" /> 村田諒太の初防衛戦の日程や対戦相手は誰?テレビ放送の時間やみどころも!

村田諒太の初防衛戦の日程や対戦相手は誰?テレビ放送の時間やみどころも!

日本人初のオリンピックメダリスト世界王者、村田諒太選手の初防衛戦がいよいよ今月15日(日)に迫ってきました。

日本人のボクシング世界王者は4月8日現在、10人いますが、その中でも2012年のロンドンオリンピックで金メダルを獲得した村田諒太選手は、一番注目度が高い選手でしょう!

初防衛戦は難しいとよく言われますが、果たして村田選手がどんな試合を見せてくれるのか、大注目ですね!そんな大注目の試合について、対戦相手やみどころ、さらにテレビ放送の情報などをまとめてみました!

 

スポンサーリンク

村田諒太の初防衛戦の日程や対戦相手は誰?テレビ放送の時間やみどころも!

今回のタイトルマッチ、12ラウンド制となり、横浜アリーナで行われます。

村田選手はWBA世界ミドル級の王者で、昨年10月に同級王者のアッサン・エンダム選手(フランス)を破ってタイトルを奪取しました。ミドル級は選手層が厚く、世界的に激戦区と言われますが、1995年の竹原慎二選手以来2人目の日本人ミドル級王者となりました。

村田選手はこの試合もTKO勝ちでしたが、通算14戦で13勝を挙げており、このうち10回がKO勝ちです。防衛戦となると難しい面もありますが、ぜひ攻めのボクシングを引き続き見せてほしいですね。

 

村田諒太の初防衛戦の対戦相手はエマヌエーレ・ブランダムラに決定!

今回の初防衛戦の対戦相手は、エマヌエーレ・ブランダムラ選手(イタリア)に決定しました。

ブランダムラ選手は現在38歳。ボクシング選手としては、ベテランの域に入っていますが、今回念願の世界初挑戦となりました。欧州ミドル級王者などヨーロッパ地区の4つの王座獲得経験を持っており、現在はWBA世界ミドル級10位、WBC&IBF同級7位です。

これまでの戦績は、2927勝(5KO2敗です。世界タイトルマッチを戦えるくらいですから、もちろん勝率は高いのですが、一方で気になるのはKO率の低さでしょうか。足を使いながら動いてポイントを取るタイプのようで、決して派手なプレースタイルではありません。

 

スポンサーリンク

 

村田諒太の初防衛戦の見どころは?

そんなブランダムラ選手に対して、村田選手は破壊力抜群の右ストレートが武器のハードパンチャーで、KO率の高さが目立ちます。

となると、試合の展開としては、いかにブランダムラ選手が村田選手の攻撃を封じて、判定まで持ち込めるか、ということになってくるでしょう。逆に村田選手としては、ブランダムラ選手のペースに持ち込まれる前に、できるだけ早くKOに持ち込みたいところでしょうね。

この防衛戦が村田選手にとって大一番であることは間違いありません。ただ、55日(日本時間6日)には、同じミドル級でWBAスーパー、WBCIBF3本のメダルをかけた大一番、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)対サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)戦が行われます。村田選手も初防衛戦は順当に勝って、このようなさらに高みを目指してほしいですね。

ちなみにWBAは世界ボクシング協会、WBCは世界ボクシング評議会、IBFは国際ボクシング連盟のそれぞれ略で、それぞれの団体に階級が体重ごとに17階級あります。ちなみにスーパーミドル級は一番上のヘビー級から数えて4番目、ミドル級は5番目になります。

 

村田諒太の初防衛戦はフジテレビが生放送で放送時間は?

今回の注目の一戦、フジテレビが午後7:57~全国ネットで生中継します。

昨年10月に村田選手が王者を奪還した試合も同じくフジテレビが中継しましたが、平均で20.5%の視聴率となり、フジテレビのボクシング中継として、2000年代の最高視聴率を記録しました。今回も同じく、日曜日のゴールデンタイム、かなりの視聴率になるでしょうね!

ちなみに、日本だけでなく、アメリカのスポーツ専門局ESPNも全米生中継します。このことからも、この一戦が世界的に注目されていることがうかがえます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

村田選手は今回の防衛戦に勝てば、次は7月にラスベガスでWBA同級13位のエスキバ・ファルカン選手(ブラジル)との対戦が見込まれています。ロンドンオリンピックミドル級決勝の再戦ですね!その試合で勝てば、さらに村田選手の活躍の場は広がっていくことでしょう。

見る側としては、こうしたストーリーを勝手に作って期待してしまいますが、まずは初防衛戦、順当に勝ってほしいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です