ニューイヤー駅伝2022日程とテレビ放送・ネット中継!結果速報や無料動画視聴方法も

男子実業団駅伝の日本一決定戦で日本の元旦の風物詩、ニューイヤー駅伝2022(第66回全日本実業団駅伝)の開催が迫ってきました!

この大会のランナーには箱根駅伝で活躍した選手も多く含まれ、陸上ファンの方なら目移りしてしまうくらいスターが勢ぞろいの駅伝です!

特に今回は東京2020オリンピックの日本代表選手が勢ぞろいとなるので、例年以上に注目を集めそうですね

そんな大注目のレースは、テレビでの生中継はもちろん、前々回大会から動画配信サービス「Paravi(パラビ)」がライブ配信を行うようになったので、スマホやタブレットでも視聴が可能になりました!

ですので、テレビで注目の番組が集まる元旦の昼にもスマホやタブレットでしっかりこのレースのもようをチェックできますよ!

今回は、そんなニューイヤー駅伝2022について、

  • 日程
  • テレビ放送
  • ネット中継
  • 結果速報
  • 無料動画視聴方法

などの情報をまとめていきます!

※1/1追記(当日のレースの結果速報について、本文中で随時更新)

【関連記事】

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2022日程とテレビ放送・ネット中継!結果速報や無料動画視聴方法も

(開催当日のレースが始まったら、結果速報を一番上に移動します)

ニューイヤー駅伝2022の結果速報

当日のレースの結果速報をここにまとめます。

随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

※1/1追記(当日のレースの結果速報について随時更新)

第7区

総合順位

  1. Honda 4:51:04
  2. SUBARU +1:05
  3. 旭化成 +1:43
  4. 三菱重工 +1:45
  5. トヨタ自動車 +3:04

個人順位

区間賞 Honda・土方英和 46:36

第6区

総合順位

  1. Honda 4:04:28
  2. SUBARU +0:16
  3. 三菱重工 +0:32
  4. 旭化成 +0:42
  5. 黒崎播磨 +1:44

個人順位

区間賞 Honda・中山顕 36:27

第5区

総合順位

  1. 三菱重工 3:27:29
  2. SUBARU +0:21
  3. Honda +0:32
  4. 黒崎播磨 +0:39
  5. 旭化成 +0:45

個人順位

区間賞 黒崎播磨・細谷恭平 1:03:43

第4区

総合順位

  1. 三菱重工 2:38:50
  2. 黒崎播磨 +0:39
  3. SUBARU +0:54
  4. トヨタ自動車 +1:00
  5. Honda +1:21

個人順位

区間賞 黒崎播磨・細谷恭平 1:03:43

第3区

総合順位

  1. 三菱重工 1:34:38
  2. 旭化成 +0:16
  3. トヨタ紡織 +0:28
  4. マツダ +0:36
  5. NTT西日本 +0:38

個人順位

区間賞 旭化成・相沢晃 37:09

第2区

総合順位

  1. SUBARU 57:00
  2. YKK +0:16
  3. トヨタ紡織 +0:19
  4. マツダ +0:21
  5. 三菱重工 +0:21

個人順位

区間賞 SUBARU・キプラガット・ベンソン 22:03

第1区

総合順位

  1. 九電工 34:41
  2. YKK +0:03
  3. 富士通 +0:03
  4. 旭化成 +0:04
  5. 日立物流 +0:05

個人順位

区間賞 九電工・船津 34:41

ニューイヤー駅伝2022の日程は?

ニューイヤー駅伝は、2022年の元旦、1月1日(土)09:15に群馬県庁前をスタート/フィニッシュする100km・全7区間をたすきでつなぎ、ゴールは14:00頃の見通しです。

元旦の朝~午後にかけて行われるので、大晦日に夜更かしし、朝ゆっくりと起きて、初詣に行くときにはレースの佳境に差し掛かっている、なんていう方も多いかと思います。

そんな方も前々回大会からParavi(パラビ)のネット中継が行われるようになったので、スマホやタブレットでじっくりこのレースを楽しめます!

ホント便利な時代になりましたね!

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2022のテレビ放送は?

この大会は、以下のスケジュールで、TBS系列28局ネットで全国に向けて放送されます。

2022年1月1日(土)08:30~

全国ネットなので、日本各地の駅伝ファンの方がご覧いただくことができますが、一方で駅伝やマラソンは長丁場の放送となるので、どうしても外出の予定など入ったりする方も多いと思います。

そんな方のために、ネット中継についてもご紹介していきますね!

ニューイヤー駅伝2022のネット中継は?

テレビでの生中継はありますが、元旦に朝から昼までずっとテレビにかじりついて駅伝を見ることができる方、実はかなり少ないのではないでしょうか?

初詣は新型コロナの影響で控える方もいらっしゃるかと思いますが、ニューイヤー駅伝以外にも注目のスポーツも元旦には行われることから、テレビを独り占めできる方ばかりではないと思います。

そんな状況で、最初から最後までじっくりご覧になれなかった方もいると思います。

ところが、前々回大会からその状況が変わりました!!!

Paravi(パラビ)がスタートからゴールまで完全ライブ配信を行うようになったんです!

ネット配信なので、自分のスマホやタブレットで視聴でき、しかも外出中も楽しめるので、見どころを見逃す心配がありません!

しかも、Paravi(パラビ)のスポーツコンテンツはダイジェスト番組のほか、見逃し配信も行われるので、万が一寝過ごしてしまったりした場合も後日ニューイヤー駅伝2021を楽しめるので、安心して年末年始を過ごすことができますね!

Paravi(パラビ)はTBS、テレビ東京、WOWOWなどが出資して運営している動画配信サービスです。

1,017円(税込)で、民放の人気ドラマなどが見放題ですごく使い勝手のいいサービスとして人気があります。

まだ加入されていない方、なんとこのParavi(パラビ)を無料で視聴できる方法があるので、後ほどご紹介しますね!

ニューイヤー駅伝2022の無料動画視聴方法は?

Paravi(パラビ)は上記の通り、通常は1,017円(税込)の月額料金がかかるのですが、2週間の無料体験期間が設けられています。

その期間内であれば、解約も自由にできます!

ということは、ニューイヤー駅伝2022のみタダで視聴する、なんてことも可能なわけですね!

ホントにそんなことあるの?

って思われる方もいるかもしれませんが、現在こういった動画配信は新しいサービスがどんどん出てきていて、お客さんの取り合いになっています。

なので、各社とも無料キャンペーンでお客さんに使い勝手をアピールしている状況なんです。

ですので、お客さんとしては少しでも興味があれば、まず無料キャンペーン期間中にサービスを試してみるってことが可能なんですね!

そして、その無料キャンペーンの申し込みも2~3分くらいで簡単にできてしまうんです!

とりあえず、試してみようっていう方は、以下のバナーをクリックすると申し込み画面が出てくるので、そこから登録してみてください!

↓Paravi(パラビ)でニューイヤー駅伝2022のネット中継を無料で視聴するにはこちらをクリック↓

では、そんなParavi(パラビ)の2週間無料キャンペーンの申し込み方法について、具体的にご紹介していきますね!

まず、上記のバナーをクリックしてください!

そうすると、加入画面が出てくるので、あとは、以下の通り手続きいただくだけです!

1.ベーシックプランのアカウント作成画面が出てくるので、メールアドレスか外部サービス(日経、Facebook、Twitter、Google、Yahoo!)アカウントでアカウントを作成

2.メールアドレスでアカウントを作成した場合、簡単な個人情報(名前、メールアドレス、パスワード、生年月日、性別、クレジットカード情報)を入力する画面に移行

3.メールアドレスを入力後「PINコードを送信」をクリックすると記入したアドレスに4桁のPINコードが届くので、そちらを入力

4.クレジットカード情報を入力し、間違いがなければ「利用規約およびプライバシーポリシーに同意する」をチェックし、「クレジットカードで登録する」をクリック

※「お知らせを受け取る」のチェックは必須ではありませんが、チェックすると最新の情報やお得な情報が届きます。

まとめ

今回はニューイヤー駅伝2022について、日程、テレビ放送、ネット中継、結果速報、無料動画視聴方法などについてまとめてみました。

 

毎年陸上ファンが楽しみにしているニューイヤー駅伝ですが、今回は特に来年の東京オリンピックを控え、マラソンと1万mの日本代表選手が勢ぞろいするので、絶対に見逃せません!

 

そんなこのレースですが、Paravi(パラビ)によるネット中継が行われるので、外出中でもスマホやタブレットで見られます。

 

Paravi(パラビ)は無料での視聴期間が設けられていて、ニューイヤー駅伝以外にドラマなども見放題となります。

 

↓Paravi(パラビ)でニューイヤー駅伝2022のネット中継を無料で視聴するにはこちらをクリック↓

 

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています