柔道・東京2020オリンピックのテレビ放送とネット中継!無料動画視聴方法と見逃し配信も

東京2020オリンピックの柔道が7月24日(土)から行われます。

言わずと知れた日本のお家芸、柔道は2016年リオデジャネイロ大会で金メダル3、銀メダル1、銅メダル8の計12個のメダルを獲得しているほか、世界選手権でも各種目で上位進出が当たり前の種目です。

今大会もメダル、中でも金メダルの量産が最も期待される競技で、個人種目だけでなく、今大会がオリンピックで初採用となる混合団体戦でも初代王者の期待が高まります!

そこで、今回は東京2020オリンピック柔道について、

  • テレビ放送
  • ネット中継
  • 無料動画視聴方法
  • 見逃し配信

などの情報をまとめてみました。

【関連記事】

スポンサーリンク

柔道・東京2020オリンピックのテレビ放送とネット中継!無料動画視聴方法と見逃し配信も

柔道・東京2020オリンピックのテレビ放送は?

東京2020オリンピックのテレビ放送は、NHKに加え、5つの在京キー局が系列ごとに日替わりで放送を行うかたちになりました。

つまり、ある特定の開催日は例えばフジテレビ系列が朝から晩までぶっ通しで放送するかたちとなります。

ちなみに、NHKの放送時間は地上波(総合テレビ、Eテレ)、BS1、BS4K、BS8Kの計5チャンネルで1000時間を超え、このうち、BS1は大会期間中生中継と録画中継で24時間放送する予定です。

ほぼ丸一日中「オリンピック漬け」の日々を送ることができ、スポーツファンの方にとっては至福の日々になりそうですね!

NHKは大会期間中に08:15~09:00頃まで総合テレビで「東京2020オリンピック あさテレビ」としてその日の競技の見どころをわかりやすく紹介します。

また、22:30頃~24:00頃には「東京2020オリンピック デイリーハイライト」としてその日の競技の結果をまとめて紹介する番組を放送します。

一方、民放も地上波の放送時間だけで過去最大の約450時間に及び、BSでは初の4K生放送を行います。

民放の地上波の放送時間は09:00~23:00となり、23:00~は「東京五輪プレミアム」としてその日で最も注目された競技を録画放送します。

いくら放送時間が多いといっても競技自体が多いので、柔道も生中継の時間はかなり限られるのでは?思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、以下の通りしっかり生中継で楽しめますよ!

柔道はすでにNHK地上波、BS1、BS8K、TBS系列、フジテレビ系列、テレビ朝日系列での放送が決まっていて、その放送スケジュール詳細は、以下の通りとなります。

女子48kg級敗者復活戦~決勝・男子60kg級敗者復活戦~決勝

7月24日(土)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)、BS8K

女子48kg級予選~準々決勝・男子60kg級予選~準々決勝

7月24日(土)11:00~ テレビ朝日系列/NHKBS1

女子52kg級敗者復活戦~決勝・男子66kg級敗者復活戦~決勝

7月25日(日)16:50~ NHKBS1/NHKBS8K

女子52kg級予選~準々決勝・男子66kg級予選~準々決勝

7月25日(日)12:05~ NHKBS1/NHKBS8K

女子52kg級予選~決勝・男子66kg級予選~決勝

7月25日(日)11:00~ テレビ朝日系列

女子57kg級敗者復活戦~決勝・男子73kg級敗者復活戦~決勝

7月26日(月)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)、BS8K

女子57kg級予選~準々決勝・男子73kg級予選~準々決勝

7月26日(月)11:00~ TBS系列

女子63kg級敗者復活戦~決勝・男子81kg級敗者復活戦~決勝

7月27日(火)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)、BS8K

女子70kg級予選~準々決勝・男子90kg級予選~準々決勝

7月28日(水)10:55~ NHKBS1

女子70kg級敗者復活戦~決勝・男子90kg級敗者復活戦~決勝

7月28日(水)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)、BS8K

女子78kg級敗者復活戦~決勝・男子100kg級敗者復活戦~決勝

7月29日(木)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)、BS8K

女子78kg超級1回戦~準々決勝・男子100kg超級1回戦~準々決勝

7月30日(金)10:55~ NHK地上波(総合テレビ)、BS8K

女子78kg超級敗者復活戦~決勝・男子100kg超級敗者復活戦~決勝

7月30日(金)17:00~ TBS系列

混合団体1回戦~準決勝

7月31日(土)10:30~ NHK地上波(総合テレビ)、BS8K

混合団体3位決定戦・決勝

7月31日(土)16:55~ NHKBS1

混合団体3位決定戦・決勝

7月31日(土)17:00~ TBS系列

柔道・東京2020オリンピックのネット中継は?

