全国高校選抜バドミントン2019の結果速報は?日程・放送や組み合わせも!

毎年春に行われる全国高校選抜バドミントンが今年は茨城県(ひたちなか市総合運動公園総合体育館、笠松運動公園体育館)で行われます。

学校対抗と個人対抗で行われるこの大会は、高校のバドミントン日本一決定戦となり、有力選手が一堂に集まります。

昨年のブエノスアイレスユースオリンピックに出場した奈良岡巧大選手(青森県立浪岡高校)など、すでに国際大会で活躍している選手もエントリーしています。

バドミントンは日本が世界トップの実力を誇る競技で、今回の全国高校選抜からも将来世界に羽ばたく選手が出てくるかもしれません。

今回は全国高校選抜バドミントン2019について、

  • 日程
  • 放送
  • 組み合わせ
  • 試合速報・結果

などの情報をまとめていきます。

※3/27追記(当日の試合の速報、結果を本文中に記載)

※3/26追記(当日の試合の速報、結果を本文中に記載)

※3/25追記(当日の試合の速報、結果を本文中に記載)

※3/24追記(当日の試合の速報、結果を本文中に記載)

スポンサーリンク

全国高校選抜バドミントン2019の結果速報は?日程・放送や組み合わせも!

全国高校選抜バドミントン2019は、学校対抗(男子、女子)、個人対抗(男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス)の6種目で争われます。

昨年の上位チームは以下の通りです。

学校対抗(男子) 

優勝:埼玉栄(埼玉) 準優勝:瓊浦(長崎) 

学校対抗(女子) 

優勝:埼玉栄(埼玉) 準優勝:青森山田(青森)

個人対抗(男子シングルス)

優勝:奈良岡 功大(浪岡・青森) 準優勝:緑川 大輝(埼玉栄・埼玉)

個人対抗(女子シングルス)

優勝:水井 ひらり(ふたば未来学園・福島) 準優勝:小方 里羽(諫早商業・長崎)

個人対抗(男子ダブルス)

優勝:中山 裕貴・緑川 大輝(埼玉栄・埼玉) 準優勝:武井 優太・遠藤 彩斗(埼玉栄・埼玉)

個人対抗(女子ダブルス)

優勝:水井 ひらり・内山 智尋(ふたば未来学園・福島) 準優勝:大石 悠生・木村 早希(青森山田・青森)

今年は一体どの高校、選手が優勝するのでしょうか!?

では、そんな楽しみな全国高校選抜バドミントン2019の日程からまとめていきましょう!

(試合が近づいたら、速報・結果を上に入れ替えます)

全国高校選抜バドミントン2019の試合速報・結果は?

大会が始まったら、各種目・各試合の試合速報・結果を随時更新していきます。ぜひ、ご覧ください。

※3/27追記(当日の試合の速報、結果を記載)

個人対抗男子ダブルス

決勝

小川・樋口(宮崎) 0-2 奈良岡・武藤(青森)  

準決勝

小川・樋口(宮崎) 2-1 野田・浦(熊本)
奈良岡・武藤(青森) 2-0 中島・杉本(長崎) 

個人対抗女子ダブルス

決勝

鈴木・大澤(埼玉) 1-2 大竹・高橋(青森) 

準決勝

鈴木・大澤(埼玉) 2-0 内山・廣上(福島)
栗原・杉山(千葉) 0-2 大竹・高橋(青森)

個人対抗男子シングルス

決勝

泰野勉(埼玉) 1-2 奈良岡功大(青森)

準決勝

泰野勉(埼玉) 2-0 池端元哉(熊本)
稲光翔太郎(福島) 0-2 奈良岡功大(青森)

準々決勝

泰野勉(埼玉) 2-0 町祥英(長崎)
池端元哉(熊本) 2-0 李正(福島)
百上拓海(埼玉) 1-2 稲光翔太郎(福島)
奈良岡功大(青森) 2-0 高橋洸士(大阪)

個人対抗女子シングルス

決勝

郡司莉子(熊本) 2-0 栗原あかり(千葉)

準決勝

郡司莉子(熊本) 2-0 木村百伽(福島)
栗原あかり(千葉) 2-1 高橋美優(青森)

準々決勝

郡司莉子(熊本) 2-0 高橋沙弥(青森)
木村百伽(福島) 2-1 宮崎淳美(埼玉)
栗原あかり(千葉) 2-0 染谷菜々美(福島)
小方里羽(長崎) 0-2 高橋美優(青森)

※3/26追記(当日の試合の速報、結果を記載)

個人対抗男子ダブルス

準々決勝

甲斐・神山(愛媛) 1-2 小川・樋口(宮崎)
岡田・西(京都) 0-2 野田・浦(熊本)
古川・後藤(石川) 0-2 奈良岡・武藤(青森)
中島・杉本(長崎) 2-0 河村・川本(埼玉)

2回戦

藤澤・熊谷(宮城) 0-2 甲斐・神山(愛媛)
奥田・尾崎(石川) 0-2 小川・樋口(宮崎)
岡田・西(京都) 2-1 池田・川島(埼玉)
辰宮・廣岡(南北海道) 0-2 野田・浦(熊本)
古川・後藤(石川) 2-1 宇治・谷津(大阪)
鎌田・森川(愛媛) 0-2 奈良岡・武藤(青森)
中島・杉本(長崎) 2-0 後藤・高嶋(福島)
山川・藤原(岡山) 0-2 河村・川本(埼玉)

1回戦

藤澤・熊谷(宮城) 2-0 塩澤・滝本(千葉) 
永井・河合(兵庫) 1-2 甲斐・神山(愛媛)
阿部・塚越(茨城) 0-2 奥田・尾崎(石川)
今川・上代(島根)× -  小川・樋口(宮崎)
末永・杉浦(福島) 0-2 岡田・西(京都)
池田・川島(埼玉) 2-1 河辺・志賀(愛知)
辰宮・廣岡(南北海道) 2-1 松本・村並(岡山)
池本・高橋(高知) 0-2 野田・浦(熊本) 
野田・小室(東京) 0-2 古川・後藤(石川)
土井・平岡(静岡) 0-2 宇治・谷津(大阪)
上山・関根(北北海道) 1-2 鎌田・森川(愛媛)
池端・獄本(熊本) 0-2 奈良岡・武藤(青森)
中島・杉本(長崎) 2-0 吉田・大熊(茨城)
後藤・高嶋(福島) 2-0 林・江口(富山) 
山川・藤原(岡山) 2-0 岩橋・柏木(和歌山)
名田・清水(三重) 0-2 河村・川本(埼玉)

個人対抗女子ダブルス

準々決勝

鈴木・大澤(埼玉) 2-0 古賀・青柳(福岡)
杉本・竹澤(福井) 0-2 内山・廣上(福島)
栗原・杉山(千葉) 2-0 去来川・大辻(兵庫)
三輪・兒玉(大阪) 0-2 大竹・高橋(青森)

2回戦

鈴木・大澤(埼玉) 2-0 鈴木・佐藤(茨城)
古賀・青柳(福岡) 2-0 高橋・中田(青森)
徳岡・坂中(大阪) 1-2 杉本・竹澤(福井)
甲斐・赤星(熊本) 0-2 内山・廣上(福島)
栗原・杉山(千葉) 2-0 鈴木・七宮(南北海道)
去来川・大辻(兵庫) 2-0 小方・小川(長崎)
三輪・兒玉(大阪) 2-1 中西・三本(香川)
松井・平田(富山) 0-2 大竹・高橋(青森)

1回戦

鈴木・大澤(埼玉) 2-0 岸野・藤本(兵庫)
鈴木・佐藤(茨城) 2-0 森・西山(高知)
石黒・内田(静岡) 0-2 古賀・青柳(福岡)
高橋・中田(青森) 2-0 長廻・松本(山口)
徳岡・坂中(大阪) 2-1 岩瀬・相葉(千葉)
江見・上中(岡山) 0-2 杉本・竹澤(福井)
片山・中塩(北北海道) 0-2 甲斐・赤星(熊本)
加藤・山本(愛知) 0-2 内山・廣上(福島)
栗原・杉山(千葉) 2-0 播摩・加藤(石川)
日野・西村(山口)× -  鈴木・七宮(南北海道)
去来川・大辻(兵庫) 2-1 宮下・宮下(宮城)
黒川・西岡(愛媛) 0-2 小方・小川(長崎)
海老沢・小川(茨城) 1-2 三輪・兒玉(大阪)
宮崎・八角(埼玉) 1-2 中西・三本(香川)
船橋・佐藤(愛知) 0-2 松井・平田(富山)
高崎・岡(福岡) 0-2 大竹・高橋(青森)

個人対抗男子シングルス

2回戦

泰野勉(埼玉) 2-0 甲斐聡一郎(愛媛)
西大輝(京都) 0-2 町祥英(長崎)
池端元哉(熊本) 2-1 平岡佑太(静岡)
太田竣(北北海道) 1-2 李正(福島)
野田統馬(熊本) 0-2 百上拓海(埼玉)
稲光翔太郎(福島) 2-0 鎌田雄太(愛媛)
奈良岡功大(青森) 2-0 吉田純(茨城)
西山倭登(岡山) 0-2 高橋洸士(大阪)

1回戦

泰野勉(埼玉) 2-0 夏目朱理(愛知)
甲斐聡一郎(愛媛) 2-0 出島光紘(福井)
山川碧(岡山) 0-2 西大輝(京都)
武藤映樹(青森) 0-2 町祥英(長崎)
池端元哉(熊本) 2-0 奥田陽介(石川)
山根瑶亮(栃木) 0-2 平岡佑太(静岡)
太田竣(北北海道) 2-0 豊口竜一朗(滋賀)
阿部歩人(茨城) 0-2 李正(福島)
野田統馬(熊本) 2-0 山崎悠翔(鳥取)
百上拓海(埼玉) 2-0 細岡虎哲(南北海道)
林寿輝弥(富山) 0-2 稲光翔太郎(福島)
岩橋稜典(和歌山) 0-2 鎌田雄太(愛媛)
奈良岡功大(青森) 2-0 小川航太(宮崎)
多田藍斗(香川) 0-2 吉田純(茨城)
太田光哉(愛知) 0-2 西山倭登(岡山)
北川史翔(栃木) 1-2 高橋洸士(大阪)

個人対抗女子シングルス

2回戦

郡司莉子(熊本) 2-0 奥村友梨(京都)
縣菜々美(愛知) 1-2 高橋沙弥(青森)
木村百伽(福島) 2-0 田中果帆(佐賀)
鈴木沙也夏(山口) 0-2 宮崎淳美(埼玉)
栗原あかり(千葉) 2-0 三輪音巴(大阪)
中西美月(香川) 0-2 染谷菜々美(福島)
櫻井理瑚(栃木) 0-2 小方里羽(長崎)
船橋奏帆(愛知) 0-2 高橋美優(青森)

1回戦

郡司莉子(熊本) 2-0 杉本千紘(福井)
久保一華(香川) 0-2 奥村友梨(京都)
縣菜々美(愛知) 2-0 杉村南美(栃木)
高橋沙弥(青森) 2-0 海老澤彩(茨城)
木村百伽(福島) 2-0 杉山明日香(大阪)
田中果帆(佐賀) 2-0 釜谷知佳(石川)
佐藤凛佳(南北海道) 0-2 鈴木沙也夏(山口)
内田優衣(静岡) 0-2 宮崎淳美(埼玉)
栗原あかり(千葉) 2-0 草野真央(大分)
木林千耀(富山) 0-2 三輪音巴(大阪)
中西美月(香川) 2-1 佐藤茅穂(茨城)
中丸凛(広島) 0-2 染谷菜々美(福島)
金廣美希(山口) 1-2 櫻井理瑚(栃木)
去来川琴葉(兵庫) 0-2 小方里羽(長崎)
高見優里(北北海道) 0-2 船橋奏帆(愛知)
岩本ひより(高知) 0-2 高橋美優(青森)

※3/25追記(当日の試合の速報、結果を記載)

学校対抗男子

決勝

浪岡(青森) 3-2 聖ウルスラ英智(宮城)

準決勝

埼玉栄(埼玉) 2-3 浪岡(青森)
東大阪大学柏原(大阪) 2-3 聖ウルスラ英智(宮城)

準々決勝

埼玉栄(埼玉) 3-0 瓊浦(長崎)
浪岡(青森) 3-0 高岡第一(富山)
東大阪大学柏原(大阪) 3-1 新田(愛媛) 
聖ウルスラ英智(宮城) 3-0 八代東(熊本)

学校対抗女子

決勝

ふたば未来学園(福島) 0-3 埼玉栄(埼玉)

準決勝

ふたば未来学園(福島) 3-1 聖ウルスラ英智(宮城)
埼玉栄(埼玉) 3-2 青森山田(青森)

準々決勝

ふたば未来学園(福島) 3-1 四天王寺(大阪)
聖ウルスラ英智(宮城) 3-0 八代白百合学園(熊本)
埼玉栄(埼玉) 3-1 柳井商工(山口)
常総学院(茨木) 1-3 青森山田(青森)

※3/24追記(当日の試合の速報、結果を記載)

学校対抗男子

3回戦

埼玉栄(埼玉) 3-0 ふたば未来学園(福島)
宇都宮北(栃木) 0-3 瓊浦(長崎)
浪岡(青森) 3-1 淑徳巣鴨(西東京)
高岡第一(富山) 3-1 日章学園(宮崎)
東大阪大学柏原(大阪) 3-0 札幌龍谷(南北海道)
新田(愛媛) 3-0 水島工業(岡山)
聖ウルスラ英智(宮城) 3-0 柳井商工(山口)
西武台千葉(千葉) 1-3 八代東(熊本)

2回戦

埼玉栄(埼玉) 3-0 自由ケ丘(福岡)
名経大市邨(愛知) 1-3 ふたば未来学園(福島)
旭川実業(北北海道) 2-3 宇都宮北(栃木)
高松商業(香川) 0-3 瓊浦(長崎)
浪岡(青森) 3-0 乙訓(京都)
米子北(鳥取) 0-3 淑徳巣鴨(西東京)
高岡第一(富山) 3-0 川崎総合科学(神奈川)
県立岐阜商業(岐阜) 0-3 日章学園(宮崎)
東大阪大学柏原(大阪) 3-1 鹿児島商業(鹿児島)
実践学園(東東京) 0-3 札幌龍谷(南北海道)
新田(愛媛) 3-0 勝山(福井)
伊勢崎清明(群馬) 0-3 水島工業(岡山)
聖ウルスラ英智(宮城) 3-1 比叡山(滋賀)
柳井商工(山口) 3-0 常総学園(茨城)
静岡県富士見(静岡) 1-3 西武台千葉(千葉)
金沢市立工業(石川) 1-3 八代東(熊本)

1回戦

自由ケ丘(福岡) 3-0 茗溪学園(茨城)

学校対抗女子

3回戦

ふたば未来学園(福島) 3-1 金沢向陽(石川)
四天王寺(大阪) 3-2 西武台千葉(千葉)
聖ウルスラ英智(宮城) 3-1 淑徳巣鴨(西東京)
八代白百合学園(熊本) 3-1 甲斐清和(山梨)
埼玉栄(埼玉) 3-1 常葉大学附属菊川(静岡)
京都外大西(京都) 0-3 柳井商工(山口)
九州国際大学付属(福岡) 0-3 常総学院(茨城)
とわの森三愛(南北海道) 0-3 青森山田(青森)

2回戦

ふたば未来学園(福島) 3-2 諫早商業(長崎)
川崎総合科学(神奈川) 0-3 金沢向陽(石川)
四天王寺(大阪) 3-0 瀬戸内(広島)
暁(三重) 0-3 西武台千葉(千葉)
聖ウルスラ英智(宮城) 3-0 園田学園(兵庫)
新居浜東(愛媛) 1-3 淑徳巣鴨(西東京)
深川西(北北海道) 1-3 八代白百合学園(熊本)
甲斐清和(山梨) 3-1 名経大市邨(愛知)
埼玉栄(埼玉) 3-1 高岡西(富山)
高松商業(香川) 1-3 常葉大学附属菊川(静岡)
京都外大西(京都) 3-2 作新学院(栃木)
鹿児島女子(鹿児島) 0-3 柳井商工(山口)
九州国際大学付属(福岡) 3-0 倉敷中央(岡山)
勝山(福井) 2-3 常総学院(茨城)
とわの森三愛(南北海道) 3-1 関東第一(東東京)
昭和学園(大分) 0-3 青森山田(青森)

1回戦

諫早商業(長崎) 3-0 石岡第一(茨城)
昭和学園(大分) 3-1 高田商業(奈良)

全国高校選抜バドミントン2019の日程は?

まずは、全国高校選抜バドミントン2019の日程を紹介しますね!

開催期間は、3月23日(土)~3月27日(水)の5日間となります。

日程の詳細は、以下の通りです。

3月23日(土):開会式  15:30~

3月24日(日):学校対抗 09:30~

3月25日(月):学校対抗 09:30~

3月26日(火):個人対抗 09:00~

3月27日(水):個人対抗 09:00~ 競技終了後閉会式

全国高校選抜バドミントン2019の放送は?

全国高校選抜バドミントン2019は、地上波、BS放送、CS放送を含めて、3/6現在放送予定は発表されていません。

発表になった場合、当記事に追記します!

ただ、当日の試合の速報・結果については、当記事に随時アップしていくので、ぜひご参照ください!

スポンサーリンク

全国高校選抜バドミントン2019の組み合わせは?

全国高校選抜バドミントン2019の学校対抗は、男子が33校、女子が34校が出場し、トーナメント方式で頂点を決めます。

個人対抗は、男子シングルスが32選手、男子ダブルスが32ペア、女子シングルスが32選手、女子ダブルスが32ペアが出場し、学校対抗と同じくトーナメント方式で争われます。

各種目のトーナメント表は以下の通りです。

男子学校対抗のトーナメント表はこちら

女子学校対抗のトーナメント表はこちら

男子シングルスのトーナメント表はこちら

男子ダブルスのトーナメント表はこちら

女子シングルスのトーナメント表はこちら

女子ダブルスのトーナメント表はこちら

出典:第47回全国高校選抜バドミントン大会事務局HP

(※大会終了に伴い、第47回全国高校選抜バドミントン大会事務局HPへのトーナメント表の掲載終了)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、全国高校選抜バドミントン2019について、日程、放送、組み合わせ、試合速報・結果などをまとめました。

全国高等学校選抜バドミントンは、高校日本一を決める大会で、学校対抗と個人対抗でそれぞれ熱い戦いが繰り広げられます。

今大会の注目点としては、奈良岡巧大選手(青森県立浪岡高校)の男子シングルス連覇があるのか、また学校対抗では昨年男女でアベック優勝を飾った埼玉栄(埼玉)のこちらも連覇なるか、ですね。

テレビ放送、インターネット配信ともにありませんが、当記事ですべての試合の速報・結果をアップしますので、ぜひご覧ください!

【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています