" /> 【ロシアW杯】日本vsコロンビアの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

【ロシアW杯】日本vsコロンビアの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

ロシアワールドカップの開幕までいよいよ10日を切ってきました。

出場各国が開催地のロシアの近くの国々で最終調整に入り、テストマッチが行われるなど、いよいよ本番間近になってきましたね!

日本代表については、監督交代をめぐるバタバタがあり、テストマッチの結果も低調。そんなこんなで「これまでのワールドカップで一番期待ができない」なんて厳しい声も聞かれます。

ただ、本番が来てしまえば、もはや応援するのみです!そして、結果次第ではそんなバタバタも過去のことになってしまいます。スポーツとはそういうものですよね!

私自身、ハリルホジッチ前監督のままだったら、批判されつつも本番で結果を残すというサプライズが期待できたと今でも思っています。ただ、こうなった以上西野監督に期待するしかありません!

ここでは、そんな日本代表の今回のワールドカップの運命を決める予選リーグの初戦、コロンビア戦について、

  • 日程(日本時間)
  • 放送予定(日本時間)
  • スタジアム
  • 対戦成績
  • コロンビア代表メンバー

などをまとめてみます!

スポンサーリンク

【ロシアW杯】日本vsコロンビアの日程と放送の日本時間は?スタジアムや対戦成績も

過去のワールドカップの日本の成績を振り返っても、この初戦の結果が持つ意味はあまりにも大きいです。初戦に負ければ、ほぼ8割がた予選リーグ突破はないでしょう。

コロンビアは初戦の相手としては、日本が初めてワールドカップに出場した1998年のフランス大会のアルゼンチンに匹敵する強豪です。これは厳しいですね、、、

ただ、逆に考えると、ここで引き分け、あるいは勝つようなことができれば、状況は一気に変わります。

そんな一戦の、まずは日程についてです!

日本vsコロンビアの日程(日本時間)は?

日本vsコロンビア戦は以下の日時に行われます。

6月19日(火)21:00~

日本とコロンビアが含まれる予選リーグのグループHは、全部で8つあるグループの一番最後なので、試合の順番はどうしても後の方になりますね。

ちなみに開幕試合から6日経過しての初戦となります。ただ、逆にワールドカップの他のグループの試合を十分堪能してから、日本代表の応援ができる日程でもあります。

しかも、試合の開始時刻が21時なので、平日とはいえ、最高の時間帯ですよね!

日本vsコロンビアの放送予定(日本時間)は?

この試合は、NHKが21:00~放送します。

NHKはこのワールドカップでロシアvsサウジアラビアの開幕戦や決勝戦を含む33試合を生中継し、全64試合を録画放送する充実の放送体制を整えています。

私自身も今回のワールドカップは、NHKにお世話になることが多くなりそうです。

日本vsコロンビアが行われるモルドヴィア・アリーナとは?

スタジアムも試合を盛り上げる、あるいは試合の雰囲気を作るのに大きな役割を果たします。

ヨーロッパ各国でサッカースタジアムを見てきた私としては、それを身に染みて感じているので、ぜひ日本戦が行われるスタジアムにも注目してみたいと思います!

日本vsコロンビア戦が行われるのは、サランスクにあるモルドヴィア・アリーナです。

サランスクはロシア中央部に位置する都市で、モルドヴィア共和国の首都でもあります。そして、このモルドヴィア・アリーナは、2010年にモルドヴィア民族がロシアと手を組んでから1,000周年を記念して建設されたそうです。

スタジアムは楕円形で、オレンジの独創的な色彩が印象的です。このオレンジと白、さらに赤の3色はモルドヴィア民族が作る工芸品の色をイメージしているそうです。

かなりインパクトが強い色彩ですが、街の景観を損なうことなく、洗練されたデザインになっていますね。

このスタジアムで日本がどんな試合を繰り広げるのか、いまから本当に楽しみです!

スポンサーリンク

日本vsコロンビアの対戦成績は?

日本vsコロンビアの対戦成績を見る前に、まずは最新のFIFAランキングで現状を把握してみましょう!

日本 60位

コロンビア 16位

いかがでしょうか。現実はなかなかシビアですね、、、

このグループHはすべて日本より格上のチームばかりですが、とりわけコロンビアはサッカー強豪国が揃う南米でも屈指の強豪です。

そんなコロンビアとの過去の対戦成績ですが以下の通りです。

2003年6月22日

FIFAコンフェデレーションズカップ

0-1●

2007年6月5日

キリンカップサッカー

0-0△

2014年6月24日

FIFAワールドカップ

1-4●

通算 1分2敗

ご覧の通り、コロンビアには1回も勝ったことがありません。日本は南米を苦手にしているといわれますが、その中でも苦手意識のあるチームといえると思います。

特に、2014年のブラジルワールドカップの1-4という大敗は記憶に新しいですね。

そんなコロンビアは、強豪国ひしめく南米予選を今回、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチンに次ぐ4位で通過してきました。

上位の国の名前をみるだけでも、いかに厳しい予選を勝ち上がってきたか、わかりますよね!

そんなコロンビアとの試合は、かなり厳しいものになると思われますが、ぜひ頑張ってもらいたいですね!

コロンビアの代表メンバーは?

コロンビアは6月4日(月)に代表メンバー23人を発表しました。

顔ぶれをみると、前回ブラジル大会の得点王だったハメス・ロドリゲス選手(バイエルン・ミュンヘン)、2年近いスランプから復活したヨーロッパでも屈指のフォワード、ラダメル・ファルカオ選手(モナコ)などやはり強力なタレント揃いですね。

GK

ダビド・オスピナ(アーセナル/イングランド)

カミロ・バルガス(カリ)

ホセ・フェルナンド・クアルドラード(オンセ・カルダス)

DF

ダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド)

ジェリー・ミナ(バルセロナ/スペイン)

オスカル・ムリージョ(パチューカ/メキシコ)

クリスティアン・サパタ(ミラン/イタリア)

サンティアゴ・アリアス(PSV/オランダ)

ヨハン・モヒカ(ジローナ/スペイン)

フランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)

MF

カルロス・サンチェス(フィオレンティーナ/イタリア)

ウィルマール・バリオス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)

マテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ/メキシコ)

ジェフェルソン・レルマ(レバンテ/スペイン)

フアン・ギジェルモ・クアドラード(ユヴェントス/イタリア)

アベル・アギラール(カリ)

ハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)

ホセ・エリベルト・イスキエルド(ブライトン/イングランド)

フアン・フェルナンド・キンテーロ(リーベル・プレート/アルゼンチン)

FW

ミゲル・アンヘル・ボルハ(パルメイラス/ブラジル)

カルロス・バッカ(ビジャレアル/スペイン)

ルイス・フェルナンド・ムリエル(セビージャ/スペイン)

ラダメル・ファルカオ(モナコ/フランス)

まとめ

いかがだったでしょうか?

日本代表の今回のワールドカップの浮沈を決定づける予選リーグの1戦目の重要性は、誰もが知るところですよね。

コロンビアはそんな1戦目としては、かなり手ごわい相手です。

特にハメス・ロドリゲス選手とラダメル・ファルカオ選手を擁する攻撃陣は、南米でも屈指の破壊力といっていいでしょう。実際、前回の対戦時には1-4で完敗していますからね。

厳しい状況ではありますが、せっかく出場できるワールドカップ。日本代表にはこの1戦目にすべてをかけるつもりで戦ってほしいですね。

では、日本代表の勝利に向けて、応援しましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です