大阪ハーフマラソン2023日程と地上波テレビ放送・ネット中継!結果速報とエントリーも

実業団からも有力ランナーが多数出場します!

2023大阪ハーフマラソン(大阪ハーフマラソン2023)が1月29日(日)に行われます。

この大会は、アジア陸連パーミット大会として行われ、第4回関西学生ハーフマラソン選手権大会(関西学生ハーフマラソン2023)と併催のかたちで行われます。

実業団からのエントリー選手を見ると、実績豊富な選手、将来有望な選手などが多くエントリーしていて、楽しみですね!

今回は、大阪ハーフマラソン2023について、

  • 日程
  • 地上波テレビ放送
  • ネット中継
  • 結果速報
  • エントリー

などの情報をまとめていきます。

※1/29追記(大会当日の結果速報について、本文中で随時更新)

【関連記事】

スポンサーリンク

大阪ハーフマラソン2023日程と地上波テレビ放送・ネット中継!結果速報とエントリーも

※大会が始まったら、結果速報を一番上に移動します。

大阪ハーフマラソン2023の結果速報は?

大会が始まったら、各組の結果速報を掲載します。

随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

※1/29追記(大会当日の結果速報について、随時更新)

男子

1 池田耀平(Kao) 1:01:29
2 菊地駿弥(中国電力) 1:01:33
3 吉岡幸輝(中央発條) 1:01:40
4 S.カリウキ(戸上電機製作所) 1:01:43
5 P.M.ワンブイ(NTT西日本) 1:01:47
6 名取燎太(コニカミノルタ) 1:01:55
7 住田優範(愛知製鋼) 1:01:56
8 目良隼人(三菱重工) 1:01:59

女子

1 飛田凜香(立命大) 1:10:10
2 柳谷日菜(ワコール) 1:10:11
3 小笠原朱里(デンソー) 1:10:36
4 和久夢来(ユニバーサルE) 1:11:12
5 田中華絵(第一生命G) 1:11:25
6 川村 楓(岩谷産業) 1:11:35
7 北川星瑠(大阪芸大) 1:11:54
8 藤田愛子(愛知電機) 1:12:26

大阪ハーフマラソン2023の日程は?

この大会は、2023年1月29日(日)12:10に各カテゴリー一斉にスタートします。

レースは、雨天決行となります。

コースは、大阪城公園・東側(玉造筋)をスタートし、ヤンマーフィールド長居にフィニッシュする21.0975kmで、JAAF公認、WA認証コースとなります。

制限時間は号砲を基準とした2時間で、コースに時間制限を設定した関門が7カ所設けられます。

その関門は、以下の通りです。

第1関門 2.0km地点 玉造筋・舟橋町交差点南 12:28
第2関門 5.8km地点 玉造筋・弁天橋北詰 12:49
第3関門 6.9km地点 玉造筋・森ノ宮駅前交差点 12:54
第4関門 12.6km地点 今里筋・東部市場前 13:24
第5関門 14.9km地点 松虫通・北田辺6交差点 13:38
第6関門 18.6km地点 長居公園・南西口 14:01
第7関門 20.6km地点 ヤンマーフィールド長居・マラソンゲート前 14:10

この関門の閉鎖時刻に通過できなかった場合、その後の競技を続けることはできません。

スポンサーリンク

大阪ハーフマラソン2023の地上波テレビ放送は?

この大会、注目している方も多いと思います。

そこで、地上波をはじめ、BS放送、CS放送などの放送予定を調べてみましたが、1月23日(月)時点でテレビ放送の予定は見つかっていません。

ただ、長距離種目についてはテレビ放送が行われるケースも多いので、可能性はゼロではないと思います。

引き続き、情報を追っていくのでもしこの大会に関するテレビ放送の発表があったら、こちらに追記します!

ぜひ、チェックしてみてください!

大阪ハーフマラソン2023のネット中継は?

最近はコロナ禍でスポーツの大会でネットによるライブ配信が行われるケースが増えてきました。

特に陸上は長時間にわたって行われることが多いので、視聴する側もテレビの前で最初から最後までゆっくりご覧になるのが難しい方も多いと思います。

そこで、今大会もネット中継があるか調べてみたところ、テレビ放送と同じく、1月23日(月)時点では発表されていません!

引き続き、情報を追っていくので、正式に発表があったらこちらに追記します。

ぜひ、チェックしてみてください!

大阪ハーフマラソン2023のエントリーは?

この大会には、実業団から多くの有力選手が多くエントリーしています。

エントリー選手の詳細ですが、以下の通りとなります。

日本陸連登録の部・男子

No. 選手名 陸協 所属
1 パトリックマゼンゲ ワンブィ 大阪 NTT西日本
2 池田 耀平 東京 Kao
3 ボニフェス ムルア 山梨 山梨学院大
4 富安 央 愛知 愛三工業
5 岡本 直己 広島 中国電力
6 大森 太楽 広島 中国電力
7 藤山 悠斗 大阪 大阪府警
8 坂本 佳太 愛知 愛知製鋼
9 ンガンガ ワウエル 広島 中国電力
10 村山 謙太 宮崎 旭化成
11 口町 亮 群馬 SUBARU
12 角出 龍哉 愛知 愛知製鋼
13 上門 大祐 徳島 大塚製薬
14 ジェームス ムトゥク 山梨 山梨学院大
15 清谷 匠 広島 中国電力
16 石川 裕之 愛知 愛三工業
17 ニルソン デイビッド スウェーデン
18 和田 照也 福岡 西鉄
19 樋口 大介 愛知 中央発條
20 目良 隼人 長崎 三菱重工
21 藤村 共広 静岡 スズキ
22 川内 優輝 東京 あいおいニッセイ同和損害保険
23 唐澤 剣也 群馬 SUBARU
24 和田 伸也 大阪 長瀬産業
25 サイモン カリウキ 佐賀 戸上電機製作所
26 青木 優 東京 Kao
27 大塚 祥平 福岡 九電工
28 山本 憲二 広島 マツダ
29 久保 和馬 福岡 西鉄
30 山口 武 福岡 西鉄
31 松井 智靖 広島 中国電力
32 中村 祐紀 兵庫 住友電工
33 セルオド バトオチル 三重 新日本住設
34 東 優汰 広島 中電工
35 上坂 優太 岡山 JFEスチール
36 東 瑞基 愛知 愛三工業
37 峐下 拓斗 三重 NTN
38 谷原 先嘉 大阪 大阪府警
39 今西 駿介 京都 SGホールディングス
40 大坪 桂一郎 佐賀 戸上電機製作所
41 パク ミンホ 韓国
42 松尾 良一 宮崎 旭化成
43 濱崎 達規 沖縄 なんじぃAC
44 仲村 尚毅 宮崎 旭化成
45 延藤 潤 広島 マツダ
46 キム テジン 韓国
47 髙畑 祐樹 愛知 トーエネック
48 冨田 直樹 愛知 中央発條
49 岩見 秀哉 兵庫 住友電工
50 改木 悠真 福岡 トヨタ自動車九州
51 坂田 昌駿 三重 NTN
52 川田 裕也 群馬 SUBARU
53 上田 結也 佐賀 ひらまつ病院
54 辻野 恭哉 三重 NTN
55 竹ノ内 佳樹 大阪 NTT西日本
56 河村 知樹 愛知 トヨタ紡織
57 山田 泰史 愛知 愛知製鋼
58 河東 寛大 福岡 西鉄
59 寺内 將人 愛知 愛知製鋼
60 北村 友也 京都 OBRS
61 熊代 拓也 兵庫 山陽特殊製鋼
62 鈴木 洋平 愛知 愛三工業
63 相馬 崇史 徳島 大塚製薬
64 ヘイズ アンドリュー イギリス
65 秦 将吾 徳島 大塚製薬
66 牧野 冴希 埼玉 埼玉大
67 吉岡 幸輝 愛知 中央発條
68 黒木 陽向 熊本 創価大
69 CHEN Tianyu 中国
70 加藤 風磨 福岡 安川電機
71 比夫見 将吾 大阪 大阪府警
72 藤原 優希 岡山 順天堂大
73 市川 繁貴 愛知 愛知製鋼
74 山下 蓮 長崎 創価大
75 小島 大明 愛知 トヨタ紡織
76 瀬戸 祐希 愛知 中央発條
77 竹内 颯 愛知 中央発條
78 山本 翔馬 大阪 NTT西日本
79 富田 遼太郎 静岡 スズキ
80 河合 拓巳 愛知 トーエネック
81 永信 明人 大阪 大阪府警
82 住吉 秀昭 福岡 九電工
83 水野 裕司 三重 NTN
84 渡邊 太陽 佐賀 戸上電機製作所
85 高木 翔瑛 山梨 山梨学院大
86 竹下 凱 京都 SGホールディングス
87 三輪 晋大朗 愛知 中央発條
88 源 康介 大阪 大阪府警
89 大﨑 遼 茨城 小森コーポレーション
90 内藤 圭太 愛知 愛知製鋼
91 牧瀬 圭斗 福岡 トヨタ自動車九州
92 厚浦 大地 山形 NDソフト
93 木津 晶夫 東京 Kao
94 横澤 清己 三重 NTN
95 大内 宏樹 広島 中国電力
96 我那覇 和真 佐賀 ひらまつ病院
97 鈴木 雄太 福岡 安川電機
98 横山 竜之介 秋田 山梨学院大
99 HONG Yue 中国
100 MAO HuaJie 中国
101 キム ゴンオ 韓国
102 牛山 純一 長野 CITY RUNNER
103 キム ホンロク 韓国
104 キム ジョンユン 韓国
105 キム ジュンファン 韓国
106 菊地 駿弥 広島 中国電力
107 中村 信一郎 福岡 九電工
108 窪田 忍 福岡 九電工
109 市田 宏 宮崎 旭化成
110 桃澤 大祐 東京 サンベルクス
111 竹内 竜真 山形 NDソフト
112 蝦夷森 章太 愛知 トーエネック
113 川端 千都 京都 SGホールディングス
114 寺嶌 渓一 岡山 JFEスチール
115 新家 裕太郎 大阪 創価大
116 石丸 惇那 鹿児島 創価大
117 名取 燎太 東京 コニカミノルタ
118 高橋 流星 愛知 愛知製鋼
119 文元 慧 東京 Kao
120 的野 遼大 長崎 三菱重工
121 吉岡 遼人 長崎 三菱重工
122 三ッ星 翔 広島 中電工
123 米田 大輝 大阪 大阪府警
124 山口 浩勢 愛知 愛三工業
125 藤井 寛之 愛知 愛三工業
126 中西 玄気 愛知 愛三工業
127 池田 勘汰 広島 中国電力
128 吉田 凌 福島 創価大
129 吉岡 龍一 山口 九州大
130 浅井 皓貴 愛知 順天堂大
131 佐々木 守 愛知 愛知製鋼
132 児玉 悠輔 宮城 東洋大
133 松倉 唯人 長崎 三菱重工
134 吉原 遼太郎 愛知 愛知製鋼
135 海老澤 憲伸 栃木 順天堂大
136 吉富 裕太 福岡 西鉄
137 尾方 馨斗 福岡 神奈川大
138 米田 智哉 愛知 中央発條
139 下尾 悠真 岐阜 日本大
140 相沢 悠斗 東京 コニカミノルタ
141 ジョン ムワニキ 広島 中国電力
142 シン ヨンミン 韓国
143 福本 真大 福岡 九電工
144 小田部 真也 福岡 黒崎播磨
145 大森 樹 岡山 JFEスチール
146 神 直之 北海道 北星病院
147 野口 雄大 愛知 トーエネック
148 川田 信 大阪 大阪府警
149 太田黒 卓 佐賀 ひらまつ病院
150 尾関 大成 広島 中電工
151 キプラガット イサック キムタイ ケニア
152 キム ミンソ 韓国
153 ジョン テジュン 韓国
154 イ ギュソン 韓国
155 馬場 翔大 大阪 NTT西日本
156 光武 洋 山形 NDソフト
157 井上 亮真 広島 中電工
158 河田 健太郎 福岡 黒崎播磨
159 齋田 直輝 三重 NTN
160 上村 和生 徳島 大塚製薬
161 野田 一貴 徳島 大塚製薬
162 田村 友伸 福岡 黒崎播磨
163 小山 陽平 三重 NTN
164 今西 洸斗 広島 JFEスチール
165 兒玉 陸斗 広島 JFEスチール
166 住田 優範 愛知 愛知製鋼
167 真砂 春希 愛知 愛知製鋼
168 水野 優希 愛知 愛知製鋼
169 山口 晟弥 福岡 安川電機
170 江口 大雅 福岡 安川電機
171 上村 直也 佐賀 ひらまつ病院
172 中島 阿廉 福岡 黒崎播磨
173 腰塚 遥人 岡山 JFEスチール
174 前川 紘導 宮崎 旭化成
175 國司 寛人 宮崎 旭化成
176 岩佐 壱誠 徳島 大塚製薬
177 雲井 崚太 佐賀 ひらまつ病院
178 栗原 卓也 長崎 三菱重工

日本陸連登録の部・女子

No. 選手名 陸協 所属
201 ロバ ゼイトナ フーサン 三重 デンソー
202 ブカ デスタ ブルカ 三重 デンソー
203 和久 夢来 千葉 ユニバーサルエンターテインメント
204 川村 楓 大阪 岩谷産業
205 小笠原 朱里 三重 デンソー
206 田中 華絵 東京 第一生命グループ
207 上田 雪菜 大阪 ダイハツ
208 柳谷 日菜 京都 ワコール
209 池内 彩乃 三重 デンソー
210 青木 奈波 大阪 岩谷産業
211 尾方 星華 東京 ユニクロ
212 藤村 晶菜 兵庫 ノーリツ
213 清水 美穂 北海道 ホクレン
214 青山 瑠衣 千葉 ユニバーサルエンターテインメント
215 小川 那月 静岡 スズキ
216 菊地 優子 北海道 ホクレン
217 光恒 悠里 長崎 十八親和銀行
218 藤村 晴菜 兵庫 ノーリツ
219 松本 夢佳 三重 デンソー
220 藤田 愛子 愛知 愛知電機
221 松本 七海 岐阜 中京学院大
222 金丸 芽生 宮崎 宮崎銀行
223 大樽 瑞葉 長崎 メモリード
224 右田 有奈 大阪 ジャパンクリエイト
225 立山 莉緒 宮崎 宮崎銀行
226 鈴木 日菜子 埼玉 大東文化大
227 嶋田 桃子 福岡 日本体育大
228 加藤 礼菜 千葉 中央大
229 川田 愛佳 山形 東京農業大
230 門脇 奈穂 宮城 拓殖大
231 垣内 瑞希 三重 順天堂大
232 小島 彩乃 福島 日本体育大
233 平野 文珠 兵庫 ノーリツ
234 清水 里名 兵庫 ノーリツ
235 古本 紗彩 長崎 十八親和銀行
236 庄司 琴美 愛知 愛知電機
237 柴田 佑希 大阪 ダイハツ
238 黒田 澪 熊本 日本体育大
239 澤井 柚葉 石川 筑波大
240 新井 沙希 神奈川 拓殖大
241 謝 千鶴 チャイニーズタイペイ
242 HE Wuga 中国
243 PAN Hong 中国

まとめ

今回は、大阪ハーフマラソン2023について、日程、地上波テレビ放送、ネット中継、結果速報、エントリーなどの情報をまとめました。

この大会には、実業団から、有力選手が多くエントリーしています!

男女ともにぜひ、記録に挑戦してほしい大会となりますね!

テレビ放送、ネット中継ともに未定となっていますが、何らかのかたちでリアルタイムでチェックしたい大会となります。

では、陸上ファンの皆さん、号砲を楽しみに待ちましょう!

【関連記事】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事も読まれています