" /> ノルウェーカーリングチームのユニフォームがすごい!どんなデザイン?

ノルウェーカーリングチームのユニフォームがすごい!どんなデザイン?

日本人選手のメダルラッシュもあり、いよいよ盛り上がってきた平昌オリンピック。

今日はスピードスケートの女子1000メートルで大盛り上がりし、その後にチャンネルを切り替え、何となく見ていたカーリング男子の日本対ノルウェーの試合で私と妻の目がノルウェーチームのユニフォームに釘付けになりました。

トップスはシンプルなのに、ボトムスがピンクのハートが描かれたド派手なパンツ。なかなかインパクト大でした。ネット上では、すでにかわいい、と話題になっているようです。

すごく気になったので、記事にまとめてみました。

スポンサーリンク

ノルウェーカーリングチームのユニフォームがすごい!どんなデザイン?

カーリングのユニホームといえば、わりと地味なイメージがあります。パンツはどのチームも黒が多いでしょうか。

そんな中であえてほかの競技でも見られない、ド派手なユニホームを着るノルウェーチーム。今日はノルウェーチームのユニホームへのこだわり、どこのブランドなのか、そのあたりをまとめてみたいと思います。

 

ノルウェーチームのド派手ユニフォームはいつから?

ノルウェーチームがド派手ユニフォームを着用し始めたのは、2010年のバンクーバーオリンピックからです。

それまではほかのチームと同じように地味めなユニフォームだったのですが、ノルウェー国旗の色と同じアーガイルのパンツを履いて一躍脚光を浴びることになりました。

これにより、スポーツとしては地味な印象のあるカーリングのイメージを変えるひとつの方法ということで、ユニホームのデザインに力を入れることになったようです。

今回のオリンピックでもかなりの種類のユニフォームを用意しているようで、特にきょうはバレンタインデーということで、ハート柄のパンツだったようです。

スポンサーリンク

 

ノルウェーチームのド派手ユニフォームのファンも!?

 今ではすっかり有名になったノルウェーチームのド派手ユニフォームですが、そのパンツに注目したファンページもフェイスブックにあるようです。

本当にパンツに特化したページなんです(笑)ただ、フォロワーは214日現在、何と40万人を超えていて、世界中に多くのファンがいるようですね。

ノルウェーチームのド派手ユニフォームのメーカーは?

ノルウェーチームのド派手ユニフォーム、もともと既製品を使っていたようなのですが、いまではスポンサーもしっかりついています。

それが、ゴルフメーカーの「ラウドマウス(Loudmouth)」で、2014年のソチオリンピックからデザインを手がけています。

このラウドマウス、私もゴルフ好きなので知っていますが、ノルウェーチームのパンツと同様、かなり目立つデザインです。女子ゴルフでも有力な選手とウェア契約を結んでいて、その選手をトーナメント会場で探そうとするとすごく見つけやすいです(笑)。

 

まとめ

ユニフォームで個性を出し、それをそのスポーツへの注目度アップにつなげるというノルウェーチームのやり方は面白いと想うし、実際これだけ話題になっているので、成功だと言えますよね。

まだまだこれから続く平昌オリンピック。各競技のいろんなユニフォームに注目してみるのも楽しみ方のひとつですよね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな記事も読まれています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です