貴
  • 木津晶夫
  • 園田隼

女子

  • 伊坂菜生
  • 橋本奈海
  • 永尾薫

特に男子に注目ランナーが多いですね!

公務員ランナーからプロに転向した川内優輝選手を含め、マラソングランドチャンピオンシップ2019に出場する井上大仁選手、園田隼選手の走りは大注目です!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ボストンマラソン2019について、結果速報、賞金、日本人の出場選手などについて、まとめました。

川内優輝選手をはじめ、特に男子で日本人の注目ランナーがエントリーしたこの大会は、日本人のマラソンファンにとって、注目のレースとなりましたね!もちろん私もその一人です。

これから来年の東京オリンピック出場権をかけたマラソングランドチャンピオンシップ2019に向けた各選手の調整が続き、ボストンマラソンもその一環と位置づけられます。

この記事では結果速報を随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

【関連記事】

ボストンマラソン2019の日程とテレビ放送は?ネットの無料視聴方法も!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています