箱根駅伝予選会2021-2022日程とテレビ放送・ネット中継!結果速報とエントリーも

箱根駅伝本戦の出場権をかけたサバイバルレースとなります!

第98回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会(箱根駅伝予選会2021-2022)が10月23日(土)に行われます。

この大会、今年の箱根駅伝でシード権を逃した大学も加わり、来年の本戦をかけて各大学の選手が個人のタイムを競い、その合計タイム上位から出場権を得ていく究極のサバイバルレースとなります。

法政大学、明治大学といった有力な大学がシード権を失ったこともあり、今回の予選会は例年以上に狭き門を争う舞台になりそうです。

今回は、箱根駅伝予選会2021-2022について、

  • 日程
  • テレビ放送
  • ネット中継
  • 結果速報
  • エントリー

などの情報をまとめていきます!

※10/23追記(当日の結果速報について、本文中で随時更新)

※10/21追記(ネット中継が発表されたので、その内容について本文中に記載)

【関連記事】

スポンサーリンク

箱根駅伝予選会2021-2022日程とテレビ放送・ネット中継!結果速報とエントリーも

(レースが始まったら、日程と結果速報の順番を入れ替えます)

箱根駅伝予選会2021-2022の結果速報

このレースの結果速報をここにまとめます。

随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

※10/23追記(当日の結果速報について随時更新)

最終順位

順位 大学名 本選出場 記録
1 明治大 4年連続63回目 10:33:22
2 中央大 5年連続95回目 10:37:38
3 日本体育大 74年連続74回目 10:39:32
4 山梨学院大 2年連続35回目 10:41:15
5 神奈川大 12年連続53回目 10:41:57
6 法政大 7年連続82回目 10:42:12
7 中央学院大 2年ぶり22回目 10:43:08
8 駿河台大 初出場 10:44:47
9 専修大 2年連続70回目 10:44:58
10 国士舘大 6年連続50回目 10:45:41
11 拓殖大 10:46:36
12 大東文化大 10:48:08
13 筑波大 10:48:14
14 上武大 10:49:29
15 城西大 10:49:32

10位の国士館大までが本戦出場決定!!!

18km 1位明治大、2位中央大、3位山梨学院大、4位日本体育大、5位神奈川大

15km 1位明治大、2位山梨学院大、3位日本体育大。明治大は2位に2分58秒の差をつけ、独走体制に。下位に沈んでいた法政大は6位に順位を上げる

14km ワンジク・チャールズカマウ(武蔵野学院大)が単独トップで快走

10km 1位明治大、2位大東文化大、3位国士館大、4位日本体育大、5位駿河台大。本戦出場経験豊富な中央学院大は12位、法政大は15位

8km 引き続き、ライモイ・ヴィンセント(国士館大)がトップ。ジェームズ・ブヌカ(駿河台大)らが続く

6km ライモイ・ヴィンセント(国士館大)がトップを快走。後続の日本人選手とも大きな差はなし

5km 1位立教大、2位明治大、3位日本大、4位大東文化大、5位流通経済大

09:35 予定通り全選手一斉にスタート

箱根駅伝予選会2021-2022の日程は?

この大会は、上記の通り10月23日(土)に東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地周回公認コース(ハーフマラソン:21.0975km)で行われます。

毎年このコースで予選会が行われるので、駅伝ファンの方々の間ではすっかりおなじみですよね?

スタート時間は09:35となっています。

スポンサーリンク

箱根駅伝予選会2021-2022のテレビ放送は?

この大会は、以下のスケジュールで、日本テレビ系列で放送されます。

10月23日(土)09:25~11:25 日本テレビ ※生中継

10月23日(土)19:00~20:55 BS日テレ ※録画中継

ただ、日本テレビ(関東)に加えて、ミヤギテレビ、福島中央テレビ、テレビ新潟、テレビ信州、静岡第一テレビ、南海放送、山梨放送の7局のみでの放送となります。

ですので、それ以外の地域にお住まいの方はご覧になれない、、かと思いきや、いまはネット中継があれば、全国の方がご覧になることができます。

そんな方のために、ネット中継についてもご紹介していきますね!

箱根駅伝予選会2021-2022のネット中継は?

最近はコロナ禍でスポーツの大会でネットによるライブ配信が行われるケースが増えてきました。

特に駅伝やマラソンは視聴する側もテレビの前で最初から最後までゆっくりご覧になるのが難しい方も多いと思います。

そこで、今大会もネット中継があるか調べてみましたが、10月17日(日)時点でそのような情報は見つかりませんでした。

ただ、日本テレビ系列でのスポーツ中継の場合、動画配信サービス「hulu」で配信されることもあるので、その発表がある可能性はゼロではないと思います。

引き続き、情報は追っていくので、ネット中継に関する情報が入手出来たら、こちらに追記します。

ぜひ、チェックしてみてください!

※10/21追記(ネット中継が発表されたので、その内容について記載)

今大会は在京民放キー局5局が中心となって運営するテレビ番組の無料配信サービス、Tverでライブ配信が行われることが発表されました!

これは全国の駅伝ファンの方にとって朗報ですね!

今大会については、テレビ放送と同様、09:25~からライブ配信が行われ、結果発表までしっかりチェックできます。

Tverは動画配信サービスですが、完全無料で楽しめるので、ぜひこの機会に登録しておくと、今大会だけでなくテレビ番組の楽しみ方の幅が広がりますよ!

箱根駅伝予選会2021-2022のエントリーは?

本戦に出場できるのは、予選会の上位10校とシード校10校の20校と、関東学生連合チームです。

このうち、シード校10校は今年の箱根駅伝で上位10位までに入った大学で、以下の通りとなります。

1位 駒澤大
2位 創価大
3位 東洋大
4位 青山学院大
5位 東海大
6位 早稲田大
7位 順天堂大
8位 帝京大
9位 國學院大
10位 東京国際大

そして、この予選会に出場する大学は、以下の通りとなります。

明治大
中央大
神奈川大
日本体育大
拓殖大
城西大
法政大
国士舘大
山梨学院大
専修大
筑波大
中央学院大
麗澤大
上武大
駿河大
大東文化大
東京農業大
日本大
慶応義塾大
亜細亜大
関東学院大
流通経済大
平成国際大
東京経済大
日本薬科大
明治学院大
武蔵野学院大
立教大
桜美林大
育英大
芝浦工業大
立正大
高崎経済大
東京大
帝京平成大
東京理科大
東京大学大学院
湘南工科大
一橋大
東京工業大
上智大

明治大、中央大、神奈川大、日本体育大、法政大といった箱根駅伝の常連校、そして伝統校がこの予選会に出場しますね。

これらの大学は、個人の持ちタイムでもこの予選会に出場する大学の上位になっているので、かなり本戦出場が有力視されます。

ただ、他にも近年箱根駅伝に出場したことがある大学の名前がずらりと並んでいて、この中から10校しか本戦出場できないのは、やはり狭き門だと思います。

その狭き門をこじ開けるために各大学が送り込むエントリー選手は以下の通りです。

各大学のエントリー選手のリストはこちら

出典:関東学生陸上競技連盟公式サイト

まとめ

今回は箱根駅伝予選会2021-2022について日程、テレビ放送、ネット中継、結果速報、エントリーなどの情報をまとめました。

 

この予選会は、各大学の出場選手のタイム上位10位までに与えられる来年の箱根駅伝出場権をかけて行われます。

 

今回は実力のある名門校、伝統校がこの予選会に回ったので、例年以上に狭き門をかけた戦いとなりそうですね!

 

今回の予選会は、日本テレビが地上波で全国ネット生中継することが決まっています。

 

では、学生駅伝ファンの皆さん、緊張と興奮が交差する予選会を楽しみに待ちましょう!

 

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています