" /> 卓球世界ジュニア選手権2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手さらに組み合わせも!

卓球世界ジュニア選手権2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手さらに組み合わせも!

張本智和選手らに続く若手の台頭はあるでしょうか!

卓球世界ジュニア選手権2018が12月2日(日)からオーストラリア・ベンディゴで行われます。

卓球世界ジュニア選手権は、18歳以下の世界一を決める大会で、現在世界のトップで戦っている選手の多くが戦ってきた舞台です。

この世代も中国がやはり強いですが、過去には2016年に張本智和選手、2011年に丹羽孝希選手、2006年に松平健太選手が男子シングルスで優勝するなど、日本人選手も活躍してきました。

日本は有力な若手が男女ともに現れてきていますが、さらに選手層を厚くするためにも、ぜひこの大会で結果を残す選手が出てきてほしいですね!

今回は卓球世界ジュニア選手権2018について、

  • 日程
  • 放送予定
  • 出場選手(日本代表選手)
  • 組み合わせ
  • 試合速報・結果

などの情報をまとめていきます。

※12/4追記(当日の試合速報・結果を記載)

※12/3追記(当日の試合速報・結果を記載)

スポンサーリンク

卓球世界ジュニア選手権2018の日程と放送は?速報・結果や出場選手さらに組み合わせも!

卓球ジュニア選手権は、2003年から始まった国際大会で、今年で16回目の開催となります。

イタリアのリーヴァ・デル・ガルダで行われた前回は、全種目を中国が制覇し、“卓球帝国”の底力を世界に見せつけました。

日本はその中国に続いており、過去の団体戦は男女ともにほとんど中国が金メダル、日本が銀メダルという結果となっています。

今年のワールドツアー、スウェーデン大会では伊藤美誠選手が中国のトップ選手に3連勝して優勝するという離れ業を成し遂げましたが、世界ジュニア選手権も日本としては、やはり”打倒中国”に尽きるでしょうね!

では、そんな卓球世界ジュニア選手権2018の日程からみていきましょう!

(大会が始まったら、速報・結果と順番を入れ替えます)

卓球世界ジュニア選手権2018の日程は?

卓球世界ジュニア選手権2018の競技種目ですが、団体戦(男子、女子)、個人戦(男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルス)の計7つとなります。

大会の開催期間は、12月2日(日)~12月9日(日)の8日間となります。

日程の詳細は、以下の通りです(日本時間)。

12月2日(日)

12:00~ 女子団体予選、男子団体予選

12月3日(月)

12:00~ 女子団体予選、男子団体予選

18:00~ 女子団体準々決勝、順位決定戦 男子団体準々決勝、順位決定戦

12月4日(火)

12:00~ 女子団体順位決定戦、男子団体順位決定戦

18:00~ 女子団体準決勝、順位決定戦 男子団体準決勝、順位決定戦

12月5日(水)

11:00~ 混合ダブルス予選、1回戦、2回戦

19:00~ 女子団体決勝、男子団体決勝

12月6日(木)

12:00~ 女子シングルス予選、男子シングルス予選

12月7日(金)

12:00~ 女子シングルス予選、男子シングルス予選

19:15~ 女子ダブルス1回戦、男子ダブルス1回戦、女子シングルス1回戦、男子シングルス1回戦

12月8日(土)

12:00~ 女子ダブルス2回戦、男子ダブルス2回戦、混合ダブルス3回戦、女子ダブルス3回 

     戦、男子ダブルス3回戦、女子シングルス2回戦、男子シングルス2回戦

19:30~ 混合ダブルス準々決勝、女子ダブルス準々決勝、男子ダブルス準々決勝、女子シン

     グルス準々決勝、男子シングルス準々決勝

12月9日(日)

12:00~ 混合ダブルス準決勝、女子ダブルス準決勝、男子ダブルス準決勝、女子シングルス

     準決勝、男子シングルス準決勝

17:00~ 混合ダブルス決勝、女子ダブルス決勝、男子ダブルス決勝、女子シングルス

     決勝、男子シングルス準決勝

スポンサーリンク

卓球世界ジュニア選手権2018の放送予定は?

卓球世界ジュニア選手権2018は地上波でのテレビ放送は行われません。

例年テレビ東京の公式サイト内でLIVE配信されていましたが、ホームページをみると情報がないので、残念ながら今大会は行われないようです。

卓球世界ジュニア選手権2018の試合速報・結果については、当記事に随時アップしていくので、ぜひご覧ください!

卓球世界ジュニア選手権2018の出場選手は?

卓球世界ジュニア選手権2018は、上記の通り、団体戦と個人戦が行われます。

まず、団体戦にエントリーしている国をご紹介します!

<男子>

日本
中国
台湾
フランス
インド
ルーマニア
ロシア
アメリカ
シンガポール
イラン
ドイツ
ポーランド
アルジェリア
ブラジル
オーストラリア
ニュージーランド

<女子>

日本
中国
台湾
フランス
インド
ルーマニア
ロシア
アメリカ
香港
セルビア
ベラルーシ
北朝鮮
カナダ
ブラジル
オーストラリア
ニュージーランド

団体戦男女それぞれ16カ国・地域が参加してトーナメント方式で戦われます。

団体戦は大会の前半に行われますので、日本代表の選手にはここでしっかり結果を残し、波に乗って個人戦に入っていってほしいですね!

続いて個人戦ですが、ここでは日本代表選手を紹介していきましょう!

今回の卓球世界ジュニア選手権2018には、男女それぞれ4人づつが代表に選ばれました。顔ぶれは以下の通りです。

<男子>

戸上 隼輔
宇田 幸矢
田中 佑汰
曽根 翔

<女子>

大藤 沙月
長﨑 美袖
木原 美悠
相馬 夢乃

すでにワールドツアーに出場している選手もいますし、特に女子の長﨑美袖選手は、今年5月にスウェーデンで行われた世界選手権にも石川佳純選手らとともに代表に選ばれています。

世界での戦い方を知っている選手ばかりなので、やはり期待大ということになりますね!

卓球世界ジュニア選手権2018の組み合わせは?

卓球世界ジュニア選手権2018のドロー受け、組み合わせが明らかになったら、当記事に追記します。

卓球世界ジュニア選手権2018の試合速報・結果は?

大会が始まったら、日本代表の試合を中心に試合速報・結果をここにまとめます。随時更新していきます!

※12/4追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

<男子団体>

準決勝

日本(○) 3-1 台湾

田中 佑汰(●) 2-3 LI Hsin-Yang

宇田 幸矢(○)   3-1 FENG Yi-Hsin

戸上 隼輔(○)   3-1 TAI Ming-Wei

宇田 幸矢(○)   3-2 LI Hsin-Yang

<女子団体>

準決勝

日本(○) 3-0 ロシア

長﨑 美袖(○) 3-2 TAIKAKOVA MAriia

相馬 夢乃(○)   3-0 KOLISH Anastasia

大藤 沙月(○)   3-1 KAZANTSEVA Kristina

※12/3追記(当日の試合速報・結果を本文中に記載)

<男子団体>

準々決勝

日本(○) 3-0 ルーマニア

宇田 幸矢(○) 3-0 SIPOS Rares

田中 佑汰(○)   3-0 PLETEA Cristian

戸上 隼輔(○)   3-2 CHIRITA Cristian

<女子団体>

準々決勝

日本(○) 3-0 ルーマニア

大藤 沙月(○) 3-1 DRAGOMAN Andreea

長﨑 美袖(○)   3-0 PLAIAN Tania

木原 美悠(○)   3-2 ZAHARIA Elena

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、卓球世界ジュニア選手権2018について、日程、放送予定、出場選手、組み合わせ、試合速報・結果などについて、まとめました。

18歳以下の世界一を決める大会でも、やはり過去圧倒的な成績を残してきたのは、”卓球帝国”中国です。

この最強中国に、これまで世界で経験を積んできた日本代表の男女それぞれ4人がどのように向かっていくか、この大会の興味はそこに尽きますね!

ぜひ結果を残して、中国の牙城を崩してほしいです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です