バドミントン中国オープン2019の日程と結果速報!テレビ放送と組み合わせも

世界選手権で優勝した桃田賢斗選手や”ナガマツペア”の勢いは続くでしょうか!

バドミントンワールドツアー2019シーズン、中国オープン2019(Badminton VICTOR CHINA OPEN 2019 / HSBC BWF World Tour Super1000 / Changzhou, China)が9月17日(火)に開幕します。

中国オープン2019は、世界バドミントン連盟(BWF)の定めるレベルが「スーパー1000」で、全5段階の最上位にランクされる年間3試合しかない大会となります。

ですので、世界トップクラスの選手がこぞって出場するハイレベルな大会となります。

テレビ放送については、CS放送の「テレ朝チャンネル1」と「テレ朝チャンネル2」(※スカパー!経由で視聴できます)がLIVE中継と同日時差中継します。

同じくスカパー!経由などで後日録画中継する「J SPORTS」とともにぜひチェックしておきたいですね!

今回はバドミントン中国オープン2019について、

  • 日程
  • 結果速報
  • テレビ放送
  • 日本代表
  • 組み合わせ

などの情報をまとめていきます。

※9/22更新(当日の結果速報を追記)

※9/21更新(当日の結果速報を追記)

※9/20更新(当日の結果速報を追記)

※9/19更新(当日の結果速報を追記)

※9/18更新(当日の結果速報を追記)

※9/17更新(当日の結果速報を追記)

【関連記事】

バドミントン中国オープン2019の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?

スポンサーリンク

バドミントン中国オープン2019の日程と結果速報!テレビ放送と組み合わせも

バドミントン中国オープン2019の結果速報

上記の通り、バドミントンマレーシアオープン2019は5種目で頂点が争われます。

大会が始まったら、各種目・各試合の試合速報・結果を随時更新していきます。ぜひ、ご覧ください。

※9/22更新(当日の結果速報を追記)

※9/21更新(当日の結果速報を追記)

※9/20更新(当日の結果速報を追記)

※9/19更新(当日の結果速報を追記)

※9/18更新(当日の結果速報を追記)

※9/17更新(当日の結果速報を追記)

男子シングルス

決勝

桃田 賢斗 [1](〇) 2-1 Anthony Sinisuka GINTING(インドネシア)

19-21 21-17 21-19

桃田賢斗選手が優勝!

準決勝

桃田 賢斗 [1](〇)  2-1 CHEN Long [5](中国)

19-21 21-18 21-16

準々決勝

桃田 賢斗 [1](〇)  2-0 常山 幹太(●)

21-11 21-8

ラウンド16

桃田 賢斗 [1](〇) 2-0 Tommy SUGIARTO(インドネシア)

21-10 21-11

常山 幹太(〇) 2-0 Liew DAREN(マレーシア)

21-12 21-19

ラウンド32

桃田 賢斗 [1](〇) 2-0 Lin Dan(中国)

21-14 21-14

常山 幹太(〇) 2-1  Viktor Axelsen [6](デンマーク)

10-21 21-14 21-16

西本 拳太(●)  1-2  Anthony Ginting [7](インドネシア)

14-21 21-19 13-21

女子シングルス

準決勝

高橋沙也加(●) 1-2 Carolina Marin(スペイン)

20-22 21-13 18-21

準々決勝

高橋沙也加(〇) 2-1 Ratchanok INTANON [6](タイ)

14-21 21-14 22-20

ラウンド16

高橋沙也加(〇) 2-0 Evgeniya Kosetskaya(ロシア)

21-17 21-15

大堀 彩(●) 0-2 TAI Tzu Ying [2](台湾)

19-21 14-21

ラウンド32

山口 茜 [1](●) 1-2  Evgeniya Kosetskaya(ロシア)

22-20 17-21 22-24

高橋沙也加(〇) 2-1   Nitchaon Jindapol(タイ)

12-21 21-17 21-19

奥原 希望 [4](●) 0-2   Carolina Marin(スペイン)

16-21 18-21

大堀 彩(〇) 2-0   Cheung Ngan Yi(香港)

21-9 21-10

男子ダブルス

準々決勝

園田 啓悟                   Fajar ALFIAN  
嘉村 健士 [4](●) 0-2  Muhammad Rian ARDIANTO [7](インドネシア)

21-23 20-22

遠藤 大由                       Mohammad AHSAN
渡辺 勇大[5](●) 0-2  Hendra SETIAWAN [2](インドネシア)

15-21 15-21

ラウンド16

園田 啓悟                  RANKIREDDY            
嘉村 健士 [4](〇) 2-0   Chirag SHETTY(インド)

21-19 21-8

遠藤 大由                      LEE Yang   
渡辺 勇大[5](〇) 2-0   WANG Chi-Lin(台湾)

21-11 21-11

井上 拓斗                Mohammad AHSAN
金子 祐樹(●) 1-2   Hendra SETIAWAN(インドネシア)

21-18 17-21 16-21

ラウンド32

保木 卓朗         Marcus Gideon
小林 優吾(●) 0-2  Kevin Sukamuljo [1](インドネシア)

17-21 15-21

園田 啓悟                     Goh Sze Fei
嘉村 健士 [4](〇) 2-1   Nur Izzuddin(マレーシア)

15-21 21-13 21-16

遠藤 大由                   Aaron Chia
渡辺 勇大[5](〇) 2-0  Soh Wooi Yik(マレーシア)

21-14 21-17

井上 拓斗             Mark Lamsfuss
金子 祐樹(〇) 2-0  Marvin Seidel(ドイツ)

21-17 21-19

女子ダブルス

決勝

高橋 礼華             CHEN Qing Chen
松友美佐紀 [2](●) 0-2 JIA Yi Fan [4]

14-21 18-21

タカマツペアは準優勝!

準決勝

福島 由紀            高橋 礼華
廣田 彩花[3](●) 1-2 松友美佐紀 [2](〇)

17-21 21-15 16-21

準々決勝

福島 由紀                LEE So Hee
廣田 彩花[3](〇) 2-0 SHIN Seung Chan[6]]

21-12 21-16

高橋 礼華                      Greysia POLII
松友美佐紀 [2](〇) 2-1 Apriyani RAHAYU[5] 

21-19 19-21 21-16

ラウンド16

永原和可那                  CHANG Ye Na
松本 麻佑 [1](●) 1-2 KIM Hye Rin(韓国)

21-23 17-21

福島 由紀                   Selena PIEK
廣田 彩花[3](〇) 2-0  Cheryl SEINEN(オランダ)

21-7 21-8

高橋 礼華                   Ashwini PONNAPPA
松友美佐紀 [2](〇) 2-0  REDDY N. Sikki(インド)

21-12 21-17

ラウンド32

永原和可那                      Dong Wen Jing
松本 麻佑 [1](〇) 2-1   Feng Xue Ying(中国)

21-15 22-24 21-17

福島 由紀                      櫻本 絢子
廣田 彩花 [3](〇) 2-0  高畑祐紀子(●)

21-13 21-15

高橋 礼華                          Li Wen Mei
松友美佐紀 [2] (〇) 2-1  Zheng Yu(中国)

16-21 21-18 21-18

混合ダブルス

準々決勝

金子 祐樹              ZHENG Si Wei
松友美佐紀(●) 0-2 HUANG Ya Qiong [1] 

15-21 15-21

渡辺 勇大                    SEO Seung Jae          
東野 有紗 [3](●) 0-2 CHAE Yujung [7]

17-21 13-21

ラウンド16

金子 祐樹               Satwiksairaj RANKIREDDY           
松友美佐紀(〇) 2-1  Ashwini PONNAPPA(インド)

21-11 16-21 21-12

渡辺 勇大                    HE Ji Ting
東野 有紗 [3](〇) 2-0 DU Yue(中国)

21-12 21-10

ラウンド32

保木 卓朗                 Zheng Si Wei
永原和可那(●) 0-2    Huang Ya Qiong[1](中国)

12-21 12-21

金子 祐樹                    Sam Magee
松友美佐紀(〇) 2-0   Chloe Magee(アイルランド)

21-9 21-7

渡辺 勇大                   Tang Chun Man
東野 有紗 [3](〇) 2-1   Tse Ying Suet(香港)

17-21 21-17 21-14

権藤公平                Wang Yi Lyu
栗原文音(●)   0-2 Huang Dong Ping[2](中国)

9-21 18-21

バドミントン中国オープン2019の日程

バドミントン中国オープン2019の競技種目ですが、男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5つとなります。

大会の開催期間は、2019年9月17日(火)~9月22日(日)の6日間となります。

開催地は中国・常州市で、時差は1時間日本が先行しています。

日程の詳細は、以下の通りです。

9月17日(火)    :各種目1回戦

9月18日(水)    :各種目1回戦

9月19日(木)    :各種目ラウンド16

9月20日(金)    :各種目準々決勝

9月21日(土)    :各種目準決勝

9月22日(日)    :各種目決勝

スポンサーリンク

バドミントン中国オープン2019のテレビ放送

バドミントン中国オープン2019は地上波でのテレビ放送は行われません。

放送するのは、CS放送の「テレ朝チャンネル1」と「テレ朝チャンネル2」で、そのスケジュール詳細は、以下の通りです。

9月18日 (水)  16:00~ 各種目1回戦 ※テレ朝チャンネル2

9月19日 (木)  16:00~ 各種目ラウンド16 ※テレ朝チャンネル2

9月20日(金)  19:00~ 各種目準々決勝 ※テレ朝チャンネル2

9月21日(土)  18:00~ 各種目準決勝 ※テレ朝チャンネル2

9月22日(日)  14:00~ 各種目決勝 ※テレ朝チャンネル1

9月22日(日)の決勝はLIVE中継となりますが、それ以外は同日の時差放送となります。

「テレ朝チャンネル1」と「テレ朝チャンネル2」を視聴するには放映権を持つ「スカパー!」などに加入する必要がありますが、「スカパー!」は、申し込み後30分で視聴できるようになるので、今からでも加入は十分間に合います!

このほか、スポーツ専門チャンネルの「J SPORTS」でも9月23日(月)以降録画放送があります。

「J SPORTS」も「テレ朝チャンネル1」&「テレ朝チャンネル2」と同じく「スカパー!」などに加入して、視聴が可能となります!

こちらをクリックしてスカパー!に加入すると、中国オープン2019の視聴が可能となります!

こちらと関連記事「バドミントン中国オープン2019の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!)

バドミントン中国オープン2019の出場選手

日本代表はA代表とB代表に分かれ、主にA代表がツアーグレードのスーパー500以上、B代表がスーパー300以下の試合を中心にエントリーします。

中国オープンはツアーでも最上位ランクとなるスーパー1000の大会ですので、A代表がエントリーします!

以下、A代表の選手のリストとなります!

男子シングルス

桃田 賢斗
西本 拳太
常山 幹太
坂井 一将

女子シングルス

山口 茜
奥原 希望
髙橋 沙也加
大堀 彩

男子ダブルス

園田 啓悟/嘉村 健士
遠藤 大由/渡辺 勇大
井上 拓斗/金子 祐樹
保木 卓朗/小林 優吾

女子ダブルス

福島 由紀/廣田 彩花
髙橋 礼華/松友 美佐紀
永原 和可那/松本 麻佑
米元 小春/田中 志穂

混合ダブルス

渡辺 勇大/東野 有紗
保木 卓朗/永原 和可那
金子 祐樹/松友 美佐紀
権藤 公平/栗原 文音
小林 優吾/米元 小春

バドミントン中国オープン2019組み合わせは?

上記の通り、中国オープン2019は5種目で頂点が争われます。

組み合わせは、以下の通りです。

男子シングルスの組み合わせはこちら

女子シングルスの組み合わせはこちら

男子ダブルスの組み合わせはこちら

女子ダブルスの組み合わせはこちら

混合ダブルスの組み合わせはこちら

出典:世界バドミントン連盟公式サイト

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、中国オープン2019について、日程、結果速報、日本代表選手、組み合わせなどについてまとめました。

中国オープン2019は、ワールドツアーの中でも年間3試合しかない、5段階あるうちの最上位ランク大会です。

日本をはじめとした強豪国が軒並み主力選手を投入してくることから、各種目で世界のトップを争う激しい試合が展開されます。

世界選手権の激闘からまだあまり時間が経っていませんが、日本代表選手にとっては、来年の東京オリンピック出場権獲得レースの中でも最も重要な大会の一つとなります。

世界選手権を連覇した桃田賢斗選手と永原和可那/松本麻佑ペアはもちろん、オリンピックレースの生き残りをかけた各選手の戦いにも大注目です!

今大会は、CS放送の「テレ朝チャンネル1」&「テレ朝チャンネル2」と「J SPORTS」での放送が決まっています!

「テレ朝チャンネル1」&「テレ朝チャンネル2」、「J SPORTS」ともにスカパー!経由で視聴できますよ!

こちらをクリックしてスカパー!に加入すると、中国オープン2019の視聴が可能となります!

【関連記事】

バドミントン中国オープン2019の動画中継の視聴方法!ネットで見逃し配信は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています