" /> サッカー日本代表監督の後任は森保一?経歴や戦術さらに息子&娘も調査!

サッカー日本代表監督の後任は森保一?経歴や戦術さらに息子&娘も調査!

サッカー日本代表監督の後任をめぐって、いろんな情報が飛び交っています。

ワールドカップで結果を残した西野朗監督の退任は本当に残念ですが、就任する際のひとつの条件として指揮を執るのは今回のワールドカップだけ、というのがあったようです。

そうなると、仕方がないですが、後任監督人事をめぐっては、ワールドカップを含めて海外経験豊富な外国人監督にするのか、日本人監督を据えてオールジャパン体制で代表チームをじっくり育てていくのか、いろんな見方がありますね。

そんな中、後任監督の最有力に挙がっているのが、外国人では元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)と現日本代表コーチで2020年東京オリンピック代表の監督を務める森保一氏(49)です。

クリンスマン氏をめぐっては、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が「99%ない」という言い方をしていることもあり、徐々に現実味がなくなってきている気もしますが、その分森保氏の可能性が高まってきたと見る向きも出てきました。

今回は、そんな森保一氏について、これまでの経歴や戦術、さらに息子や娘の噂もいろいろ出ているので、そのあたりをまとめてみます!

【関連記事】

サッカー日本代表の監督の後任発表はいつ?候補には国内外の著名人も!

クリンスマン氏の経歴や日本代表監督の契約金の見通しは?実績や交友関係も調査!

スポンサーリンク

サッカー日本代表監督の後任は森保一?経歴や戦術さらに息子&娘も調査! 

現在、日本代表監督の後任候補として名前が挙がっているのは、ユルゲン・クリンスマン氏のほか、イングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルの前監督で日本でも名古屋グランパスで指揮を執ったことがある、アーセン・ベンゲル氏(68)や元イタリア代表監督のロベルト・ドナドーニ氏(54)などです。

外国人の監督のネームバリューがあまりにもあり過ぎるので、森保一氏の代表監督就任報道については、「消去法的な選択」などどちらかというと否定的な見方の方が多いですね。

そこは、すごく判断が難しいところですね。

ただ、年齢的にもまだ若く森保氏をうまく育てることが、長期的に見れば、日本サッカーの発展につながるとも言えます。

そんな森保氏の経歴から見ていきましょう! 

森保一氏の選手時代の経歴は? 

森保一氏は、1968年8月23日、長崎県長崎市生まれの現在49歳です。

高校までは地元一筋で、高校は長崎日本大学高校を卒業しています。

森保氏がサッカーを始めたのは小学校5年生の時からだそうですが、特に高校時代には高校選手権などの全国大会には出場したことがなく、学生時代にはあまり目立った活躍はしていなかったようです。

その後、Jリーグの前身である日本サッカーリーグのマツダ(現サンフレッチェ広島)に入団しますが、これは高校の監督とマツダの監督が知り合いだったために実現したもので、評価は同期の中で最下位だったそうです。

ただ、その後徐々に頭角を現し、1992年にハンス・オフト氏が率いる日本代表に選出され、「オフト・ジャパン」初戦のアルゼンチン戦に先発として大抜擢されます。

1993年には「ドーハの悲劇」を経験、2004年1月にベガルタ仙台で戦力外通告を受けるまで現役として活躍しました。

現役時代の個人成績は、通算434試合出場で48得点でした。

スポンサーリンク

森保一氏の指導者としての経歴は? 

森保一氏は現役引退後すぐの2004年にサンフレッチェ広島の強化部コーチに就任し、翌年にはU-19日本代表のコーチも兼務しました。

2006年のAFCユース選手権では準優勝に貢献し、2007年にはFIFA U-20ワールドカップのコーチとなり、同じくサンフレッチェのトップチームのコーチにも就任します。

2010年にアルビレックス新潟のヘッドコーチを務めた後、2012年にサンフレッチェ広島に監督として戻ります。

そして、J1リーグ2連覇を達成、さらに2015年に再び優勝を果たします。

2017年には成績不振で辞任しましたが、Jリーグの通算勝利数では、ロシアワールドカップを率いた西野朗監督に次ぐ成績となっています。

この実績を買われ、2017年10月には2020年東京オリンピックの代表の監督に就任し、さらに今回のロシアワールドカップでは、西野監督を支えるコーチとして日本代表の決勝トーナメント進出に大きく貢献しました。 

森保一氏の戦術は?

森保一氏の経歴を見てみると、選手時代に際立った成績を残していない分、逆に指導者としての実績が際立ちますね。

選手時代にいろいろ学んだことを指導者としてのキャリアにい活かし、着実にステップアップしていった印象です。特にサンフレッチェ広島の監督時代は、黄金期とも言えるチームを作り上げましたね。

わりと頭脳派のイメージがありますが、森保氏の戦術の基本コンセプトは、「いい守備からいい攻撃」だそうで、リトリートしてブロックを形成する守備を主体としながらも、積極的にボールを奪いに行く、プレースタイルとなります。

そして、その戦術の再現性を高めて、どんな相手であっても同じようなプレーができる、そんなサッカーが目指すサッカーのようです。

戦術の再現性を高めるために、厳しい練習とポジション競争を浸透させてきたようで、そのような過程を経て、サンフレッチェ広島の黄金期は築かれていったんですね。

本当に日本代表の後任監督に決まったときには、さらにこの戦術を研ぎ澄ませて、世界の強豪と渡りあっていくことになりますね。 

森保一氏の息子や娘は? 

最後に森保一氏の家族関係の情報も紹介していきましょう!

森保氏の奥さんは、一般女性の由美子さん。3人の息子さんがいて、その3人ともにサッカー選手です。

長男の森保翔平さん(26)は2015年までJ2のカマタマーレ讃岐でプレーし、現在は現役を引退しているようですね。

次男の森保圭吾選手(24)はオーストラリア2部のエッジワースFC、三男の森保陸選手はサンフレッチェ広島ユースにそれぞれ所属して、現在もプレーをしています。

息子さん3人ともサッカー選手ってすごいですね!

一方、人気アイドルグループHKT48の森保まどかさんが何と森保氏の娘だという情報もネットに出回っていますが、これはどうやらガセネタのようですね。森保まどかさんが森保氏と名字が一緒で、さらに同じ長崎県出身ということで、こんな情報が出回ったようです。

仮に娘さんがいたとしたら、息子さんと同様にサッカー選手として育ち、今ごろ「なでしこジャパン」に選ばれて活躍していたかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、日本代表監督の後任候補として名前が挙がっている、森保一氏について、これまでの経歴や戦術、さらに息子や娘の噂などをまとめてみました!

森保一氏は選手時代はそれほど目立った実績を残していませんが、指導者として着実にキャリアを積み重ねてきたという印象です。

そんな森保氏ですが、日本代表の監督に就任するには、まだ早く、国際経験などもっと積ませてからでもいいのでは、という声もありますが、長期的視野に立てば、いま就任して育てていくというのもありなのかな、と思ったりもします。

そんな日本代表監督の後任候補は、今月20日(金)くらいにはある程度メドが立ちそうとの報道がありますが、果たして森保氏はどうなるのでしょうか。

その推移を見守りたいと思います。

【関連記事】

サッカー日本代表の監督の後任発表はいつ?候補には国内外の著名人も!

クリンスマン氏の経歴や日本代表監督の契約金の見通しは?実績や交友関係も調査!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です