全国高校ラグビー2020-2021日程とネット中継は?結果速報や組み合わせ・出場校も

高校ラグビー日本一を決める戦いが始まります!

12月27日(日)から第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会(全国高校ラグビー2020-2021)が高校ラグビーの聖地、東大阪市・花園ラグビー場で開幕します。

100回目の節目となるこの大会には、全国から史上最多63校が出場し、前年にこの大会を含めて高校三冠を達成した桐蔭学園(神奈川)や御所実業(奈良)など実力校が顔を揃える一方、4校が初出場となります。

サッカー、バレーボール、バスケットボールなどと並んで、年末年始を盛り上げる高校スポーツの一つとなった全国高校ラグビーでは、将来の日本代表を担うような逸材を発見できるかもしれませんよ!

大注目の全国高校ラグビー2020-2021は、放送予定も発表されているので、テレビ放送やインターネット配信で楽しむこともできそうです。

今回はそんな注目の全国高校ラグビー2020-2021について、

  • 日程
  • テレビ放送
  • ネット中継
  • 結果速報
  • 出場校
  • 組み合わせ

などの情報をまとめていきます。

【関連記事】

スポンサーリンク

全国高校ラグビー2020-2021日程とテレビ放送・ネット中継は?結果速報や組み合わせ・出場校も

(大会が始まったら、結果速報を一番上に移動します)

全国高校ラグビー2020-2021の日程は?

では、まずは日程からみていきましょう!

全国高校ラグビー2020-2021の開催期間は、2020年12月27日(日)~2021年1月9日(火)の14日間となります。

ただ、試合が行われるのはこのうち、7日間となり、インターバルも7日間設けられています。

日程の詳細は、以下の通りです。

2020年12月27日(日):1回戦

2020年12月28日(月):1回戦

2020年12月30日(水):2回戦

2021年1月1日(金):3回戦

2021年1月3日(日):準々決勝

2021年1月5日(火):準決勝

2021年1月9日(土):決勝

スポンサーリンク

全国高校ラグビー2020-2021のテレビ放送は?

全国高校ラグビー2020-21は決勝を除き、地上波での全国ネットでの試合中継は行われません。

ただ、ローカル放送、CS放送、動画配信サービスなどで以下の通り、放送が決定しています。

毎日放送(MBS)ほか民放各局

12月7日(月)現在放送スケジュールの詳細は発表されていませんが、前回大会は準決勝まではハイライト番組、決勝はLIVE中継しました。

今回も同じような放送体制になると思われます。

CS放送「J SPORTS」

放送チャンネル J SPORTS1/2/3/4

全62試合 ※LIVE中継(見逃し放送あり)

※J SPORTSオンデマンドでも全62試合をLIVE配信

「HANAZONO LIVE」(MBSが運営)

全62試合 ※LIVE中継

全国高校ラグビー2020-2021のネット中継は?

このうちどの方法で視聴するのがおすすめか、という点ですが、全国高校ラグビー2020-2021以外にも大学ラグビー(関東大学リーグ戦、関東大学対抗戦、関西大学リーグ、全国大学選手権)、さらに日本代表の試合の多くをLIVE中継で楽しめる「J SPORTS」、中でもスマホやタブレットで視聴できる「J SPORTSオンデマンド」を推したいと思います!

「J SPORTSオンデマンド」は、特に来月から始まるトップリーグがなんと全試合LIVE配信予定となっています!

トップリーグは、ラグビーワールドカップ2019で活躍した日本代表や各国代表の選手が参加する“ワールドクラス”のリーグ戦が見放題なんです!!!

ラグビーをシーズンの間めいいっぱい楽しもうとされる方は「J SPORTSオンデマンド」」を契約しておきましょう!

とはいえ、「かなり料金がかかるんでしょ」「最初の手続きがめんどくさいんでしょ」と思われる方もいらっしゃいますよね?

実は料金がかからず、最初の手続きも本当に簡単な方法がひとつあります。

この「J SPORTSオンデマンド」を視聴するにはいろんなやり方がありますが、ここでは完全無料で全国高校ラグビー2020-2021をみられる方法を紹介しちゃいます!

その方法とは、アマゾンの「Amazonプライムビデオチャンネル」から「J SPORTS」を視聴する、というやり方です。

「Amazonプライムビデオチャンネル」で「J SPORTS」を視聴する場合、なんと14日間の無料体験サービスが付いてくるんです!そして、さらになんとこの無料体験サービス期間に解約しても料金は一切発生しません!

ですので、この全国高校ラグビー2019-2020について、ご覧になりたい試合に合わせて契約し、無料体験サービス期間に契約すると、完全にタダで視聴が可能なんです!

さらに、この「Amazonプライムビデオチャンネル」、スマホやタブレットであればアプリを利用して視聴できますし、「amazon fire tv stick」を使えば、大型テレビでの視聴も可能になります。

まだ「J SPORTS」に加入していない方もお試しがてら、ぜひ加入をおすすめします!

⇒Amazonプライムビデオチャンネルのお申込はこちら

なお、トップリーグのシーズンを通して視聴する場合は、通常の料金がかかってきます。

全国高校ラグビー2020-2021の結果速報は?

大会が始まったら、試合速報・結果をここにまとめます。

随時更新していくのぜ、ぜひチェックしてみてください!

全国高校ラグビー2020-2021の出場校は?

全国高校ラグビーには、例年都道府県の予選を勝ち抜いた51校(北海道、東京は2校、大阪は3校、それ以外は1校ずつ)が出場します。

ただ、今大会は100回の記念大会なので、出場枠が通常より12校分増え、計63校となりました。

増枠分ですが、北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、九州の9ブロックでオータムチャレンジトーナメント(都道府県予選の2位チームが参加)を行い、1チームずつ出場枠が与えられました。

また、第91回から第99回までの各都道府県予選を集計し、参加チーム数の累計が多かった愛知、埼玉、福岡の出場枠が2つになりました。

初出場校は上記の通り4校で、川越東(埼玉)、四日市工(東海ブロック・三重)、開志国際(北信越ブロック・新潟)、創志学園(中国ブロック・岡山)となります。

また、シード校については、、第91回から第99回までのベスト8進出の都道府県を集計し、上位8都道府県の代表校が選ばれました。

その内訳は、東京、神奈川、京都、大阪2校、奈良、兵庫、福岡です。

では、出場校は以下の通りです(赤字はAシード、青字はBシード)。

北海道

【北北海道】 旭川龍谷(3年連続5回目)
【南北海道】 札幌山の手(3年連続19回目)
【北海道ブロック】 函館ラサール(3年ぶり3回目)

東北

【青森県】 青森山田(2年連続2回目)
【岩手県】 盛岡工業(12年ぶり35回目)
【宮城県】 仙台育英(25年連続27回目)
【秋田県】 秋田工業(3年ぶり68回目)
【山形県】 山形中央(3年連続27回目)
【福島県】 松韻学園福島(6年ぶり2回目)
【東北ブロック】 黒沢尻北(岩手/6年ぶり6回目)

関東

【茨城県】 茗溪学園(9年連続26回目)
【栃木県】 國學院栃木(21年連続26回目)
【群馬県】 明和県央(3年ぶり8回目)
【埼玉県1】 川越東(初出場)
【埼玉県2】 昌平(3年ぶり2回目)
【千葉県】 流経大柏(26年連続28回目)
【東京都1】 目黒学院(3年ぶり19回目) 〇
【東京都2】 早稲田実(2年ぶり7回目)
【神奈川県】 桐蔭学園(6年連続19回目) 〇
【山梨県】 日川(15年連続50回目)
【関東ブロック】 東海大相模(神奈川/5年ぶり9回目)

北信越

【長野県】 岡谷工業(2年ぶり31回目)
【新潟県】 新潟工業(17年連続45回目)
【富山県】 富山第一(2年連続12回目)
【石川県】 日本航空石川(16年連続16回目)
【福井県】 若狭東(5年連続32回目)
【北信越ブロック】 開志国際(新潟/初出場)

東海

【静岡県】 東海大静岡翔洋(3年ぶり11回目)
【愛知県1】 中部大春日丘(8年連続10回目)
【愛知県2】 西陵(8年ぶり40回目)
【岐阜県】 関商工(3年連続40回目)
【三重県】 朝明(9年連続11回目)
【東海ブロック】 四日市工業(三重/初出場)

近畿

【滋賀県】 光泉カトリック(2年連続10回目)
【京都府】 京都成章(7年連続13回目) 〇
【大阪府1】 東海大大阪仰星(2年連続20回目) 〇
【大阪府2】 大阪朝鮮(2年ぶり11回目) 〇
【大阪府3】 常翔学園(6年連続39回目)
【兵庫県】 関西学院(5年ぶり7回目) 〇
【奈良県】 御所実業(2年連続13回目) 〇
【和歌山県】 熊野(7年ぶり13回目)
【近畿ブロック】 報徳学園(兵庫/5年連続46回目)

中国

【鳥取県】 米子工業(3年連続10回目)
【島根県】 石見智翠館(30年連続30回目)
【岡山県】 玉島(3年連続4回目)
【広島県】 尾道(14年連続15回目)
【山口県】 大津緑洋(2年ぶり30回目)
【中国ブロック】 創志学園(岡山/初出場)

四国

【香川県】 坂出第一(2年連続3回目)
【徳島県】 城東(4年連続14回目)
【愛媛県】 松山聖陵(2年連続5回目)
【高知県】 高知中央(2年連続6回目)
【四国ブロック】 新田(愛媛/2年ぶり46回目)

九州

【福岡県1】 東福岡(21年連続31回目) 〇
【福岡県2】 筑紫(5年ぶり6回目)
【佐賀県】 佐賀工業(39年連続49回目)
【長崎県】 長崎北陽台(3年連続19回目)
【熊本県】 熊本西(2年ぶり12回目)
【大分県】 大分東明(2年連続2回目)
【宮崎県】 高鍋(10年連続28回目)
【鹿児島県】 鹿児島実業(2年ぶり20回目)
【沖縄県】 名護(3年連続19回目)
【九州ブロック】 長崎南山(長崎/3年ぶり6回目)

※〇はシード校

全国高校ラグビー2020-2021の組み合わせは?

全国高校ラグビー2020-2021の組み合わせ(トーナメント表)は以下の通りです!

出典:ラグビーリパブリック

※3回戦まではトーナメント表のまま進行しますが、準々決勝、準決勝は再び抽選が行われて、対戦カードが決定します!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、全国高校ラグビー2020-2021について、日程、テレビ放送、ネット中継、結果速報、出場校、組み合わせなどについて、まとめました。

記念すべき100回大会には例年より12校多い63校が出場し、前年高校3冠を達成した神奈川の桐蔭学園などがシード校に選ばれ、熱いトーナメント戦が行われます!

ただ、花園に強い大阪勢など強豪校がひしめいていて、今回も盛り上がる大会になるのは間違いありません!

大注目の全国高校ラグビー2020-2021ですが無観客試合となり、会場で応援することは叶いません。

 

ただ、その分ラグビーのあらゆる試合を見られるスポーツ専門チャンネルの「J SPORTS」、中でもスマホやタブレットで視聴できる「J SPORTSオンデマンド」での視聴をおすすめします!

 

「J SPORTSオンデマンド」は期間限定にはなりますが、無料での視聴方法もありますよ!

⇒Amazonプライムビデオチャンネルのお申込はこちら

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています