夏の甲子園2019当日券は何時から並ぶ?買い方や販売時間・購入場所も

第101回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園2019)の地方大会が全国各地で開催され、代表校が少しづつ決まり始めましたね。

いよいよ今年も高校球児の夏、高校野球ファンが楽しみにしている夏がやってきます!

今大会は例年通り47都道府県予選を勝ち抜いた49校により全国の頂点が争われますが、前回大会以上の”熱い夏”を期待したいですね!

すでにチケットを確保された方もいらっしゃると思いますが、仕事の予定などで前売り券を購入できない方や、当日券のみの販売となっている外野自由席などの購入を予定されている方もいるかと思います。

そこで今回は、夏の甲子園2019の当日券について、

  • 種類
  • 買い方
  • 販売時間
  • 購入場所

といった情報をまとめていきます。

ぜひ、今年の甲子園の観戦の参考にしてみてください!

【関連記事】

スポンサーリンク

夏の甲子園2019当日券は何時から並ぶ?買い方や販売時間・購入場所も

夏の甲子園2019当日券の種類は?料金は?

まず、前売りチケットですが、中央特別指定席(6月12日受付開始)と一・三塁特別自由席(6月28日受付開始)の通し券がWEBサイトでも販売されましたが、いずれもすでに完売となっています。

前売り券で7月23日(火)から販売開始となるのが、これらの席の単日券となりますが、前回大会も早々に完売となってしまいました。

ですので、早めに予定が立てられる方は一刻も早く前売り券の購入をおすすめします!

ただ、売り切れてしまっている場合にもチケットフリマサイト、「チケットストリート」で出品される可能性もあるので、以下のバナーからこまめにチェックしてみてください!

掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

↓↓夏の甲子園2019の通し券や単日券などの掘り出し物はこちら↓↓

当日券は、これを除いた以下の区分のチケットとなります。(子供は4歳~小学6年生)

  • 1・3塁特別自由席大人  2,000円
  • 1・3塁特別自由席子供  800円
  • 1・3塁アルプス席    800円
  • 外野自由席大人     500円
  • 外野自由席子供     100円

バックネット裏を除くほとんどの席が当日券として割り当てられるので、当日できるだけ早めに球場に足を運べば、入手できる可能性が高いです。

ただ、週末に人気カードが重なったりした場合は、朝から「満員札止め」なんてこともあるので、早めに球場に足を運ばれた方がいいですね!

一番料金が安いのはもちろん外野自由席ですが、私個人としては、アルプス席が楽しかったですね。その高校や地元色の強い応援を間近でみられますし、いつの間にかその高校を応援してしまったりします(笑)

なお、購入は一人5枚までとなっています。また、一度購入された入場券は、第1試合が成立しなかった場合を除き、払い戻しは行われません!

ですので、第1試合成立後、降雨などで以後の試合が中止になっても払い戻しの対象とはなりません。

第1試合が降雨などで成立せず、以降の試合も中止となった場合、当日券は翌日有効となります。払い戻しを希望の場合は、中止当日に限り、阪神甲子園球場の窓口で払い戻しが行われます。

スポンサーリンク

夏の甲子園2019当日券の売り場や販売時間

当日券の売り場ですが、阪神甲子園球場には入場券販売窓口があり、そちらとなります。

球場開門と当時に発売となりますので、確実にその日のチケットを入手したいのであれば、開門予定時刻の前には球場に足を運んでいたいですね。

その開門予定時刻ですが、試合数などによって、日ごとに異なりますが、7月22日(月)現在発表されていません。

ご参考までに前回大会の開門時間は、以下の通りとなっています。

  • 初日(開会式) 07:00 
  • 4試合日     07:00
  • 3試合日           08:00
  • 準決勝             08:00
  • 決勝                11:00

いずれも1時間前倒しで開門していますので、今大会もその可能性が高いですね。

とにかく始発電車で球場に向かうくらいのイメージでいた方がいいと思います!

以下に今年の日程もまとめましたので、当日の試合数などをご参照の上、当日券の購入も含めたスケジュールを立ててみてください!

ただ、降雨で順延などが生じた場合、スケジュールが変わってくる可能性もありますので、その点はご注意ください!

夏の甲子園2019の日程

夏の甲子園2019の日程は、以下の通りとなっています。

  • 8月3日(土)  組み合わせ抽選会
  • 8月6日(火)  開会式9時・3試合
  • 8月7日(水)  8時・4試合
  • 8月8日(木)  8時・4試合
  • 8月9日(金)  8時・4試合
  • 8月10日(土)8時・4試合
  • 8月11日(日)8時・4試合
  • 8月12日(月)8時・4試合
  • 8月13日(火)8時・4試合
  • 8月14日(水)8時・4試合
  • 8月15日(木)8時・4試合
  • 8月16日(金)8時・4試合
  • 8月17日(土)準々決勝・8時
  • 8月18日(日)休養日
  • 8月19日(月)準決勝・9時
  • 8月20日(火)休養日
  • 8月21日(水)決勝戦・14時

まとめ

今回は夏の甲子園2019の当日券の販売時間を含む入手方法、売り場の紹介、さらにチケットの値段などをまとめてみました!

 

前売り入場券は1回戦~決勝戦まで観戦できる通し券が完売、単日券は7月23日(火)10時から販売されますが、こちらも早々に売り切れてしまう可能性が高いと思われます。

 

ですが、一・三塁塁側特別自由席、アルプス席、外野自由席などは当日券の販売が決まっているので、前売りチケットを確保できていなくても大丈夫です!

 

ただ、私が甲子園を見に行った日で「満員札止め」という日もありましたし、強豪校同士、さらに地元の高校同士など、その日のカードによっては、早めに売り切れることも十分考えられます。

 

できるだけ早めに行くに越したことはないので、時間に余裕を持って観戦のスケジュールを立ててみてくださいね!

 

【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています