箱根駅伝2019の結果速報と区間エントリーは?コースや交通規制・通過時間も!

日本の年末年始のスポーツと聞いて、まず箱根駅伝を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

シード校とともに出場校がすべて決まり、エントリー選手も発表され、いよいよ来年1月2日(水)の大手町スタートを待つのみとなりました。

絶対王者の青山学院大学の牙城を崩す大学が出てくるのか、それとも王者の貫録を見せつけて、5連覇の偉業を達成するのか!

箱根駅伝ファンの方にとっては、早くも待ち切れないですよね。

今回は、そんな大注目の箱根駅伝2019について、

  • 結果速報
  • 区間エントリー
  • コース
  • 交通規制
  • 通過時間

などをまとめます!

テレビやネットで視聴される方、当日コースの沿道で応援される方もぜひ参考にしてみてください!

【関連記事】

箱根駅伝2019の日程と放送予定は?出場校やエントリー選手も!

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の結果速報と区間エントリーは?コースや交通規制・通過時間も!

学生の男子陸上長距離界は、いまや完全に青山学院大学一強時代ですね。

2015年に箱根駅伝で初優勝してから無敵の4連覇中ですが、過去に5連覇以上を成し遂げたのは名門の中央大学と日本体育大学だけで、達成すれば史上3校目の栄誉となります。

つい最近まで駒沢大学が強い時代がありましたが、それでも“紫紺対決”といって順天堂大学がライバルになっていたので、これだけの結果は残せませんでしたね。

今シーズンの3大学生駅伝のうち、青山学院大学は、出雲駅伝、全日本大学駅伝を制しており、箱根駅伝で優勝すれば、史上初となる2度目の3冠達成となります!

今回の注目点は、青山学院大学に他校がどこまで食い下がれるか、その1点に尽きるのではないでしょうか。

箱根駅伝2019の結果速報は?

2019年1月2日(水)、3日(木)の結果速報をまとめます。随時更新していきます!

<1月2日(水)・往路>

1区

2区

3区

4区

5区

<1月3日(木)・復路>

6区

7区

8区

9区

10区

箱根駅伝2019の区間エントリーは?

箱根駅伝2019のエントリーから本戦までの流れですが、以下の通りとなります。

エントリー名  締切日時 人数  区間
チームエントリー 12月10日(月)10:30 16人 未定
区間エントリー 12月29日(土)10:30 10人(+補欠6人) 仮(※4人まで変更可)
往路最終エントリー 1月2日(水)06:50 5人 確定(1~5区)
復路最終エントリー 1月3日(木)06:50 5人 確定(6~10区)

このうち、チームエントリーで各チーム16人のエントリー選手が発表されました。

以下の通りです。

箱根駅伝2019エントリー選手リストはこちら

出典:箱根駅伝公式ホームページ

そして、これから重要なのがその16人からどの選手をどの区間に起用するか、ということになってきますが、その区間エントリーが12月29日(土)に行われます。

12月29日(土)に区間エントリーが発表になり次第、当記事で追記します!

一方、区間エントリーの発表で確定ではなく、往路、復路ともに当日のギリギリまでトータル4人分の変更ができるので、各チームのいろいろな駆け引きが行われるのも箱根駅伝の面白さですね!

最終エントリーの発表は往路が1月2日(水)の07:30頃、復路が1月3日(木)の07:30頃の予定なので、こちらも当記事で追記します!

スポンサーリンク

箱根駅伝2019のコースは?

箱根駅伝の正式名称は、「東京箱根間往復大学駅伝競走」ですが、その名の通り、東京と神奈川県の箱根を往復するコースとなっています。

箱根駅伝2019のコース概要は、以下の通りです。

<往路>1~5区:107.5km

2019年1月2日(木)08:00スタート

大手町→鶴見→戸塚→平塚→小田原→箱根町芦ノ湖駐車場入口(往路ゴール)

<復路>6~10区:107.5km

2019年1月3日(金)08:00スタート

箱根町芦ノ湖駐車場入口→小田原→平塚→戸塚→鶴見→大手町(復路ゴール)

箱根駅伝のコースはこれまでも何度か変更になっていますが、直近では2017年に4区が長くなり、5区が短くなりました。

5区山登りの選手の負担を減らす変更でしたが、その分4区の重要性が増しました。

では、往路、復路それぞれについて、各区間のポイントと見どころをご紹介していきます!

<往路>

1区(大手町~鶴見中継所) 21.4km

全10区間のスタートという重責を担う区間となり、例年東京都心では各ランナーが互いを牽制し、大きな動きがみられません。

比較的平坦な区間ですが、新八ツ山橋、六郷橋でアップダウンがあり、特に六郷橋の上りや下りで各チームのスパート合戦が見られます。

各チームのスピードランナーや準エース級が投入されるケースが多いですね!

2区(鶴見中継所~戸塚中継所) 23.1km

各チームのエースが集う、”花の2区”と呼ばれる区間となります。

鶴見中継所では例年僅差で各チームが入ってきますが、この2区で往路さらには総合優勝の流れを決めてしまう最重要区間となります。

距離が平地区間では最長なのに加え、コース終盤に長い上り坂の「権太坂」、さらに越えた後の急こう配が控えており、エースランナーを苦しめます。

3区(戸塚中継所~平塚中継所) 21.4km

遊行寺の坂を下った後は、進路を西に変え、湘南海岸の平坦な道を進んでいきます。

かつてはつなぎの区間とも言われていましたが、現在は有力ランナーが起用されるケースも増えており、2区までで遅れをとったチームが巻き返すチャンスの区間でもあります。

海風が強くなるかどうかでコースの難度も大きく変わりますので、天候にも注目です!

4区(平塚中継所~小田原中継所) 20.9km

上記の通り、2017年にコースが変更となり、18.5kmから20.9kmに長くなった区間です。

コース内に橋が10本もあり、そのアップダウンをいかに攻略するのかが、ポイントとなります。

コースが短かったときは、1年生や中距離ランナーを起用するチームがありましたが、この4区の選手起用は監督の手腕が問われることになりそうですね!

5区(小田原中継所~箱根・芦ノ湖) 20.8km

箱根駅伝の代名詞とも言われる名物の山登り区間となります。

2006年~2016年は5区の区間賞をとったチームが往路優勝を果たしており、その間に“山の神”も生まれましたね!

ただ、5区の重要性が大きすぎることが物議をかもし、2017年からはコースがやや短くなりました。

とはいえ、引き続き、重要区間であるのは間違いありません!

<復路>

6区(箱根・芦ノ湖~小田原中継所) 20.8km

5区とは反対に最初の4kmを終えたら一気に箱根の山を下って行く6区は、山登りの5区とともにスペシャリストが求められる区間となります。

ほとんどは下りですが、終盤は平坦な道となり、これが山を一気に下ってきた選手にとっては、上りのように感じられるそうです。

この6区も大きな差がつきやすい区間であることから、近年重要性が高まっています!

7区(小田原中継所~平塚中継所) 21.3km

全区間のうち、最も走りやすいと言われる区間で、チームの総合力が問われます。

選手層が厚いチームは、ここでも実力者を投入して、復路の流れを作っていけますが、そうでないチームは、選手起用に悩まされる区間でもあるでしょう。

あとは、この区間で小田原から湘南の海沿いに出てきて、しかも気温の上昇が見込まれることから、体調管理も大事な区間になりますね。

8区(平塚中継所~戸塚中継所) 21.4km

往路の3区は下りだった遊行寺の坂をいかに攻略するか、そこがポイントになる区間です。

そして、このあたりからシード権争い、優勝争いの行方がほぼ絞られてくる区間でもありますね。

特にシード権争いをしているチームにとっては、この区間あたりで少しでもアドバンテージを得ておきたいところです。

9区(戸塚中継所~鶴見中継所) 23.1km

”花の2区”のコースを逆に進む9区は復路のエース区間と言われています。

コース序盤に権太坂などアップダウンがあるので、ここをいかに攻略して、後半の平坦コースに流れをもっていくか、エースランナーの走力が問われますね。

この9区で襷が途絶えるチームも出てきますし、ドラマの多い区間でもあります。

10区(鶴見中継所~大手町) 23.0km

全10区間最後となり、優勝争いやシード権争いが最後までもつれるケースがあるので、もともとの走力に加え、勝負強さも兼ね備えたランナーを起用したい区間です。

六郷橋と新八ツ山橋以外はほぼ平坦ですが、最後の日本橋のあたりでは5重6重の人垣ができることから、最も華やかな区間とも言えます。

最終ランナーというプレッシャーをはねのけて、仲間の待つゴールへ飛び込むシーンは箱根名物のひとつですね!

箱根駅伝2019の交通規制は?

箱根駅伝は、東京~神奈川という日本でも有数の都市部を走り抜ける駅伝となります。

交通規制がしかれている道路があるので、車でお出かけの際は、ご注意ください!

<東京>

1月2日(水)

国道1号、国道15号など / 07:50~09:00

1月3日(木)

国道1号、国道15号など / 12:20~14:00

東京の交通規制に関する詳細は以下の通りです。

箱根駅伝2019東京の交通規制はこちら

出典:箱根駅伝公式ホームページ

<神奈川>

1月2日(水)

【一般】国道15号・下り(六郷橋~青木通り) / 8:50~9:40頃

【一般】国道1号・下り(青木通り~保土ケ谷橋~平戸~不動坂~東俣野) / 9:10~10:40頃

【一般】県道戸塚茅ヶ崎・下り(東俣野~藤沢橋~浜須賀) / 10:00~11:00頃

【一般】国道134号・下り(浜須賀~高浜台~唐ヶ原~大磯駅入口) / 10:20~11:35頃

【一般】国道1号・下り(大磯駅入口~親木橋~早川口~宮ノ下~芦ノ湖駐車場入口)            /10:55~14:00頃 

【有料】小田原厚木道路・箱根口インター / 11:00~12:45頃

【有料】西湘バイパス・大磯東、大磯西、西湘二宮、橘、国府津、酒匂、小田原、早川、箱根口インター / 10:45~12:45頃

1月3日(水)

【一般】国道1号・上り(芦ノ湖駐車場入口~宮ノ下~早川口~親木橋~大磯駅入口) / 7:40~10:20頃

【一般】国道134号・上り(大磯駅入口~唐ヶ原~高浜台~浜須賀) / 9:40~10:50頃

【一般】県道戸塚茅ヶ崎・上り(浜須賀~藤沢橋~東俣野) / 10:00~11:25頃

【一般】国道1号・上り(東俣野~不動坂~平戸~保土ケ谷橋~青木通り) / 10:30~12:50頃

【一般】国道15号・上り(青木通り~六郷橋) / 11:30~12:50頃

【有料】小田原厚木道路・箱根口インター / 8:40~9:25頃

【有料】西湘バイパス・箱根口、早川、小田原、酒匂、国府津、橘、西湘二宮、大磯西、大磯東インター / 8:40~10:30頃

【有料】新湘南バイパス茅ヶ崎海岸 / 9:50~10:50頃

神奈川の交通規制に関する詳細は以下の通りです。

箱根駅伝2019神奈川の交通規制はこちら

出典:箱根駅伝公式ホームページ

箱根駅伝2019の通過時間は?

箱根駅伝2019について、現地のコース沿道で応援される方も多いかと思います!

となると、選手の通過時間が気になりますよね!

以下に区間ごとにおおよその目安をまとめてみましたので、ぜひご参照ください。

<1区>

大手町スタート 08:00頃

田町      08:10頃

品川駅前    08:22頃

六郷橋     08:50頃

鶴見中継所   09:03頃

<2区>

鶴見中継所   09:03頃

横浜駅東口   09:29頃

保土ヶ谷駅   09:38頃

権太坂     09:46頃

戸塚中継所   10:11頃

<3区>

戸塚中継所   10:11頃

藤沢橋交差点  10:31頃

浜須賀歩道橋  10:49頃

湘南大橋出口    10:58頃

平塚中継所   11:17頃

<4区>

平塚中継所   11:17頃

大磯駅入口     11:21頃

国府津駅前     11:52頃

小田原中継所  12:22頃

<5区>

小田原中継所  12:22頃

箱根湯本駅前    12:28頃

箱根小桶園前    13:00頃

芦ノ湖ゴール  13:30頃

<6区>

芦ノ湖スタート 08:00頃

箱根小桶園前    08:28頃

箱根湯本駅前    08:50頃

小田原中継所  09:00頃

<7区>

小田原中継所    09:00頃

国府津駅前       09:27頃

大磯駅入口       09:58頃

平塚中継所     10:05頃

<8区>

平塚中継所       09:00頃

湘南大橋出口    09:27頃

浜須賀歩道橋      09:58頃

藤沢橋交差点    10:05頃

戸塚中継所       11:14頃

<9区>

戸塚中継所       11:14頃

権太坂             11:39頃

保土ヶ谷駅         11:49頃

横浜駅東口       11:59頃

鶴見中継所       12:24頃

<10区>

鶴見中継所       12:24頃

六郷橋             12:37頃

品川駅前          13:06頃

田町          13:18頃

大手町ゴール      13:30頃

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は箱根駅伝2019の結果速報と区間エントリー、さらにコースや交通規制、選手の通過時間などについての情報をまとめてみました。

 

今大会は記念大会ということもあり、例年より出場枠が2つ増え23チームになったことで、さらに盛り上がる大会になりそうですね!

 

個人的に駒澤大学、順天堂大学といった名門校が予選会からの出場でどこまで食い込めるのかも興味があります!

 

そして、12月29日(土)の区間エントリーから直前の最終エントリーまでの各チームの登録をめぐる駆け引きも本番前の大きな楽しみですよね!

 

本記事では、その区間エントリーから最終エントリー、さらに当日の観戦の際に役立つ交通規制や選手の通過時間などの情報を記載してますので、ぜひ当日までご参照いただけたら幸いです!

 

では、年に一度のお楽しみ、満喫しましょう!

 

【関連記事】

箱根駅伝2019の日程と放送予定は?出場校やエントリー選手も!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています