甲子園2019準々決勝の当日券は何時から並ぶ?買い方や販売時間・購入場所も

第101回全国高等学校野球選手権大会(甲子園2019)も3回戦に入り、ベスト8の顔ぶれがそろそろ出そろいます。

準々決勝は1日で4試合も強豪校同士の対戦が楽しめるので、お得な日ですよね!

しかも今年は週末に行われるだけでなく、地元の高校が出場するなどの条件が揃っているので、高校野球ファンの方が甲子園球場に殺到しそうです。

すでにチケットを確保された方もいらっしゃると思いますが、仕事の予定などで前売り券を購入できない方や、当日券のみの販売となっている外野自由席などの購入を予定されている方もいるかと思います。

そこで今回は、甲子園2019準々決勝の当日券について、

  • 種類
  • 買い方
  • 販売時間
  • 購入場所

といった情報をまとめていきます。

ぜひ、この記事の情報を参考に少しでも早めに予定を立てて、準々決勝を阪神甲子園球場で楽しんでください!

【関連記事】

甲子園2019準々決勝の組み合わせと日程!当日券の買い方や混雑予想・開門時間も

スポンサーリンク

甲子園2019準々決勝の当日券は何時から並ぶ?買い方や販売時間・購入場所も

甲子園2019準々決勝の当日券の種類は?料金は?

まず、前売りチケットですが、中央特別指定席と一・三塁特別自由席の1回戦~決勝戦までの通し券が6月からWEBサイトでも販売されましたが、すでに完売となっています。

さらに開催日ごとの単日券も7月23日(火)から販売されましたが、こちらも早々に完売となってしまいました。

ただ、売り切れてしまっている場合にもチケットフリマサイト、「チケットストリート」で出品される可能性もあるので、以下のバナーからこまめにチェックしてみてください!

掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

↓↓甲子園2019の通し券や単日券などの掘り出し物はこちら↓↓

一方で、当日券は、これを除いた以下の区分のチケットとなります。(子供は4歳~小学6年生)

  • 1・3塁特別自由席大人  2,000円
  • 1・3塁特別自由席子供  800円
  • 1・3塁アルプス席    800円
  • 外野自由席大人     500円
  • 外野自由席子供     100円

バックネット裏を除くほとんどの席が当日券として割り当てられています。

ちなみに座席表は以下の通りです。

出典:日本高等学校野球連盟公式HP

ただ、準々決勝は週末の日曜日開催で、しかも天気予報で晴天が見込まれています。

さらに、16日(金)に行われた3回戦で阪神甲子園球場の地元、兵庫県の明石商業が勝利したほか、17日(土)にも近畿勢の高校が出場し、勝ち残る可能性があります。

これだけ条件が揃うと、朝から「満員札止め」なんていう状況になる可能性がかなり高いです。

ただ、週末に人気カードが重なったりした場合は、朝から「満員札止め」なんてこともあるので、早めに球場に足を運ばれた方がいいですね!

一番料金が安いのはもちろん外野自由席ですが、私個人としては、アルプス席が楽しかったですね。その高校や地元色の強い応援を間近でみられますし、いつの間にかその高校を応援してしまったりします(笑)

なお、購入は一人5枚までとなっています。また、一度購入された入場券は、第1試合が成立しなかった場合を除き、払い戻しは行われません!

ですので、第1試合成立後、降雨などで以後の試合が中止になっても払い戻しの対象とはなりません。

第1試合が降雨などで成立せず、以降の試合も中止となった場合、当日券は翌日有効となります。払い戻しを希望の場合は、中止当日に限り、阪神甲子園球場の窓口で払い戻しが行われます。

スポンサーリンク

甲子園2019準々決勝当日券の買い方や売り場・販売時間

阪神甲子園球場には上記の座席表の通り、バックネット裏(中央特別席)側の1階に入場券販売窓口があり、当日券もそちらで購入できます。

当日券は球場開門と同時に発売となりますが、その開門時間は以下の通りです。

  • 外野 05:50
  • 内野 06:20

確実に準々決勝の当日券を入手したいのであれば、開門予定時刻の前には球場に足を運んでいたいですね。

阪神甲子園球場の最寄り駅である阪神電車の甲子園駅は梅田方面から、三宮方面からともに5時前後に到着の電車が始発になるので、この電車に乗るのがマストです!

甲子園駅から阪神甲子園球場までは徒歩2~3分程度なので、ひょっとしたらダッシュで向かう方もいるかもしれませんね。

くれぐれも転んだりケガだけはされないように気をつけてください!

甲子園2019準々決勝の日程・対戦カード

最後に甲子園2019準々決勝の日程、対戦カードについて、整理しておきましょう!

この記事を書いている時点では、準々決勝の1試合目、2試合目までの対戦カードが決まり、3試合目、4試合目のカードは17日(土)に行われる3回戦4試合の後に行われる抽選で決定します。

※8/17更新(3回戦の試合後の抽選結果に伴って、組み合わせを更新)

  • 第1試合 08:00 明石商(兵庫) vs 八戸学院光星(青森)
  • 第2試合 10:30 中京学院大中京(岐阜) vs 作新学院(栃木)
  • 第3試合 13:00 星稜(石川)  vs
  • 第4試合 15:30 履正社(大阪) vs 

甲子園といえども1試合目の08:00開始の試合は空席が目立つ試合もありましたが、準々決勝では1試合目に阪神甲子園球場の地元、兵庫県の明石商業が登場することになったので、そうはいかなそうですね。

さらに17日(土)に行われる試合でも地元の近畿勢が登場するので、その勝ち上がり次第では、さらに混雑に拍車をかけそうです。

こちらと関連記事「甲子園2019準々決勝の組み合わせと日程!当日券の買い方や混雑予想・開門時間も」にさらに詳しく準々決勝の日程などをまとめましたので、ぜひご覧ください!)

まとめ

今回は甲子園2019準々決勝の当日券の販売時間を含む入手方法、売り場の紹介、さらにチケットの値段などをまとめてみました!

 

前売り入場券は1回戦~決勝戦まで観戦できる通し券のほか、7月23日(火)10時から販売された単日券も早々に売り切れてしまいました。

 

当日券は一・三塁塁側特別自由席、アルプス席、外野自由席などが販売されます。

 

ただ、本文中でお伝えしたように混雑する条件が揃っているので、とにかく梅田方面からも三宮方面からも開門時間となる05:50に間に合うように、始発電車で向かうことをおすすめします!

 

ですので、18日(日)当日は早起きで大変かと思いますが、強豪校による対戦が4試合も楽しめる1日を確保するために頑張りましょう!

 

【関連記事】

甲子園2019準々決勝の組み合わせと日程!当日券の買い方や混雑予想・開門時間も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています