バドミントンS/Jリーグ2018-2019の日程と放送は?速報・結果や出場チームも!

国内トップチームによる日本一決定戦が始まります!

バドミントンのS/Jリーグ2018-2019シーズンが12月8日(土)に開幕し、2019年2月17日(日)の優勝決定戦まで約3か月間にわたる戦いの火ぶたが切られます。

S/Jリーグはバドミントンの国内最高峰のリーグで、世界のトップクラスの選手を多く擁するチームが参戦することから、世界でも指折りのレベルの高さを誇ります。

先シーズンは前年は男子が園田啓悟・嘉村健士ペアらを擁するトナミ運輸、女子が髙橋礼華・松友美佐紀ペアらを擁する日本ユニシスが優勝しましたが、今シーズンはどうなるでしょうか!

大注目のリーグは、放送予定も発表されているので、テレビ放送やインターネット配信で楽しむこともできそうです。

↓バドミントンS/Jリーグ2018-2019の動画中継を格安で視聴するにはこちらをクリック↓

今回はそんなバドミントンS/Jリーグ2018-2019シーズンについて、

  • 日程
  • 放送予定
  • 試合速報・結果
  • 出場チーム

などの情報をまとめていきます。

※2/17追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※2/16追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※2/11追記(当日の試合結果を反映した最終順位表を本文中に記載)

※2/11追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※2/10追記(当日の試合結果を反映した最新の順位表を本文中に記載)

※2/10追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※2/9追記(当日の試合結果を反映した最新の順位表を本文中に記載)

※2/9追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※2/3追記(当日の試合結果を反映した最新の順位表を本文中に記載)

※2/3追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/23追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/22追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/16追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/9追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

※12/8追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

【関連記事】

バドミントン全英オープン2019の日程と放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンドイツオープン2019の日程と放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンインドネシアマスターズ2019の日程と放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンマレーシアマスターズ2019の日程と放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンタイマスターズ2019の日程や放送は?速報・結果や出場選手・組み合わせも!

バドミントンワールドツアーファイナルズ2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手も!

バドミントンワールドツアーファイナルズ2018の動画中継の格安視聴方法!見逃し配信は?

スポンサーリンク

バドミントンS/Jリーグ2018-2019の日程と放送は?速報・結果や出場チームも!

先日の全日本総合選手権では、日ごろワールドツアーを転戦して世界を席巻している日本代表の選手が所属するチームのユニフォームを着てプレーしていましたね!

それらの選手が今度は、所属チームの勝利をかけ、ライバル同士になって戦うことになります。

ワールドツアーで活躍する選手の多くが国内の名門チームに所属しているので、このS/Jリーグではそれらの選手のプレーをみられるチャンスですよ!

では、まずは日程から紹介していきますね!

(大会が始まったら、速報・結果と順番を入れ替えます)

バドミントンS/Jリーグ2018-2019の試合速報・結果は?

リーグ戦が始まったら、試合速報・結果をここにまとめます。随時更新していきます!

※2/17追記(当日の試合速報・結果を記載)

トップ4トーナメント

<男子>

3位決定戦

日本ユニシス(Jブロックリーグ2位)[○] 2-0 日立情報通信E(Sブロックリーグ2位)[●]

日本ユニシス(Jブロックリーグ2位)が3位!

遠藤 大由                 竹内 義憲
渡辺 勇大(○)  2-0   松居 圭一郎(●)

21-17 21-14

渡邉 航貴(○)  2-0 猪熊 心太朗(●)

21-16 22-20

優勝決定戦

トナミ運輸(Sブロックリーグ1位)[○]  2-1 NTT東日本(Jブロックリーグ1位)[●]

トナミ運輸(Sブロックリーグ1位)が優勝で3連覇達成!

園田 啓悟       古賀 輝
嘉村 健士(○)  2-0 齋藤 太一(●)

21-19 21-13

西本 挙太(●) 0-2 桃田 賢斗(○)

15-21 11-21

保木 卓朗                 星野 翔平
小林 優吾(○) 2-0  西川 裕次郎(●)

21-9 21-18

<女子>

3位決定戦

北都銀行(Jブロックリーグ2位)[○] 2-1 ヨネックス(Sブロックリーグ2位)[●]

北都銀行(Jブロックリーグ2位)が3位!

永原 和可那                與猶 くるみ
松本 麻佑(○)  2-0   福万 尚子(●)

21-13 21-16

川上 紗恵奈(●)  1-2 高橋 明日香(○)

23-25 21-10 12-21

米元 小春           保原 彩夏
田中 志穂(○)  2-0 曽根 夏姫(●)

21-15 21-16

優勝決定戦

日本ユニシス(Sブロックリーグ1位)[●] 1-2 再春館製薬所(Jブロックリーグ1位)[○]

再春館製薬所(Jブロックリーグ1位)が優勝!

高橋 礼華              藤井 瑞希
松友 美佐紀(○)  2-0 小野 菜保(●)

21-12 21-12

高橋 沙也加(●) 0-2 山口 茜(○)

14-21 16-21

星 千智              志田 千陽
東野 有紗(●)  0-2 松山 奈未(○)

17-21 16-21

※2/16追記(当日の試合速報・結果を記載)

トップ4トーナメント

<男子>

トナミ運輸(Sブロックリーグ1位)[○] 2-0 日本ユニシス(Jブロックリーグ2位)[●]

園田 啓悟           遠藤 大由
嘉村 健士(○)  2-0 渡辺 勇大(●)

21-19 23-21

西本 挙太 2-1 渡邉 航貴(●)

21-16 17-21 21-12

NTT東日本(Jブロックリーグ1位)[○] 2-0 日立情報通信E(Sブロックリーグ2位)[●]

古賀 輝            竹内 義憲
齋藤 太一(○)  2-0 松居 圭一郎(●)

22-20 21-12

桃田 賢斗(○) 2-0 丸尾 亮太郎(●)

21-12 21-16

<女子>

日本ユニシス(Sブロックリーグ1位)[○] 2-1 北都銀行(Jブロックリーグ2位)[●]

高橋 礼華              永原 和可那
松友 美佐紀(○)  2-0 松本 麻佑(●)

21-18 21-17

高橋 沙也加(●) 1-2 川上 紗恵奈(○)

21-18 24-26 18-21

星 千智              米元 小春
東野 有紗(○)  2-0 田中 志穂(●)

21-18 21-15

再春館製薬所(Jブロックリーグ1位)[○] 2-0 ヨネックス(Sブロックリーグ2位)[●]

志田 千陽           與猶 くるみ
松山 奈未(○)  2-1 福万 尚子(●)

16-21 24-22 21-17

峰 歩美(○) 2-0 高橋 明日香(●)

21-14 21-12

順位決定戦

<男子>

5位決定戦

JTEKT(Sブロックリーグ3位)[●] 0-2 三菱自動車京都(Jブロックリーグ3位)[○]

7位決定戦

JR北海道(Sブロックリーグ4位)[●] 0-2 東北マークス(Jブロックリーグ4位)[○]

9位決定戦

トリッキーパンダース(Sブロックリーグ5位)[●] 1-2 金沢学院クラブ(Jブロックリーグ5位)[○]

<女子>

5位決定戦

NTT東日本(Sブロックリーグ3位)[○] 2-0 山陰合同銀行(Jブロックリーグ3位)[●]

7位決定戦

ACTSAIKYO(Sブロックリーグ4位)[○] 2-0 七十七銀行(Jブロックリーグ4位)[●]

9位決定戦

岐阜トリッキーパンダース(Sブロックリーグ5位)[○] 2-1 日立化成(Jブロックリーグ5位)[●]

※2/11追記(当日の試合結果を反映した最終順位表を記載)

男子Sブロック

  トナミ運輸 日立情報通信 トリッキー JR北海道 JTEKT 勝点
トナミ運輸 4
日立情報通信 3
トリッキー 0
JR北海道 1
JTEKT 2

順位

1位 トナミ運輸
2位 日立情報通信
3位 JTEKT
4位 JR北海道
5位 トリッキー

決勝トーナメント進出 トナミ運輸 / 日立情報通信

順位決定戦       JTEKT / JR北海道 / トリッキー

男子Jブロック

  日本ユニシス NTT東日本 金沢学院 三菱自動車 東北マークス 勝点
日本ユニシス 3
NTT東日本 4
金沢学院 0
三菱自動車 2
東北マークス 1

順位

1位 NTT東日本
2位 日本ユニシス
3位 三菱自動車
4位 東北マークス
5位 金沢学院

決勝トーナメント進出 NTT東日本 / 日本ユニシス

順位決定戦      三菱自動車 / 東北マークス / 金沢学院

女子Sブロック

  日本ユニシス ヨネックス NTT東日本 ACT 岐阜トリッキー 勝点
日本ユニシス 3
ヨネックス 3
NTT東日本 3
ACT 1
岐阜トリッキー 0

順位

1位 日本ユニシス
2位 ヨネックス
3位 NTT東日本
4位 ACT
5位 岐阜トリッキー

決勝トーナメント進出 日本ユニシス / ヨネックス

順位決定戦      NTT東日本 / ACT / 岐阜トリッキー

女子Jブロック

  北都銀行 再春館製薬所 山陰合同銀行 七十七銀行 日立化成 勝点
北都銀行 3
再春館製薬所 4
山陰合同銀行 1
七十七銀行 1
日立化成 1

順位

1位 再春館製薬所
2位 北都銀行
3位 山陰合同銀行
4位 七十七銀行
5位 日立化成

決勝トーナメント進出 再春館製薬所 / 北都銀行

順位決定戦      山陰合同銀行 / 七十七銀行 / 日立化成

※2/11追記(当日の試合速報・結果を記載)

新潟大会

<男子>                     

トナミ運輸 3-0 日立情報通信E

<女子>                    

ヨネックス 2-1 日本ユニシス 

高松大会

<男子>              

NTT東日本 3-0 金沢学院クラブ

<女子>                    

NTT東日本 2-1 ACT SAIKYO

※2/10追記(当日の試合速報・結果を記載)

秋田大会

<男子>                     

JTEKT 2-1 JR北海道

<女子>                    

北都銀行 2-1 日立化成

熊本大会

<男子>                     

日本ユニシス 3-0 東北マークス

<女子>                    

再春館製薬所 3-0 七十七銀行

※2/9追記(当日の試合速報・結果を記載)

熊本大会

<男子> ※試合終了                     

日本ユニシス 2-1 三菱自動車京都

<女子> ※試合終了                     

再春館製薬所 2-1 山陰合同銀行

※2/3追記(当日の試合速報・結果を記載)

盛岡大会

<男子> ※試合終了                     

NTT東日本 2-1 東北マークス

<女子> ※試合終了                     

山陰合同銀行 2-1 七十七銀行

草加大会

<男子> ※試合終了                      

金沢学院クラブ 1-2 三菱自動車京都

<女子> ※試合終了                     

ヨネックス 1-2 NTT東日本

山口大会

<男子> ※試合終了                      

トリッキーパンダース 0-3 JR東日本

<女子> ※試合終了                     

ACT SAIKYO 2-1 岐阜トリッキーパンダース

※12/23追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子>                      

トナミ運輸 2-1 JT北海道

JTEKT 2-1 トリッキーパンダース

<女子>                      

再春館製薬所 2-1 北都銀行

NTT東日本 2-1 岐阜トリッキーパンダース

※12/22追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子>                      

金沢学院クラブ 1-2 東北マークス

NTT東日本 3-0 三菱自動車京都

<女子>                      

七十七銀行 3-0 日立化成

日本ユニシス 3-0 ACT SAIKYO

※12/16追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子>                      

日立情報通信E 2-1 JTEKT

<女子>                      

山陰合同銀行 1-2 日立化成

※12/9追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子>                      

トナミ運輸 3-0 JTEKT

日立情報通信E 2-1 トリッキーパンダース 

日本ユニシス 1-2 NTT東日本

<女子>                                                           

ヨネックス 3-0 岐阜トリッキーパンダース

北都銀行 3-0 七十七銀行

日本ユニシス 3-0 NTT東日本

※12/8追記(当日の試合速報・結果を記載)

<男子>                      

トナミ運輸 3-0 トリッキーパンダース 

日本ユニシス 3-0 金沢学院クラブ

日立情報通信E 3-0  JR北海道 

三菱自動車京都 3-0 東北マークス

<女子>                                                           

北都銀行 2-1 山陰合同銀行 

再春館製薬所 2-1 日立化成

日本ユニシス 3-0 岐阜トリッキーパンダース

ヨネックス 3-0 ACT SAIKYO

バドミントンS/Jリーグ2018-2019の日程は?

バドミントンS/Jリーグは、今シーズンから参加チームが男女各8チームから各10チームに拡大し、Sブロック5チームとJブロック5チームに分かれて、まずリーグ戦を戦います。

その後、リーグ戦各ブロック上位2チームによるトーナメントで日本一を決定する決勝トーナメントと5~10位を決定する順位決定戦が行われます。

日程の詳細は、以下の通りです。

<リーグ戦>

2018年12月8日(土)/ 12月9日(日)

高岡市(富山県)

2018年12月16日(日)

平塚市(神奈川県)

2018年12月22日(土)

仙台市(宮城県)

京都市(京都府)

2018年12月23日(日)

函館市(北海道)

刈谷市(愛知県)

2019年2月3日(日)

盛岡市(岩手県)

草加市(埼玉県)

防府市(山口県)

2019年2月9日(土)

熊本市(熊本県)

2019年2月10日(日)

秋田市(秋田県)

熊本市(熊本県)

2019年2月11日(月・祝)

新潟市(新潟県)

高松市(香川県)

<順位決定戦>

2019年2月16日(土)

草加市(埼玉県)草加市スポーツ健康都市記念体育館

電車利用:東武スカイツリーライン谷塚駅下車
バス利用:草加記念体育館停車場下車
車利用 :体育館駐車場は利用不可

<決勝トーナメント>

2019年2月16日(土)/ 2月17日(日)

さいたま市(埼玉県)サイデン化学アリーナ(記念総合体育館)

電車利用:浦和駅 駅下車
バス利用:西口13番 大久保浄水場行、桜区役所行にて桜区役所 停車場下車
車利用   :浦和南 インター下車

バドミントンS/Jリーグ2018-2019の放送は?

バドミントンS/Jリーグ2018-2019は、スポーツ専門チャンネルの「JSPORTS」で放送されます。

「JSPORTS」は、テレビであれば、「スカパー!」、インターネットであれば、「JSPORTSオンデマンド」あるいは「Amazonプライム」で視聴ができます!

開幕戦となる高岡大会は、12月9日(日)に行われる女子の日本ユニシスvsNTT東日本、男子の日本ユニシスvsNTT東日本のカードがテレビ、オンデマンド両方でLIVE中継されるほか、オンデマンドで4試合がLIVE中継、さらに録画で10試合が放送されます!

開幕戦の放送カードは以下の通りです。

12月8日(土)

<男子>   

                          TV    オンデマンド

トナミ運輸    vs トリッキーパンダース      録画        録画

日本ユニシス   vs 金沢学院クラブ                          ―           LIVE

日立情報通信E vs JR北海道                                   ―           録画

<女子>

                                                                      TV    オンデマンド

北都銀行     vs 山陰合同銀行                            ―            録画

再春館製薬所   vs 日立化成                                 録画          録画

日本ユニシス   vs 岐阜トリッキーパンダース        ―            LIVE

12月9日(日)

<男子>

                        TV    オンデマンド

トナミ運輸 vs JTEKT                録画          録画

日立情報通信E vs トリッキーパンダース                 ―           LIVE

日本ユニシス vs NTT東日本                                LIVE         LIVE

<女子>

                                                                       TV    オンデマンド

日本ユニシス vs NTT東日本                                LIVE         LIVE

北都銀行 vs 七十七銀行                                      録画          録画

ヨネックス vs 岐阜トリッキーパンダース                ―           LIVE

開幕戦以降も主要試合を中心にLIVEと録画で放送されるほか、決勝トーナメントは準決勝が4試合、3位決定戦と優勝決定戦がすべてLIVE中継されます!

開幕戦以降の放送スケジュールは、以下の通りです。

12月16日(日)

<男子>   

                          TV    オンデマンド

日立情報通信E vs JTEKT                                     録画         LIVE

12月23日(日)

<女子>

                                                                      TV    オンデマンド

北都銀行     vs 再春館製薬所                            録画         LIVE

2月3日(日)

<男子>   

                          TV    オンデマンド

金沢学院クラブ  vs 三菱自動車京都                       ―         LIVE

<女子>

                                                                      TV    オンデマンド

ヨネックス     vs NTT東日本                             ―         LIVE

2月10日(日)

<女子>

                                                                      TV    オンデマンド

北都銀行      vs 日立化成                            録画         LIVE

2月11日(月・祝)

<男子>   

                          TV    オンデマンド

トナミ運輸    vs 日立情報通信E                      録画         LIVE

<女子>

                                                                      TV    オンデマンド

日本ユニシス   vs ヨネックス                             ―         LIVE

これは、バドミントンファンならぜひチェックしたいですね!

では、以下で「JSPORTS」の視聴方法などを紹介していきます!

バドミントンS/Jリーグ2018-2019をテレビで視聴する方法は?(スカパー!で見る方法)

テレビですぐに視聴したいという場合は『スカパー!』がおすすめです!

↓バドミントンS/Jリーグ2018-19の動画中継を格安で視聴するにはこちらをクリック↓

「スカパー!」はネットもしくは電話からの申し込みで、BSが見れるご家庭でしたら最短30分で「JSPORTS」を見れるようになりますよ!

有料チャンネルの契約ってアンテナを設置したり、テレビの設定が難しかったりとサービス自体は魅力的だけど、見るまでにいろいろめんどくさい段階を踏まないといけないというイメージがありますよね。

でも実際は、「スカパー!」は申し込み後にはテレビ側の設定を電話対応しながら教えてくれるので、スムーズに「JSPORTS」を見ることができます。

なので、こちらがやることは申込みと簡単な設定だけで視聴まではかなり楽です。

ネット(もしくは電話)申し込み後 → 電話に従って設定する → 映るのを待つ(約30分)

やるのはこれだけですね。

また、スカパー!は一カ月目の料金が無料で、1カ月分の料金で2カ月は見れるので、実質最初の2カ月は半額です。(ただ加入月の解約はできませんので、そこだけは注意してくださいね)

月額料金はこちら!

2,286円/月(税抜) + 基本料390円/月(税抜) = 2,676円/月(税抜)

となります。

初月無料を考慮すると、2カ月目までは実質的には約1,300円ほどで見れるということですね!

(他のオンデマンドサービスでバドミントンS/Jリーグを見ようと思ったら、月額約1,800~2,100円ほどかかるので、それを考えればスカパー!での視聴はお得ですね)

BSが見られるご家庭でしたら改めてアンテナの設置も必要ないので申込み後すぐに視聴できますよ!

「JSPORTS」は4チャンネルあり、

  • アルペンスキー
  • スキージャンプ
  • スキーモーグル
  • フィギュアスケート

などのウィンタースポーツを始め、

  • 野球
  • サッカー
  • 卓球
  • 自転車競技

も見ることが出来ます!

テレビの大画面で今すぐバドミントンS/Jリーグ2018-2019やほかのスポーツを楽しみたいという方にとってはスカパー!での視聴が設定も楽ですし他のサービスと比べた場合に値段的にも最もおすすめです。

スカパーをお申し込みされる方は、こちらからどうぞ!

↓バドミントンS/Jリーグ2018-19の動画中継を格安で視聴するにはこちらをクリック↓

(ただし、BS、CSが映らない場合はアンテナの設置が必要ですので、その場合には数日かかる事もありますので、オペレーターの方と映るまでにどのくらいの期間が必要かあらかじめ聞いておきましょう!

バドミントンS/Jリーグ2018-2019をスマホからネット配信で見る方法は?

ネット配信を見たい場合は、『JSPORTSオンデマンド』と『Amazonプライムチャンネル』で視聴できますよ。

このうち、「JSPORTSオンデマンド」の場合、ジャンルごとの契約となりますが、バドミントンS/Jリーグのジャンルは、バドミントンとなり、l料金は上記の月額料金に1,800円(税別)となります。

これにより、バドミントンS/Jリーグ2018-2019だけでなく、アルペンスキーやジャンプ、モーグルなどのウィンタースポーツをまとめて、ネットで視聴することができるようになります!

さらに25歳以下の方には朗報です。

現在公式HPを見るとU-25割引というものがやっていました。

つまり月額900円で1ジャンル視聴が可能です。

  • Amazonプライムの会員じゃない
  • スマホですぐに視聴したい
  • 25歳以下である

という場合には「JSPORTSオンデマンド」からの登録をおすすめします!

お申し込みされる場合、まずは無料会員登録をします。

その後ジャンルを一つ選び、もしくは全チャンネルの視聴を選び購入すると、視聴がスタートできます。

バドミントンS/Jリーグ2018-2019の出場チームは?

バドミントンS/Jリーグ2018-2019の出場チームは、男子10チーム、女子10チームの計20チームとなります。

上記のトナミ運輸(男子)、日本ユニシス(女子)のほか、日本男子初の世界ランキング1位となり、8月の世界選手権の男子シングルスでも優勝した桃田賢斗選手を擁するNTT東日本や、同じく世界選手権の女子ダブルスで優勝した松本麻佑・永原和可那ペアを擁する北都銀行などが優勝候補に挙げられるかと思います。

参加チームは以下の通りです。

<男子>

Sブロック

トナミ運輸
日立情報通信エンジニアリング
トリッキーパンダース
JR北海道
JTEKT

Jブロック

日本ユニシス
NTT東日本
金沢学院クラブ
三菱自動車京都
東北マークス

<女子>

Sブロック

日本ユニシス
ヨネックス
NTT東日本
ACT SAIKYO
岐阜トリッキーパンダース

Jブロック

北都銀行
再春館製薬所
山陰合同銀行
七十七銀行
日立化成

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンS/Jリーグ2018-2019について、日程、放送予定、出場チーム、試合速報・結果などについてまとめました。

桃田賢斗選手やフクヒロペア、タカマツペアといったワールドツアー転戦組がライバル同士になって戦うS/Jリーグは、世界最高峰のリーグ戦と言えます。

そんなS/Jリーグは、今シーズンから参加チーム数も増え、さらに熱い戦いが期待できそうです!

 

大注目のバドミントンS/Jリーグ2018-2019については、すでにスポーツ専門チャンネルの「JSPORTS」での放送が決まっています!

 

「JSPORTS」は「スカパー!」からの契約がおすすめですが、スカパー!はネットもしくは電話からの申し込みで、BSが見れるご家庭でしたら最短30分で「JSPORTS」を見れるようになりますよ!

↓バドミントンS/Jリーグ2018-19の動画中継を格安で視聴するにはこちらをクリック↓

 

【関連記事】

バドミントン全英オープン2019の日程と放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンドイツオープン2019の日程と放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンインドネシアマスターズ2019の日程と放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンマレーシアマスターズ2019の日程と放送は?速報・結果や組み合わせも!

バドミントンタイマスターズ2019の日程や放送は?速報・結果や出場選手・組み合わせも!

バドミントンワールドツアーファイナルズ2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手も!

バドミントンワールドツアーファイナルズ2018の動画中継の格安視聴方法!見逃し配信は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています