陸上日本選手権2021日程とテレビ放送・ネット中継は?速報・結果と出場選手も!

東京オリンピック代表をかけた陸上日本一決定戦が始まります!

陸上日本選手権2021(第105回日本陸上競技選手権大会2021)が6月24日(木)から大阪府で行われます。

もともと昨年のこの大会で東京オリンピック代表が決まる予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により後ろ倒しになり、今大会が正真正銘オリンピック代表選考会となります!

男子100mで山縣亮太選手、女子100mハードルで寺田明日香選手がそれぞれ直近の大会で日本新記録をマークするなど、この大会に向けて各選手が調子を上げてきているので、凄く楽しみですね!

花形種目となる男子100mには山縣選手とサニブラウン・ハキーム選手の新旧日本記録対決もみられそうなので大注目です!

今回は、陸上日本選手権2021について、

  • 日程
  • テレビ放送
  • ネット中継
  • 結果速報
  • 出場選手

などの情報をまとめてみました。

※6/27追記(大会最終日の結果速報について、本文中で随時更新)

※6/26追記(大会3日目の結果速報について、本文中で随時更新)

※6/25追記(大会2日目の結果速報について、本文中で随時更新)

※6/24追記(大会初日の結果速報について、本文中で随時更新)

※6/21追記(NHKがテレビ放送とネット中継を行うことを正式に発表したので、その内容を本文中に記載)

【関連記事】

スポンサーリンク

陸上日本選手権2021日程とテレビ放送・ネット中継は?速報・結果と出場選手も!

(大会が始まったら、日程と結果速報の順番を入れ替えます)

陸上日本選手権2021の結果速報は?

大会が始まったら、予選、決勝とも結果をここにアップしていきます。

随時更新していくので、ぜひご覧ください!

※6/27追記(大会最終日の結果速報について随時更新)

※6/26追記(大会3日目の結果速報について随時更新)

※6/25追記(大会2日目の結果速報について随時更新)

※6/24追記(大会初日の結果速報について随時更新)

<男子>

1500m予選

1 館澤亨次(DeNA) 3:42.07
2 荒井七海(Honda) 3:42.46
3 木村理来(愛三工業) 3:42.70
4 河村一輝(トーエネック) 3:43.03
5 佐藤圭汰(洛南高) 3:43.13

1500m決勝

1 河村一輝(トーエネック) 3:39.18
2 森田佳祐(小森コーポ) 3:39.59
3 舟津彰馬(九電工) 3:39.99
4 高橋佑輔(北海道大) 3:40.34
5 荒井七海(Honda) 3:40.65

100m予選

1 桐生祥秀(日本生命) 10.12
2 多田修平(住友電工) 10.26
3 山縣亮太(セイコー) 10.27
4 サニブラウン(TumbleweedTC) 10.29
デーデーブルーノ(東海大) 10.29

100m準決勝

1 山縣亮太(セイコー) 10.16
2 多田修平(住友電工) 10.17
3 デーデーブルーノ(東海大) 10.21
4 栁田大輝(東京農大二高) 10.22
5 桐生祥秀(日本生命) 10.29
6 小池祐貴(住友電工) 10.30
7 サニブラウン(TumbleweedTC) 10.30
8 東田旺洋(栃木スポ協) 10.35

100m決勝

1 多田修平(住友電工) 10.16(オリンピック代表内定)
2 デーデーブルーノ(東海大) 10.19
3 山縣亮太(セイコー) 10.27(オリンピック代表内定)
4 小池祐貴(住友電工) 10.27
5 桐生祥秀(日本生命) 10.28

400m予選

1 佐藤拳太郎(富士通) 46.11
2 伊東利来也(三菱マテリアル) 46.19
3 中島佑気ジョセフ(東洋大) 46.36
4 岩崎立来(大阪体育大) 46.42
5 川端魁人(三重教員AC) 46.42

400m決勝

1 川端魁人(三重教員AC) 45.75
2 佐藤拳太郎(富士通) 46.06
3 鈴木碧斗(東洋大) 46.48
4 伊東利来也(三菱マテリアル) 46.59
5 佐藤風雅(那須環境) 46.70

5000m決勝

1 遠藤日向(住友電工) 13:28.67
2 松枝博輝(富士通) 13:30.21
3 坂東悠汰(富士通) 13:31.46
4 相澤晃(旭化成) 13:31.53
5 塩澤稀夕(富士通) 13:32.06
6 佐藤悠基(SGホールディングス) 13:38.40

400mハードル予選

1 山内大夢(早稲田大) 49.52
2 安部孝駿(ヤマダホールディグス) 49.59
3 黒川和樹(法政大) 49.73
4 豊田将樹(富士通) 49.94
5 岸本鷹幸(富士通) 50.00

400mハードル決勝

1 黒川和樹(法政大) 48.69
2 安部孝駿(ヤマダホールディグス) 48.87
3 岸本鷹幸(富士通) 49.29
4 山内大夢(早稲田大) 49.48
5 豊田将樹(富士通) 49.89

200m予選

1 山下潤(ANA) 20.72+0.7
2 小池祐貴(住友電工) 20.72+0.7
3 デーデーブルーノ(東海大) 20.76-0.7
4 上山紘輝(近畿大) 20.80-0.7
5 植本尚輝(京都産業大) 20.81-0.7

200m準決勝

1 山下潤(ANA) 20.72+0.7
2 小池祐貴(住友電工) 20.72+0.7
3 デーデーブルーノ(東海大) 20.76-0.7
4 上山紘輝(近畿大) 20.80-0.7
5 植本尚輝(京都産業大) 20.81-0.7

200m決勝

1 小池祐貴(住友電工) 20.46+1.0
2 デーデーブルーノ(東海大) 20.63+1.0
3 鈴木涼太(城西大) 20.73+1.0
4 山下潤(ANA) 20.80+1.0
5 上山紘輝(近畿大) 20.86+1.0

800m予選

1 田母神一喜(阿見AC) 1:48.25
2 源裕貴(環太平洋大) 1:48.58
3 川本奨(スズキ) 1:48.72
4 金子魅玖人(中央大) 1:48.80
5 瀬戸口大地(アースグロー) 1:49.10

800m決勝

1 田母神一喜(阿見AC) 1:46.68
2 金子魅玖人(中央大) 1:46.86
3 川本奨(スズキ) 1:46.89
4 梅谷健太(サンベルクス) 1:46.89
5 源裕貴(環太平洋大) 1:47.21

110mハードル予選

1 村竹ラシッド(順天堂大) 13.28+0.5 
2 泉谷駿介(順天堂大) 13.33+0.3 
3 石川周平(富士通) 13.37+0.3
4 横地大雅(法政大) 13.51+0.5
5 野本周成(愛媛陸協) 13.53-0.1

110mハードル決勝

1 泉谷駿介(順天堂大) 13.16+1.2 
2 金井大旺(ミズノ) 13.22+1.2 
3 高山峻野(ゼンリン) 13.37+1.2
4 野本周成(愛媛陸協) 13.38+1.2
5 横地大雅(法政大) 13.47+1.2

3000mSC障害物決勝

1 三浦龍司(順天堂大) 8:15.99
2 山口浩勢(愛三工業) 8:19.96
3 青木涼真(Honda) 8:20.70
4 潰滝大記(富士通) 8:25.49
5 小原響(青山学院大) 8:27.80

走り高跳び決勝

1 戸邉直人(JAL) 2m30
2 真野友博(九電工) 2m27
3 衛藤昂(味の素AGF) 2m24
4 藤田渓太郎(佐竹食品陸上部) 2m24
5 瀬古優斗(滋賀レイクスターズ) 2m24

円盤投げ決勝

1 堤雄司(ALSOK群馬) 59m29
2 湯上剛輝(トヨタ自動車) 57m46
3 幸長慎一(四国大) 57m35
4 安藤夢(みはる矯正AC) 55m63
5 蓬田和正(ゴールドジム) 54m72

三段跳び決勝

1 山下祐樹(Break Parking) 16m12+0.5
2 安立雄斗(福岡大) 16m04+1.2
3 池畠旭佳瑠(駿大AC) 15m96+0.2
4 黒木雄太朗(東海AC) 15m94+0.2
5 中山昂平(渡辺パイプ) 15m91+1.0

棒高跳び決勝

1 竹川倖生(丸元産業) 5m70
2 江島雅紀(富士通) 5m60
3 石川拓磨(東京海上日動CS) 5m60
4 山本聖途(トヨタ自動車) 5m60
5 重藤慶多(マックスバリュ西日本) 5m50

走り幅跳び決勝

1 橋岡優輝(富士通) 8m36+0.6 ※大会記録
2 津波響樹(大塚製薬) 7m91-0.6
3 城山正太郎(ゼンリン) 7m90+0.1
4 小田大樹(ヤマダホールディングス) 7m87+0.5
5 外川天寿(ジャンプライズAC) 7m85+0.2

砲丸投げ決勝

1 武田歴次(栃木スポ協) 18m64
2 佐藤征平(新潟アルビレックス) 18m04
3 村上輝(日本体育施設) 17m90
4 岩佐隆時(東海大) 17m69
5 奥村仁志(国士舘大) 17m47

ハンマー投げ決勝

1 福田翔大(日本大) 71m37
2 柏村亮太(ヤマダホールディングス) 69m77
3 木村友大(ゼンリン) 68m82
4 植松直紀(スズキ) 68m68
5 小田航平(九州共立大) 68m56

やり投げ決勝

1 小南拓人(染めQ) 80m88
2 ディーン元気(ミズノ) 79m94
3 小椋健司(栃木スポ協) 78m45
4 石坂力成(鳥取スポ協) 75m91
5 坂本達哉(なげるラボ) 74m21

<女子>

400m予選

1 青山聖佳(大阪成蹊AC) 53.20
2 久保山晴菜(今村病院) 53.59
3 松尾季奈(立命館大) 53.59
4 松本奈菜子(東邦銀行) 54.13
5 吉田紗弓(愛知高校AC) 54.25

400m決勝

1 小林茉由(J.VIC) 52.86
2 松本奈菜子(東邦銀行) 53.35
3 青山聖佳(大阪成蹊AC) 53.42
4 久保山晴菜(今村病院) 53.72
5 岩田優奈(スズキ) 54.09

100m予選

1 兒玉芽生(福岡大) 11.46
2 君嶋愛梨沙(土木管理総合) 11.51
3 壹岐あいこ(立命館大) 11.59
4 齋藤愛美(大阪成蹊大) 11.61
三浦愛華(園田学園女子大) 11.61
名倉千晃(NTN) 11.61

100m準決勝

1 兒玉芽生(福岡大) 11.46
2 壹岐あいこ(立命館大) 11.60
3 石川優(青山学院大) 11.62
4 名倉千晃(NTN) 11.62
5 君嶋愛梨沙(土木管理総合) 11.70
6 青山華依(甲南大) 11.72
7 世古和(CRANE) 11.74
8 齋藤愛美(大阪成蹊大) 11.75

100m決勝

1 兒玉芽生(福岡大) 11.62
2 壹岐あいこ(立命館大) 11.64
3 名倉千晃(NTN) 11.78
4 齋藤愛美(大阪成蹊大) 11.82
5 君嶋愛梨沙(土木管理総合) 11.86

1500m決勝

1 田中希実(豊田織機TC) 4:08.39
2 卜部蘭(積水化学) 4:10.52
3 井出彩乃(ワコール) 4:13.49
4 飯野摩耶(埼玉医科大学G) 4:15.03
5 道下美槻(立教大) 4:16.01

100mハードル予選

1 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 13.11-0.3
2 清山ちさと(いちご) 13.21+0.9
3 大久保有梨(ユティック) 13.23-0.3
4 鈴木美帆(長谷川体育施設) 13.26-0.1
5 玉置菜々子(国士舘大) 13.32+0.5

100mハードル準決勝

1 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 13.06+0.2
2 清山ちさと(いちご) 13.17+0.2
3 鈴木美帆(長谷川体育施設) 13.22+0.2
4 大久保有梨(ユティック) 13.25+0.2
5 竹内真弥(チームミズノアスレティック) 13.30+0.2
6 芝田愛花(環太平洋大) 13.35+0.2
7 田中佑美(富士通) 13.37+0.2

100mハードル決勝

1 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 13.09
2 清山ちさと(いちご) 13.22
3 鈴木美帆(長谷川体育施設) 13.35
4 竹内真弥(チームミズノアスレティック) 13.42
5 大久保有梨(ユティック) 13.44

4×100mリレー決勝

1 日本 3:32.17
2 インターナショナル 4:02.85

200m予選

1 兒玉芽衣(福岡大) 23.76
2 大石沙也加(セレスポ) 23.93
3 鶴田玲美(南九州ファミリーマート) 23.96
4 齋藤愛美(大阪成蹊大) 24.02
5 壹岐あいこ(立命館大) 24.04

800m予選

1 卜部蘭(積水化学) 2:05.70
2 広田有紀(新潟アルビレックスRC) 2:06.53
3 田中希実(豊田織機TC) 2:07.23
4 川田朱夏(東大阪大) 2:07.31
5 北村夢(エディオン) 2:07.45

400mハードル予選

1 宇都宮絵莉(長谷川体育施設) 56.94
2 山本亜美(立命館大) 57.04
3 伊藤明子(セレスポ) 57.74
4 横田華恋(籠谷) 57.81
5 津波愛樹(福岡大) 58.17

3000mSC障害物決勝

1 山中柚乃(愛媛銀行) 9:41.84 
2 吉村玲美(大東文化大) 9:45.52
3 藪田裕衣(大塚製薬) 9:46.44
4 森智香子(積水化学) 9:53.55
5 石澤ゆかり(エディオン) 10:02.39

走り幅跳決勝

1 秦澄美鈴(シバタ工業) 6m40
2 高良彩花(筑波大) 6m30
3 竹内真弥(チームミズノアスレティック) 6m20
4 嶺村優(オリコ) 6m15
5 吉田花鈴(摂津高) 6m06

円盤投げ決勝

1 齋藤真希(東京女子体育大) 52m89
2 辻川美乃利(内田洋行AC) 52m05
3 郡菜々佳(九州共立大) 50m30
4 川口紅音(第一学院高教) 49m88
5 藤森夏美(福井県スポ協) 49m85

棒高跳び決勝

1 諸田実咲(栃木スポ協) 4m20
2 那須眞由(籠谷) 4m10
田中伶奈(香川大) 4m10
4 竜田夏苗(ニッパツ) 4m10
5 前川淳(日本体育大) 4m00

やり投げ決勝

1 北口榛花(JAL) 61m49
2 斉藤真理菜(スズキ) 59m10
3 武本紗栄(大阪体育大) 57m95
4 上田百寧(福岡大) 57m39
5 西村莉子(三菱電機) 56m85

ハンマー投げ決勝

1 渡邊茜(丸和運輸機関) 66m24
2 勝山眸美(オリコ) 63m03
3 村上来花(弘前実高) 62m25
4 藤本咲良(コンドーテック) 60m40
5 エパサカ・テレサ(新潟医療福祉大) 58m54

陸上日本選手権2021の日程は?

この大会は、6月24日(木)~27日(日)までの4日間にわたって開催されます。

開催地は大阪府大阪市、会場は長居スタジアムです。

一番注目を集めるとみられる、男子100m決勝は、6月25日(金)に行われますよ!

主な競技の日程は、以下の通りです。

6月24日(木)

男子: 100m 予選 15:40~ ・準決勝 19:32~/400m 予選 18:30~/1500m 予選 14:35~ /5000m 決勝 18:55~/走高跳決勝 17:00~/円盤投決勝 18:00~
女子: 100m 予選 15:00~・準決勝 19:20~/400m 予選 18:05~/走幅跳決勝 17:05~/円盤投決勝 15:30~

6月25日(金)

男子: 100m 決勝 20:30~/400m 決勝 19:35~/1500m 決勝 19:10~/400mH 予選 18:35~/三段跳決勝 18:35~
女子: 100m 決勝 20:15~/400m 決勝 19:25~/1500m 決勝 19:00~/100mH 予選 17:15~・準決勝 19:50~ /棒高跳決勝 17:50~/やり投決勝 18:30~

6月26日(土)

男子: 200m 予選 17:15~/800m 予選 14:20~/110mH 予選 16:45~/400mH 決勝 17:50~/3000m 障害物決勝 16:05~/棒高跳決勝 14:45~/ハンマー投決勝 16:15~
女子: 200m 予選 16:25~/800m 予選 13:20~/100mH 決勝 17:15~/400mH 予選 13:50~/3000m 障害物決勝 15:40~/三段跳決勝 16:00~/ハンマー投決勝 13:55~

6月27日(金)

男子: 200m 決勝 17:50~/800m 決勝 16:05~/110mH 決勝 17:25~/走幅跳決勝 15:40~/砲丸投決勝 16:10~/やり投決勝 16:00~
女子: 200m 決勝 17:38~/800m 決勝 16:15~/5000m 決勝 16:50~/400mH 決勝 16:35~/走高跳決勝 14:05~/砲丸投決勝 16:10~

スポンサーリンク

陸上日本選手権2021のテレビ放送・ネット中継は?

この大会のテレビ放送、ネット中継については、6月8日(火)時点で明らかになっていません。

ただ、毎年NHKが地上波・総合テレビとBS放送・BS1で放送しており、東京オリンピック代表代表選考会となる今大会に放送を行われないはずがないと思います!

テレビ放送が発表されたら、こちらで詳細を追記します!

テレビ放送に加えて、ネット中継があると観戦がすごく便利になりますよね?

特に平日の昼間に行われる競技については、なかなかご覧になれない方も多いかと思います。

そんなときにネット中継があれば、ちょっとした移動時間などでもチェック可能なので、すごく便利です!

そんなネット中継もテレビ放送と同じく、6月8日(火)時点では、正式に発表が行われていませんが、こちらも前回大会は日本陸上競技連盟がネット中継を行っていました。

前年大会はテレビ放送開始までのライブ配信でしたが、今大会は果たしてどうなるでしょうか!

こちらも発表されたら、こちらで詳細を追記します!

※6/21追記(NHKがテレビ放送とネット中継を行うことを正式に発表したので、その内容を記載)

今大会は、NHKがテレビ放送、ネット中継ともに行うことが発表されました。

テレビ放送はBS1と総合テレビ、ネット中継は総合テレビの放送分と同じスケジュールでNHKプラスで配信されます。

なお、NHKプラスは特に料金などを支払わなくても視聴できる方法となります。

放送、配信スケジュールは以下の通りです。

テレビ放送

<BS1・総合テレビ>

6月24日(木)18:00~19:50 BS1

6月25日(金)18:30~19:30 BS1 19:30~20:42 総合テレビ

6月26日(土)15:30~16:00 BS1 16:00~18:00 総合テレビ

6月27日(日)15:30~16:00 BS1 16:00~18:00 総合テレビ

<BS8K>

6月24日(木)18:00~19:50

6月25日(金)18:30~20:45

6月26日(土)16:00~18:00

6月27日(日)16:00~18:00

ネット中継

6月25日(金)19:30~20:42

6月26日(土)16:00~18:00

6月27日(日)16:00~18:00

陸上日本選手権2021の出場選手は?

この大会は陸上の国内最高峰の大会ということに加え、今回はすぐ後に控える東京オリンピック代表選考会ということもあり、例年以上に日本のトップ選手のほとんどが出場する予定です。

しかも、各選手が軒並みコンディションを上げた状態で臨んでくるので、記録にも期待が高まる楽しみな大会となりました。

特に男子100mでは、山縣亮太、サニブラウン・ハキームの両選手に加え、桐生祥秀、小池祐貴、ケンブリッジ飛鳥といったいずれも優勝かつ9秒台を狙える選手が顔を揃え、これは陸上ファンとしては絶対に見逃せないですね!

ただ、ほかの種目も楽しみな選手が揃っているので、出場選手は要注目です!

出場選手が発表されたら、こちらに追記するので、ぜひチェックしてみてください!

まとめ

今回は、陸上日本選手権2021について、日程、テレビ放送、ネット中継、結果速報、出場選手などの情報をまとめてみました。

今大会は来月に迫った東京オリンピックの代表選考会も兼ねた大会となり、軒並み各選手がコンディションを整えた上で挑む注目の大会となります!

特に男子100mでは昨年のこの大会をケガで欠場という悔しい思いをした山縣亮太選手が3位以内に入ればオリンピック代表決定という状況で挑むほか、各選手がレベルが高く注目のレースになるのは間違いありません!

テレビ放送やネット中継、さらに出場選手の情報は今後随時発表されていく見通しなので、その都度情報を掲載していきます!

では、東京オリンピック代表の座をかけた熱い戦い、楽しみに待ちましょう!

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています