現役ドラフト2022日程と地上波テレビ放送・ネット中継!結果速報とルール・仕組みも

プロ野球の新たな制度の行方に注目が集まります!

出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化する現役ドラフトが12月9日(金)に開催されます。

この現役ドラフトでは、プロ野球12球団すべてが対象選手を提出し、必ず一人は指名するというかなり画期的な方式となり、人材の活性化に期待が寄せられています。

トレード、トライアウトにこの新たな制度が加わることで、選手によっては現役生活における大きな転換点になりそうな、大イベントとなりますね!

完全に新しい制度、仕組みなので、そのやり方が気になる、というファンの方もいらっしゃると思います。

今回は、現役ドラフト2022について、

  • 日程
  • 地上波テレビ放送
  • ネット中継
  • ルール
  • 仕組み

などの情報をまとめてみました!

※12/9追記(ドラフト当日の結果速報について、本文中で随時更新)

【関連記事】

スポンサーリンク

現役ドラフト2022日程と地上波テレビ放送・ネット中継!結果速報とルール・仕組みも解説

※ドラフトの開催が近づいたら結果速報を一番上に移動します。

現役ドラフト2022の結果速報は?

そして、やはり気になる指名結果については、当日中に12球団分が発表される予定となっています。

ただ、球団が指名された選手と連絡が取れた後に発表されると見られ、明らかになる時間などは不明となっています。

いずれにしても、指名結果が明らかになったら、こちらで随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

※12/9追記(ドラフト当日の結果速報について、随時更新)

オリックス

(獲得選手)

ヤクルト渡辺大樹外野手

(移籍選手)

大下誠一郎内野手

ソフトバンク

(獲得選手)

日本ハム古川侑利投手

(移籍選手)

大竹耕太郎投手

西武

(獲得選手)

阪神陽川尚将内野手

(移籍選手)

松岡洸希投手

楽天

(獲得選手)

広島正随優弥外野手

(移籍選手)

オコエ瑠偉外野手

ロッテ

(獲得選手)

オリックス大下誠一郎内野手

(移籍選手)

成田翔投手

日本ハム

(獲得選手)

西武松岡洸希投手

(移籍選手)

古川侑利投手

ヤクルト

(獲得選手)

ロッテ成田翔投手

(移籍選手)

渡辺大樹外野手

DeNA

(獲得選手)

中日笠原祥太郎投手

(移籍選手)

細川成也外野手

阪神

(獲得選手)

ソフトバンク大竹耕太郎投手

(移籍選手)

陽川尚将内野手

巨人

(獲得選手)

楽天オコエ瑠偉外野手

(移籍選手)

戸根千明投手

広島

(獲得選手)

巨人戸根千明投手

(移籍選手)

正随優弥外野手

中日

(獲得選手)

DeNA細川成也外野手

(移籍選手)

笠原祥太郎投手

現役ドラフト2022の日程は?

まずは、スケジュールはからご紹介していきましょう!

現役ドラフト自体は、2022年12月9日(金)に行われ、開始時間は13:00です。

終了時間は、初の試みということもあり、見通しが立っていないようです。

まず、各球団は名簿公示日12月2日(金)の午後3時までに、対象選手を日本野球機構(NPB)に提出します。

ここで各球団が提出する対象選手が、その球団の現役ドラフト成功のカギとなりそうですが、そのあたりはまた仕組みのところで、詳しく解説しますね!

この保留選手名簿公示1週間後に開催となります。

会議当日には、他球団から示された対象選手から2人以上の獲得希望選手を議長に通知し、全球団が必ず1人は指名することになります。

各球団ともにドラフト会議、戦力外通告、トライアウトなどを経て、来年の編成も最終盤を迎えているところですが、この現役ドラフトで確定することになりそうですね!

対象となる選手にとってもちろん、各球団の編成にとってもピリピリした時期が続くことにはなりそうですね。

ただ、選手にとってみれば、現役を続けることができる可能性が広がることにもつながるかと思います。

スポンサーリンク

現役ドラフト2022の地上波テレビ放送・ネット中継は?

当日テレビやスマートフォン、タブレットなどで視聴したいという方もいらっしゃるかと思います。

ただ、今年についてはすでに完全非公開で行われることが発表されています。

ですので、リアルタイムで会場の様子を確認いただくことはできないようです。

とはいえ、何か知る方法はないのか、引き続き情報を追っていくので、ぜひチェックしてみてください!

現役ドラフト2022のルール・仕組みは?

今回が初の試みとなる、現役ドラフトのやり方について詳しくお伝えしていきます。

まず、注目される指名の対象選手について、見ていきましょう!

対象外となる選手ですが、外国人選手、複数年契約選手、年俸5000万円以上の選手(1人に限り5000万円以上1億円未満も可)、FA権を行使したことのある選手、FA資格選手、育成選手、前年シーズン終了以降に契約譲渡で獲得した選手、シーズン終了後に育成から支配下になった選手となります。

ですので、年棒5000万円以下のFA資格を保有しない日本人の支配下登録選手、というのが基本的な対象選手ということになります。

公になっていない複数年契約選手も対象外になるようですが、具体的な対象選手の人数としては、1球団40人前後になるとみられます。

気になる各球団のリストについては、リストに入っていても結果的に移籍しない選手がいることなどを踏まえ、非公開となっています。

非公開となると余計気になりますが、ファンとしてはとにかく当日の状況を見守る、ということになりますね。

現役ドラフト当日は、他球団から集めた獲得希望数の順に暫定指名順位が決定されます。

平たく言えば提出した対象選手の人気順に指名できる、ということですが、同数の場合は、今年のドラフト会議2巡目の指名順となります。

となると獲得希望数が一番多かった球団は、希望する選手を真っ先に指名できることになりますね。

その球団が指名を終えたのち、残った球団のうち暫定指名順位最上位の球団が次に指名します。

その球団が通知した選手はすでに指名済みとなっているため、残りの球団が提出した対象選手から選ぶことになります。

といった流れで、指名を行っていき、最後から2番目となる11番目の球団は自動的に12番目となる指名順最後の球団から指名を行い、完了となります。

人気選手を対象にした球団ほど暫定指名順位を上げることで、希望の選手を獲得できる可能性が高くなる、というのはこういう意味です。

なお、希望球団があれば、2巡目の指名も実施し、指名順は1巡目の実際の指名の逆順となります。

2巡目の参加球団は、指名順が回ってきた時点で指名を棄権することもできます。

全体の指名選手は、最低12人、最高24人ということになりますね。

その指名の多さによって、終了時間も見えてくるかと思います。

まとめ

今回は、現役ドラフト2022について、いつから、ルール・仕組み、候補や対象選手、テレビ放送・ネット中継などの情報をまとめてみました。

 

プロ野球界で新たに始まるこの仕組み、初年度なのでまだやり方なども浸透していないですが、少なくとも現役選手の活躍できる可能性を模索するという点では、すごく前向きな取り組みだと思います。

 

プロ野球ファンとしては、球団の垣根を超えてこういった取り組みが始まるのは、すごく嬉しいですね!

 

基本的に非公開な部分が多いですが、引き続きできる限りの情報を集めて、この記事に反映していきます!

 

ぜひ、チェックしてみてください!

 

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています