スキージャンプワールドカップ男子2019-2020の日程とテレビ放送は?結果速報も

小林陵侑選手の2シーズン連続ワールドカップ総合優勝に期待がかかります!

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020シーズンが11月22日(金)~11月24日(日)のビスワ大会(ポーランド)で開幕します。

昨シーズンは日本ジャンプ陣のエースに成長した小林陵侑選手がジャンプ週間4連勝で史上3人目の完全優勝(グランドスラム)を達成し、ワールドカップの日本人最多勝利を更新するなど、記録づくめのシーズンとなりました!

1998年の長野オリンピックから20年、厳しい戦いが続いてきた日本男子のジャンプ陣ですが、ついに世界を凌駕する大エースが登場しましたね。

その小林陵侑選手が世界チャンピオンとしての地位を確固たるものにするためにも、重要なシーズンを迎えました。

今回は、そんな大注目のスキージャンプワールドカップ男子2019-2020について、

  • 日程
  • テレビ放送予定
  • 結果速報

などをまとめます!

※1/1追記(ガルミッシュ・パルテンキルヒェン大会の予選の結果速報を本文中で更新)

※12/31追記(ガルミッシュ・パルテンキルヒェン大会の予選の結果速報を本文中で更新)

※12/29追記(オーベルストドルフ大会の決勝の結果速報を本文中で更新)

※12/28追記(オーベルストドルフ大会の予選の結果速報を本文中で更新)

※12/23追記(エンゲルベルク大会・ワールドカップ個人第7戦の予選と決勝の結果速報を本文中で更新)

※12/22追記(エンゲルベルク大会・ワールドカップ個人第7戦の予選と決勝の結果速報を本文中で更新)

※12/15追記(クリンゲンタール大会の決勝の結果速報を本文中で更新)

※12/14追記(クリンゲンタール大会の予選の結果速報を本文中で更新)

※12/7追記(ニジニ・タギル大会の決勝の結果速報を本文中で更新)

※12/6追記(ニジニ・タギル大会の予選の結果速報を本文中で更新)

※12/6追記(ニジニ・タギル大会の予選の結果速報を本文中で更新)

※12/2追記(ルカ大会の決勝の結果速報を本文中で更新)

※12/1追記(ルカ大会の予選の結果速報を本文中で更新)

※11/26追記(ビスワ大会の個人戦の結果速報を本文中で更新)

※11/25追記(ビスワ大会の団体戦の結果速報を本文中で更新)

※11/24追記(ビスワ大会の予選の結果速報を本文中で更新)

【関連記事】

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020無料動画の視聴方法!見逃しネット配信も

スキージャンプ週間【ワールドカップ男子2019-20】日程とテレビ放送!結果速報も

スキージャンプ週間【ワールドカップ男子2019-20】無料動画視聴方法!見逃し配信も

スキージャンプワールドカップ女子2019-2020の日程とテレビ放送は?結果速報も

スポンサーリンク

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020の日程とテレビ放送は?結果速報も

(各大会が始まったら、日程と結果速報の順番を入れ替えます)

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020の結果速報は?

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020の結果速報をここにまとめます。随時更新していきます!

※1/1追記(ガルミッシュ・パルテンキルヒェン大会の決勝の結果速報を更新)

決勝・2本目 ※終了

4.141.0m(144.4) 282.1 小林陵侑

5.136.5m(140.0) 273.4 伊藤大貴

23.128.0m(119.9) 251.6 佐藤慧一

27.129.5m(123.4) 247.2 佐藤幸椰

小林陵侑選手、惜しくもジャンプ週間6連勝は逃しましたが、まだ総合連覇の可能性は残っています!

決勝・1本目 ※終了

4.132.0m(137.7) 小林陵侑 Q

9.131.0m(133.4) 伊藤大貴 Q

13.134.0m(131.7) 佐藤慧一 Q

24.127.0m(123.8) 佐藤幸椰 Q

29.125.0m(119.7) 竹内 択

36.126.0m(114.7) 中村直幹

スーツ違反:小林潤志郎

※12/31追記(ガルミッシュ・パルテンキルヒェン大会の予選の結果速報を更新)

予選

4.138.0m(140.9) 小林陵侑 Q

6.138.0m(137.7) 佐藤幸椰 Q

7.136.0m(137.4) 伊藤大貴 Q

24.130.5m(127.3) 小林潤志郎 Q

27.128.0m(120.6) 佐藤慧一 Q

31.127.0m(118.1) 中村直幹 Q

43.122.0m(111.9) 竹内 択 Q

※12/29追記(オーベルストドルフ大会の決勝の結果速報を更新)

決勝・2本目

1.134.0m(150.3) 305.1 小林陵侑

7.132.0m(145.3) 280.1 佐藤幸椰

18.127.0m(134.0) 267.3 伊藤大貴

23.125.5m(128.6) 264.1 小林潤志郎

小林陵侑選手がジャンプ週間の開幕戦で優勝!ワールドカップでは通算16勝目を達成!

決勝・1本目

1.138.0m(154.8) 小林陵侑 Q

14.128.5m(135.5) 小林潤志郎 Q

15.129.5m(134.3) 佐藤幸椰 Q

17.132.0m(133.3) 伊藤大貴 Q

27.128.0m(124.2) 中村直幹

40.114.0m(107.7) 竹内 択

※12/29追記(オーベルストドルフ大会の予選の結果速報を更新)

予選

2.136.5m(149.6) 小林潤志郎 Q

4.133.5m(147.6) 小林陵侑 Q

16.128.0m(134.3) 佐藤幸椰 Q

20.125.0m(131.9) 伊藤大貴 Q

32.122.0m(122.8) 中村直幹 Q

50.130.0m(108.7) 竹内 択 Q

53.117.0m(107.4) 佐藤慧一

※12/23追記(エンゲルベルク大会・ワールドカップ個人第8戦の予選と決勝の結果速報を更新)

決勝

2本目

1.134.0m(147.8)  272.0 小林陵侑

21.119.0m(115.2) 235.7 佐藤慧一

23.120.5m(120.3) 231.2 岩佐勇研

小林陵侑選手が今シーズンのワールドカップ2勝目を達成!

1本目

7.132.5m(124.2) 小林陵侑 Q

11.130.5m(120.5) 佐藤慧一 Q

22.123.0m(110.9) 岩佐勇研 Q

50.104.5m(94.0) 竹内択

51.111.0m(93.4) 栃本翔平

55.107.0m(89.7) 伊藤健司郎

予選

9.101.5m(83.7) 伊藤健司郎

※悪天候により予選がキャンセルに。

※12/22追記(エンゲルベルク大会・ワールドカップ個人第7戦の予選と決勝の結果速報を更新)

決勝

2本目

4.134.5m(141.2)  274.1 小林陵侑

16.128.5m(127.9) 255.7 竹内択

29.117.0m(107.5) 227.2 佐藤慧一

30.115.0m(103.5) 223.6 岩佐勇研

小林陵侑選手は惜しくも4位で表彰台を逃す!

1本目

11.130.0m(132.9) 小林陵侑 Q

19.128.0m(127.8) 竹内択 Q

27.126.5m(120.1) 岩佐勇研 Q

28.120.5m(119.7) 佐藤慧一 Q

48.112.5m(99.9) 伊藤健司郎 Q

予選

5.132.5m(130.9) 小林陵侑 Q

14.125.5m(120.7) 竹内択 Q

17.129.0m(119.2) 岩佐勇研 Q

30.124.5m(113.1) 佐藤慧一 Q

47.112.5m(95.1) 伊藤健司郎 Q

54.111.0m(88.5) 栃本翔平

※12/15追記(クリンゲンタール大会の決勝の結果速報を更新)

団体決勝

1.ポーランド 968.7

2.オーストリア 943.7

3.日本 911.0

4.ノルウェー 989.2

5.スロベニア 852.6

6.ドイツ 816.7

7.スイス 768.0

8.ロシア 709.6

日本が3位表彰台!!!

個人決勝

2本目

1.134.0m(136.4) 277.0 小林陵侑

6.140.0m(142.3) 265.2 佐藤幸椰

16.129.5m(122.4) 中村直幹

21.126.0m(117.3) 236.2 伊藤大貴

小林陵侑選手が今シーズンワールドカップ初優勝!!!

1本目

1.136.5m(140.6) 小林陵侑 Q

13.128.5m(122.9) 佐藤幸椰 Q

14.132.0m(122.2) 中村直幹 Q

18.125.0m(118.9) 伊藤大貴 Q

32.123.0m(108.9) 葛西紀明

36.118.0m(105.6) 小林潤志郎

※12/14追記(クリンゲンタール大会の予選の結果速報を更新)

個人予選

6.129.0m(119.1) 小林潤志郎 Q

11.129.0m(115.0) 中村直幹 Q

15.127.5m(108.9) 伊藤大貴 Q

26.122.5m(103.7) 小林潤志郎 Q

36.123.5m(99.2) 葛西紀明 Q

43.120.0m(96.7) 佐藤幸椰 Q

※12/7追記(ニジニ・タギル大会の決勝の結果速報を更新)

決勝

2本目

1.132.0m(128.0) 251.6 佐藤幸椰

6.130.0m(124.0) 244.6 小林陵侑

11.127.0m(114.8) 233.5 伊藤大貴

26.119.5m(104.3) 206.4 小林潤志郎

佐藤幸椰選手がワールドカップ初優勝!!!

1本目

7.126.5m(123.6) 佐藤幸椰 Q

8.126.0m(120.5) 小林陵侑 Q

9.128.0m(118.7) 伊藤大貴 Q

27.119.5m(102.1) 小林潤志郎 Q

36.114.0m(93.2) 中村直幹

※12/6追記(ニジニ・タギル大会の予選の結果速報を更新)

予選

14.126.5m(108.4) 佐藤幸椰 Q

15.124.0m(107.7) 小林潤志郎 Q

17.122.0m(103.9) 伊藤大貴 Q

35.109.5m(86.0) 小林陵侑 Q

46.107.0m(80.2) 中村直幹 Q

54.100.0m(67.2) 葛西紀明

※12/2追記(ルカ大会の決勝の結果速報を更新)

決勝

2本目

6.133.0m(134.2) 267.3 小林陵侑 

17.123.5m(111.6) 236.4 小林潤志郎

1本目

6.134.0m(133.1) 小林陵侑 Q

15.129.5m(124.8) 小林潤志郎 Q

32.121.0m(103.5) 佐藤幸椰

35.117.5m(99.0) 伊藤大貴

43.105.5m(79.1) 中村直幹

※12/1追記(ルカ大会の予選の結果速報を更新)

5.138.0m(130.5) 小林潤志郎

6.133.0m(128.6) 伊藤大貴

8.128.0m(125.7) 小林陵侑

12.137.5m(122.2) 佐藤幸椰

24.133.0m(111.1) 中村直幹

59.97.5m(46.5) 葛西紀明

※11/26追記(ビスワ大会の個人戦の結果速報を更新)

個人戦

2本目

4.120.5m(114.2)  224.0 小林陵侑

5.123.5m(109.5)  223.2 伊藤大貴

10.129.5m(117.0) 217.4 小林潤志郎

13.128.0m(112.3) 213.8 中村直幹

17.129.0m(121.7) 207.5 佐藤幸椰

1本目

5.130.5m(113.7) 伊藤大貴 Q

8.124.5m(109.8) 小林陵侑 Q

17.122.0m(101.5) 中村直幹 Q

18.117.0m(100.4) 小林潤志郎 Q

20.116.5m(85.8) 佐藤幸椰 Q

※11/25追記(ビスワ大会の団体戦の結果速報を更新)

団体戦

総合順位

1.1018.2 オーストリア

2.995.7 ノルウェー

3.990.9 ポーランド

6.947.0 日本

2本目

4.128.5m(130.2) 小林陵侑

14.125.5m(120.5) 中村直幹

20.117.5m(115.0) 佐藤幸椰

24.117.0m(110.5) 小林潤志郎

1本目

11.126.0m(126.8) 佐藤幸椰

15.118.0m(120.4) 小林陵侑

23.117.5m(113.1) 中村直幹

25.114.0m(110.5) 小林潤志郎

※11/24追記(ビスワ大会の予選の結果速報を更新)

予選

4.118.5m(127.6) 小林陵侑

15.118.5m(119.4) 伊藤大貴

18.117.0m(117.2) 小林潤志郎

20.116.5m(114.3) 佐藤幸椰

25.117.0m(107.6) 中村直幹

58.103.5m(86.7) 葛西紀明

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020の日程は?

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020は、ビスワ大会(ポーランド)で開幕し、来年3月のチャイコフスキー大会(ロシア)まで戦われます。

スケジュールの詳細は、以下の通りです。

19/11/22~19/11/24   ビスワ                            ポーランド ※団体戦含む

19/11/30~19/12/01   ルカ                             フィンランド

19/12/06~19/12/08     ニジニ・ダギル         ロシア

19/12/13~19/12/15     クリンゲンタール        ドイツ

19/12/20~19/12/22     エンゲルベルク         スイス

19/12/28~19/12/29   オーベルストドルフ                   ドイツ

19/12/31~20/01/01   ガルミッシュ・パルキテルヘン                      ドイツ

20/01/03~20/01/04   インスブルック                         オーストリア

20/01/05~20/01/06   ビショフスホーフェン                オーストリア

20/01/10~20/01/12   バル・ディ・フィエンメ           イタリア

20/01/17~20/01/19   ティティゼー=ノイシュタット                      ドイツ

20/01/24~20/01/26   ザコパネ                        ポーランド ※団体戦も

20/01/31~20/02/02   札幌                    日本

20/02/07~20/02/09   ビリンゲン                 ドイツ

20/02/14~20/02/16   タウプリッツ&バート=ミッテルンドルフ           オーストリア

20/02/28~20/03/01   ラハティ                        フィンランド ※団体戦も

20/03/06~20/03/08     オスロ                                   ノルウェー

20/03/09~20/03/10     リレハンメル                          ノルウェー

20/03/11~20/03/12     トロンハイム                          ノルウェー

20/03/13~20/03/15    ビケルスン                         ノルウェー

20/03/20~20/03/22    プラニツァ                       スロベニア ※団体戦も

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020の放送は?

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020は、地上波でのテレビ放送は行われません。

放送するのは、CS放送のスポーツ専門チャンネル「J SPORTS」のみとなります。

そのスケジュール詳細は、以下の通りです。(11/19現在、2019年のスケジュールのみ発表済み。2020年分が発表されたら、この記事に追記します!)

11/23 (土)  23:50~27:00 ラージヒル団体戦  JSPORTS3 ※LIVE中継

11/24 (日)    19:20~22:30 ラージヒル     JSPORTS3 ※LIVE中継

12/01 (日)    00:20~03:30 ラージヒル     JSPORTS2 ※LIVE中継

12/22 (日)    20:50~26:15 ラージヒル     JSPORTS2 ※LIVE中継

12/29 (日)    01:20~04:30 ラージヒル     JSPORTS3 ※LIVE中継

上記のほか、LIVE中継の直後も含めて、各大会について、録画放送が複数回行われます。

「J SPORTS」を視聴するには放映権を持つ「スカパー!」などに加入する必要がありますが、「スカパー!」は、申し込み後30分で視聴できるようになるので、今からでも加入は十分間に合います!

スカパー!のお申し込みは、以下のバナーから可能です!

↓ジャンプワールドカップ男子2019-2020の動画中継を格安で視聴するにはこちらをクリック↓

とはいえ、「かなり料金がかかるんでしょ」「最初の手続きがめんどくさいんでしょ」と思われる方もいらっしゃいますよね?

実は料金がかからず、最初の手続きも本当に簡単な方法がひとつあります。

この「J SPORTS」を視聴するにはいろんなやり方がありますが、ここでは完全無料でスキージャンプワールドカップ男子2019-2020を一定期間みられる方法を紹介しちゃいます!

その方法とは、アマゾンの「Amazonプライムビデオチャンネル」から「J SPORTS」を視聴する、というやり方です。

「Amazonプライムビデオチャンネル」で「J SPORTS」を視聴する場合、なんと14日間の無料体験サービスが付いてくるんです!そして、さらになんとこの無料体験サービス期間に解約しても料金は一切発生しません!

ですので、まずこの無料体験サービス期間で視聴をしてみてから、シーズンを通して視聴するかどうか決めることが可能なんです!

さらに、この「Amazonプライムビデオチャンネル」、スマホやタブレットであればアプリを利用して視聴できますし、「amazon fire tv stick」を使えば、大型テレビでの視聴も可能になります。

まだ「J SPORTS」に加入していない方もお試しがてら、ぜひ加入をおすすめします!

⇒Amazonプライムビデオチャンネルのお申込はこちら

こちらと関連記事「スキージャンプワールドカップ2019-2020の無料動画の視聴方法!見逃しネット配信も」に「スカパー!」での視聴方法をまとめましたので、ぜひご覧ください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回はスキージャンプワールドカップ男子2019-2020について、日程とテレビ放送予定、さらに結果速報などをまとめてみました。

 

昨シーズンのスキージャンプ男子は、小林陵侑選手のためにあったと言ってもいい日本人のファンにとっては、最高のシーズンになりましたね!

 

ジャンプ競技をめぐっては、ルール改正など日本にとって難しい時期が続きましたが、ジャンプ週間の完全優勝は、それらのうっ憤をすべて振り払ってくれるかのような時間でした。

 

今シーズンも小林陵侑選手はもちろんのこと、日本ジャンプ陣全体の底上げを図って、ぜひ団体戦でも優勝を果たしてほしいですね!

 

では、日本男子ジャンプ陣の活躍を期待して、シーズンの開幕を待ちましょう!

 

【関連記事】

スキージャンプワールドカップ男子2019-2020無料動画の視聴方法!見逃しネット配信も

スキージャンプ週間【ワールドカップ男子2019-20】日程とテレビ放送!結果速報も

スキージャンプ週間【ワールドカップ男子2019-20】無料動画視聴方法!見逃し配信も

スキージャンプワールドカップ女子2019-2020の日程とテレビ放送は?結果速報も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています