" /> アジア大会2018クライミングの日程やテレビ放送時間は?日本代表や試合速報・結果も!

アジア大会2018クライミングの日程やテレビ放送時間は?日本代表や試合速報・結果も!

4年に一度開催されるアジア競技大会。今年はインドネシアの首都・ジャカルタで8月18日(土)~9月2日(日)までの計16日間開催されます。

18回目となる今回は、45の国と地域が参加し、40競技462種目で熱戦が繰り広げられます。

日本人選手の活躍が期待される競技はいくつもありますが、その中の一つ、クライミングを今回は取り上げたいと思います!

クライミングは、まだ一般にはあまりなじみのない競技かもしれませんが、再来年の東京オリンピックでも正式種目として、採用されることになりました。

アジア大会でも今回から競技に加わったことで、初代王者を決める大会となりますね。そして、東京オリンピックでは初代のメダリストを争う注目の競技ということになります。

各種目ともに日本人選手の活躍を期待したいですね!

今回は、アジア大会2018のクライミングについて、

  • 日程
  • テレビ放送時間
  • 日本代表
  • 試合速報・結果

などをまとめてみました。

※8/26追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/25追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/24追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/23追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※8/23追記(放送スケジュール決定に伴い、その内容を本文中に記載)

スポンサーリンク

アジア大会2018クライミングの日程やテレビ放送時間は?日本代表や試合速報・結果も!

クライミングは、垂直にそそり立つ壁をカラフルなホールドを使い、道具を持たずに選手の身体一つで上っていく、過酷な競技です。

競技は同じ条件で設置された高さ15メートルの壁を2人の選手が同時に登り速さを競う「スピード」、高さ4メートルの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競う「ボルダリング」、制限時間内に高さ15メートル以上の壁のどの地点まで登れるかを競う「リード」の3種類に分けられます。

再来年の東京オリンピックも同じ種目が行われますので、オリンピックの前哨戦としても今回のアジア大会は大注目です!

そんなアジア大会2018クライミングの、まずは日程からみていきましょう!

アジア大会2018クライミングの日程は?

アジア大会2018の体操は、8月23日(木)~27日(月)までの5日間に渡って開催されます。

8月23日(木)にスピードの予選からスタートします。

その日程詳細は、以下の通りです。

8/23(木)
11:00 スピード予選・複合予選(スピード)
20:00 スピード決勝

8/24(金)
11:00 複合予選(ボルダリング)

8/25(土)
11:15 複合予選(リード)

8/26(日)
10:00-10:30 複合決勝 女子(スピード)
11:30-13:15 複合決勝 女子(ボルダリング)
11:30-13:15 複合決勝 女子(リード)

17:00-17:30 複合決勝 男子(スピード)
18:30-20:15 複合決勝 男子(ボルダリング)
22:00-22:45 複合決勝 男子(リード)

8/27(月)
19:00 スピードリレー予選
21:00 スピードリレー決勝

時間は現地時間で、開催地のインドネシア・ジャカルタと日本には2時間の時差があり、日本が2時間進んでいます。

スポンサーリンク

アジア大会2018クライミングのテレビ放送は?

今回のアジア大会はTBS系列での放送が決まっています。

種目数が多いため、すべてを放送するのはムリで、TBSは視聴率が見込める人気の競技や日本人選手が準決勝や決勝に進出した種目を放送する予定です。

ですので、7/31現在、いつ、どの種目が放送されるのかは、決定していません。

ただ、クライミングは今回初めて採用され、しかも再来年の東京オリンピックでも正式種目となっている注目の競技なので、日本人選手が決勝に進出した際には放送される可能性があると思います。

放送時間が発表されたら、この記事に追記します。

※8/23追記(放送スケジュール決定に伴い、その内容を記載)

クライミングは、BS-TBS、NHK-BS1では放送されないことが明らかになりました。

TBS系列の地上波放送は以下のスケジュールでありますが、他のバドミントンなどの競技と同じ時間帯の放送で、かつ複合女子決勝は競技を終えているので、録画放送となります。

8/26(日)18:30~20:30

ただ、インターネットの動画配信サービス、「Paravi」(パラビ)では、以下のスケジュールの通り、複合決勝全てがLIVE配信されます。

8/26(日)

10:00-10:30 複合決勝 女子(スピード)
11:30-13:15 複合決勝 女子(ボルダリング)
11:30-13:15 複合決勝 女子(リード)

17:00-17:30 複合決勝 男子(スピード)
18:30-20:15 複合決勝 男子(ボルダリング)
22:00-22:45 複合決勝 男子(リード)

「Paravi」のお申し込みはこちらから

アジア大会2018クライミングの日本代表は

アジア大会2018の日本代表は男子3人、女子3人の計6選手です。

カッコ内は所属チームです。

<男子>
楢崎 智亜
藤井 快
原田 海

<女子>
野口 啓代
野中 生萌
伊藤 ふたば

アジア大会2018クライミングの試合速報・結果は

日本人選手を中心に各種目の試合速報・結果をここにまとめます。大会が始まったら、随時更新していきます!

※8/26追記(当日の試合速報・結果を記載)

複合決勝<女子>

最終結果

金メダル  野口 啓代  ポイント12

銀メダル  Sa Sa    ポイント12

銅メダル  Kim Ji    ポイント15

第4位    伊東ふたば    ポイント32

スピード

伊藤 ふたば 第4位 (※ポイント4)

野口 啓代  第6位 (※ポイント6)

ボルダリング

野口 啓代  第1位     4T 4z(※ポイント1)

伊藤 ふたば 第2位   3T 4z(※ポイント2)

リード

野口 啓代  第2位    40+   4:04(※ポイント2)

伊藤 ふたば 第4位    36+   4:15(※ポイント4)

野口 啓代選手が金メダルを獲得しました!

複合決勝<男子>

最終結果

金メダル  Chon Jongwon(韓国)   ポイント6

銀メダル  藤井 快             ポイント15

銅メダル  楢崎 智亜                        ポイント16

スピード

楢崎 智亜 第4位 (※ポイント4)

藤井 快  第5位 (※ポイント5)

ボルダリング

楢崎 智亜 第2位 4T 4z (※ポイント2) 

藤井 快    第3位 1T 3z (※ポイント3)  

リード

藤井 快      第1位  32+   3:17(※ポイント1)

楢崎 智亜 第2位  28+   2:19(※ポイント2) 

※8/25追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子>

複合予選(リード)

楢崎 智亜  第1位    Top 3:01(※ポイント1)

藤井 快   第2位    Top 3:45(※ポイント2)

<女子>

複合予選(リード)

野口 啓代  第2位    48+   5:27(※ポイント2)

伊藤 ふたば 第4位    39+   3:26(※ポイント4)

※8/24追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子>

複合予選(ボルダリング)

楢崎 智亜  第1位    4T 4z(※ポイント1)

藤井 快   第6位    3T 3z(※ポイント6)

<女子>

複合予選(ボルダリング)

野口 啓代  3位T    3T 4z(※ポイント3.5)

伊藤 ふたば 7位    3T 4z(※ポイント7)

※8/23追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子>

スピード予選

楢崎 智亜 第12位 7.26(※決勝進出)

藤井 快  第23位 9.55

<女子>

スピード予選

伊藤 ふたば 第10位 10.11(※決勝進出)

野口 啓代  第17位 11.48

<男子>

複合予選(スピード)

楢崎 智亜 第6位   Fall   7.169   7.169(※ポイント6)

藤井 快  第17位 8.207  9.410  8.207(※ポイント17)

<女子>

複合予選(スピード)

伊藤 ふたば 第9位   10.921 10.527 10.527(※ポイント9)

野口 啓代  第11位 11.618   11.034   11.034(※ポイント11)

<男子>

スピード決勝

楢崎 智亜 第10位

<女子>

スピード決勝

伊藤 ふたば 第9位

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、アジア大会2018クライミングについて、日程やテレビ放送時間、日本代表選手、試合速報・結果などをまとめてみました。

クライミングは、今回から初めて採用された種目で私もこれまでちゃんと見たことがありません。その分、ぜひ放送していただいて、一度見てみたいと思っています。

再来年に控える東京オリンピックで初代メダリストが決まる注目の競技でもありますので、それに繋げる意味でもアジア大会は間違いなく重要な大会となります。

では、日本人選手の大活躍を期待しつつ、大会を楽しみましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です