最近はスポーツの中継でも例えば無観客試合となったときなどにネット中継が多く行われ、その便利さがだいぶ浸透してきた印象があります。

東京2020オリンピックでもNHK、民放ともにネット中継が充実しているので、外出の予定が入ったり、ご家族の方がテレビで他の番組をご覧になりたい場合にもしっかり視聴できます!

その視聴方法をご紹介していきますね!

まず、NHKは圧倒的なネット中継を提供してくれます。

NHKのネット配信サービス、「NHKプラス」にオリンピック・パラリンピック専用メニューを設置し、地上波(総合テレビ、Eテレ)で放送される競技中継の同時配信を行います。

となると、柔道については、以下が配信の対象となりますね!

女子48kg級敗者復活戦~決勝・男子60kg級敗者復活戦~決勝

7月24日(土)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)

女子57kg級敗者復活戦~決勝・男子73kg級敗者復活戦~決勝

7月26日(月)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)

女子63kg級敗者復活戦~決勝・男子81kg級敗者復活戦~決勝

7月27日(火)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)

女子70kg級敗者復活戦~決勝・男子90kg級敗者復活戦~決勝

7月28日(水)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)

女子78kg級敗者復活戦~決勝・男子100kg級敗者復活戦~決勝

7月29日(木)16:55~ NHK地上波(総合テレビ)

女子78kg超級1回戦~準々決勝・男子100kg超級1回戦~準々決勝

7月30日(金)10:55~ NHK地上波(総合テレビ)

混合団体1回戦~準決勝

7月31日(土)10:30~ NHK地上波(総合テレビ)

混合団体3位決定戦・決勝

7月31日(土)16:55~ NHKBS1

そのNHKプラスは通常ID登録がないと視聴できませんが、東京2020オリンピックに関する配信については、ID登録がなくても視聴可能になります。

これはすごく便利ですね!

大会期間中は、受信契約を確認するための情報提供を求めるメッセージを表示せず、すぐに視聴できるようになります。

ただ、ID登録をすると、追いかけ再生や見逃し配信視聴なども可能になるので、私としてはぜひ登録をおすすめします!

さらにNHKでは、NHKプラス以外にも競技をデジタル配信する予定です。

特設サイトにて、場内音声のみ、または英語実況がついたかたちで、全33競技、約3,000時間のライブストリーミングも行う予定です。

こちらの配信予定は6月30日(水)時点で明らかになっていないので、発表されて、柔道が含まれている場合、こちらに追記します!

ただ、民放ももちろんネット中継を行います。

民放では民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイト、「gorin.jp」と民放テレビ局が連携した公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」の2つで配信を予定しており、民放で生中継する競技はすべて日本語実況・解説付きで、ライブ配信される予定です。

柔道・東京2020オリンピックの無料動画視聴方法は?

通常ネット中継について、例えば料金がかからない大会公式サイトのYouTube配信だと料金はかかりませんが、動画配信サービスでの視聴となると月額料金がかかるケースも多くあります。

今大会のネット中継を行う、NHKプラス、gorin.jp、TVerについて調べてみましたが、いずれも通信費以外の料金は負担なしで楽しめることがわかりました!

ですので、料金を気にせず、思う存分オリンピックを楽しむことができますよ!

柔道・東京2020オリンピックの見逃し配信はある?

配信スケジュールをご紹介しましたが、ほかのスケジュールが入ってしまったりして、必ずその時間にテレビやスマホで視聴できるわけではない方もいますよね?

予定していたのに、万が一見逃してしまったり、ということもあるかもしれません。

そんな場合でもNHKプラス、gorin.jp、TVerともに見逃し配信が行われるので、安心ですよ!

まとめ

今回は、東京2020オリンピック柔道について、テレビ放送、ネット中継、動画中継を無料で視聴する方法、見逃し配信があるか、などをまとめてみました!

この大会は、テレビ放送はもちろん、ネット中継についてもNHK、民放各局ともにかなり力を入れていて、NHKは「NHKプラス」、民放は「gorin.jp」「TVer」で多くの試合がライブ配信されます!

しかも、これらのサービスは見逃し配信も充実しているので、注目の競技が集中してしまった日の試合を別の日に分散させてチェックすることもできますよ。

特に柔道は注目の試合が目白押しになると思うので、あらかじめ視聴方法をしっかりチェックしておきたいですね!

では、日本代表各選手の活躍を期待しつつ、オリンピックの開幕を待ちましょう!

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています